ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ボタン電池の捨て方。正しい方法と回収している場所

ボタン電池の捨て方。正しい方法と回収している場所

単3電池や単4電池と違って「ボタン電池」を捨てるのってどうしたら良いか迷いますよね。じつは、「ボタン電池」は乾電池とは捨て方が異なる自治体が多いようです。

  • 山下

いろいろなところで使われているボタン電池

いろいろなところで使われているボタン電池

ボタン電池とは、ボタンのような丸い形をした電池のことで、コイン電池やマメ電池などと呼ばれることもあります。おなじみの乾電池と比べ小型で軽量なので、腕時計やリモコン、クッキングスケール(計量器)、携帯ゲーム機などさまざまなものに使用されています。

最近では、デジタル製品の小型化が進んでいるので、ボタン電池を目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。とくに、子どもがいる家庭の場合、おもちゃにもよく使用されているので、定期的にボタン電池を購入・交換している人も少なくないはず。

≪ボタン電池が使用されている製品例≫
●腕時計や小型の目覚まし時計
●リモコン
●補聴器
●歩数計
●防犯ブザー
●クッキングスケール(計量器)
●携帯ゲーム機
●おもちゃ など。

ボタン電池の正しい捨て方

ボタン電池の正しい捨て方

ボタン電池がいろんな場面で使われるようになれば、当然、処分する機会も増えます。しかし、いざ捨てようとしても、どのように捨てたら良いか分からず、引き出しなどにため込んでしまう人も多いはず。「空きびんに入れておいた使用済みボタン電池がいつの間にか山盛りになっていた・・・」という話も珍しくありません。

「ボタン電池の捨て方」は、ボタン電池に使用されている「原料」により捨て方が異なります。

SR/PR/LRで始まる型番のボタン電池

SR/PR/LRで始まる型番のボタン電池

金沢市のように自治体で回収しているところもありますが、基本的に、「SR」「PR」「LR」で始まる型番のボタン電池については、原料に微量ではあるものの「水銀」が含まれているため、家電量販店などの「ボタン電池回収協力店」に置かれた「回収ボックス」に持って行く必要があります。

よく、同じ電池だからと、「乾電池と一緒に捨てれば良い」と勘違いしがちですが、「水銀」は環境汚染や人体へ悪影響を及ぼす可能性があるため、専用の処理が義務づけられています。

「水銀含有製品」として、自治体でボタン電池を回収している場合以外は、必ず、専用の「回収ボックス」に持って行くようにしましょう。

CR/BRで始まる型番のボタン電池

CR/BRで始まる型番のボタン電池

「CRもしくはBRで始まる型番のボタン電池(リチウムコイン電池)」に関しては、水銀を含んでいないので、他の電池と同じようにゴミに出すことができます。「ゴミ回収の方法」は各自治体により異なりますが、宇治市川口市のように、乾電池と同じ方法でゴミに出せるケースが多いようです。一度、住んでいる自治体の回収方法を確認してみると良いでしょう。

ボタン電池を回収している場所

ボタン電池を回収している場所

Siriporn Pimpo/Shutterstock.com

ボタン電池回収ボックスがある「回収協力店」は、一般社団法人電池工業会の公式サイトから検索することが可能です。都内で1,000店以上、各都道府県に最低でも100店以上(沖縄のみ50店舗弱、2018年8月現在)の登録店があるので、近くの協力店を探してみましょう。

ボタン電池を回収している場所

なお、ボタン電池を回収ボックスに入れる際には、電池1個ずつをセロハンテープで巻き、「絶縁」する必要があります。セロハンテープなどで絶縁しておかないと、他の電池や金属と接触した際に、ショートして発火する可能性があるためです。

回収ボックスに入れる際も、ゴミとして出す際も、必ずセロハンテープで両極を巻くようにしましょう。

ボタン電池はリサイクルできる

ボタン電池はリサイクルできる

WilleeCole Photography/Shutterstock.com

ボタン電池回収ボックスで回収された電池は、処理業者の施設に送られ、「水銀」「鉄」「亜鉛化合物」などとしてすべてリサイクルされます。 埋め立てなども行われないので、環境にもやさしく、資源の有効活用が可能です。

つい面倒で後回しになりがちですが、使用済みのボタン電池が出てきたら、家電量販店や時計店、めがね店などの回収協力店へ持ち込み、リサイクルに出すようにするといいでしょう。

ボタン電池の捨て方のまとめ

ボタン電池の捨て方のまとめ

意外と困るボタン電池の捨て方ですが、一度覚えてしまえばカンタンです。使用済み電池の山ができる前に、ぜひ、正しい捨て方を実践してみてください。

その他の捨て方情報はこちら!