ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ホワイトボードの掃除方法と、消えなくなった場合の対処法
出典 : Dmytro Khlystun/Shutterstock.com

ホワイトボードの掃除方法と、消えなくなった場合の対処法

「気づいたらホワイトボードがくすんでいた・・・」「文字が消えない」というトラブルって結構ありますよね。ホワイトボードを白くキレイな状態に戻したい! という時におすすめの方法を紹介します。

  • 山下

ホワイトボードの掃除は定期的に行うのが吉

ホワイトボードの掃除は定期的に行うのが吉

graphbottles/Shutterstock.com

ホワイトボードを白くキレイに保つには、「定期的な掃除」を行うことがベストです。たまに、ホワイトボードに書いた文字を次に使う時までそのままにしている光景を目にしますが、文字を早めに消さないと、インクが完全に乾燥しきってしまい、消えにくくなってしまいます。

ホワイトボードには「ホーロー製」と「スチール製」の2種類がありますが、このうち、スチール製は安価で購入しやすいものの、表面に傷がつきやすく、強くこすると汚れを広げてしまう可能性もあるので注意が必要です。できるだけ、①書いたらすぐ消す、②定期的に掃除をすることを心がけましょう。

ホワイトボードの基本の掃除法

ホワイトボードの基本の掃除法

keerati/Shutterstock.com

ホワイトボードの基本的な掃除方法は、下記の手順で行います。

1.イレーザーで文字をキレイに消す

基本的には、ホワイトボード専用のイレーザーを使って文字を消せばOKです。なお、「古くなったイレーザー」や「汚れがたまって真っ黒になったイレーザー」は、インクの膜が表面に使われた生地に目詰まりして、かえってホワイトボードを汚してしまう可能性があります。水洗いできるものは洗うか、新しいものに交換しましょう。

2.水拭きする

なお、定期的に水に濡らして固くしぼった雑巾で「水拭き」しておくと、ホワイトボードをより白くキレイに保つことができます。「ホワイトボード用の洗剤」や「中性洗剤」を使用するか、迷うかもしれませんが、日頃は水拭きで十分です。

洗剤を使用した場合、洗剤の成分の界面活性剤がボードの表面に残って、文字の消去性を損なってしまうケースがあるため、「洗剤を使用しないでほしい」と案内しているメーカーもあります。説明書に洗剤を使用したケアを説明する記載がない限りは、洗剤の使用は避けた方が良いでしょう。

3.から拭きする

水拭きの後には、必ず乾いた雑巾で「から拭き」してください。ホワイトボードの表面に水滴が残っているとホコリがつきやすくなります。ボードの表面にホコリがついていると、次に文字を書いた時にホコリとインクが混ざり、文字が消えにくくなる可能性もあるので、から拭きしておくことが大切です。

ホワイトボードの文字が消えなかったら・・・

sirtravelalot/Shutterstock.com

通常、水拭きすればほとんどの文字は消えますが、水拭きをしても文字が消えないという時には、ドラッグストアなどに売っている「無水エタノール」がおすすめです。無水エタノールには、油分を分解する働きがあるので、雑巾に少量の無水エタノールをしみ込ませて拭けば、キレイに文字を消し去ることができます。

なお、ネット上などには、水に濡らしてこするだけで汚れを落とす「メラミンスポンジ」を使えば消えなかった文字が消えたという事例も載っていますが、この方法だとホワイトボードの表面に傷をつけてしまう可能性があるので、あまりおすすめできません。

厳密にいうと、傷がつきにくい加工がなされた「ホーロー製」のホワイトボードには使用しても問題ないケースが多いようです。「スチール製」のホワイトボードや表面のやわらかい「家庭用のホワイトボード」にメラミンスポンジを使用した場合は、キレイに文字は消えるものの、ボードに傷をつけてしまう可能性が高いようです。ボードの消去性を損なわないためにも、できるだけ刺激の少ない方法を選ぶようにしましょう。

イレーザーも定期的に洗おう

Mega Pixel/Shutterstock.com

ホワイトボードを白くキレイに保つには、「イレーザー」も定期的にキレイにする必要があります。ただし、イレーザーの種類によっては、水洗い厳禁のものもあるので、洗う前にパッケージやメーカーのWEBサイトなどで、水洗い可能かどうか確認するようにしましょう。

イレーザーについた汚れ(インク)は、ほとんどが水溶性なので水洗いで落とすことができます。洗剤でゴシゴシと洗いたくなるかもしれませんが、洗剤についた界面活性剤がボードのコーティングを取ってしまう可能性があるので、洗剤は使用しないようにしましょう。なお、汚れがひどい場合は、ぬるま湯を使うと落ちやすくなります。

定期的な掃除を心がければ、買った時のような「真っ白なホワイトボード」を維持することも夢ではありません。ぜひこの機会にお手入れ方法を見直してみましょう。