ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
階段掃除をお手軽に! 使う道具や掃除方法とは?
出典 : praphab louilarpprasert/Shutterstock.com

階段掃除をお手軽に! 使う道具や掃除方法とは?

小さな子どもが階段をハイハイで上がるようになった時やホコリが気になった時、掃除を怠ったことを反省し、「階段をキレイにしたい!」と実感することってありますよね。そこで、階段の掃除に必要な道具や基本の掃除方法をまとめました。

  • 山下

意外とホコリや汚れがたまる「階段」

意外とホコリや汚れがたまる「階段」

Suzanne Tucker/Shutterstock.com

見落としがちですが、人の通りが激しい「階段」には意外と「ホコリ」や「髪の毛」「ゴミ」がたまります。また、キッチンやリビングなどに比べて、汚している意識が低いため掃除も行き届かないことが多いようです。気づけば、黒く汚れていたり、隅にゴミがたまっていたり・・・というケースも少なくありません。

ほかの部屋にホコリや汚れを持ち込まないためにも、定期的に掃除をして階段をキレイに保ちましょう。

階段の掃除に必要な道具とは?

階段の掃除に必要な道具とは?

wavebreakmedia/Shutterstock.com

階段掃除に必要な道具は、リビングなどを掃除する時と同じもので十分ですが、「掃除機」を使うと意外と腰や手足に負担がかかります。表面にカーペットが貼られた階段であれば、掃除機も手っ取り早くかけられますが、フローリングなどの場合は、軽くて上げ下げも楽な「ホウキ」や「フローリングワイパー」がおすすめです。

≪階段掃除に使う道具≫
●ホウキorフローリングワイパー
●柔軟剤
●雑巾2枚(水拭き用とから拭き用)

階段を掃除する時のポイント

階段を掃除する時のポイント

tobkatrina/Shutterstock.com

階段を掃除する時のポイントは、「静電気の防止」と「順序」の2つです。

ポイント1 静電気を防止してホコリを付きにくくする

階段にとっていちばんの汚れのもとは「ホコリ」。そのホコリが付くのは「静電気」が原因なので、階段掃除をした際に、できるだけ静電気の発生を防いでおけば、階段をキレイに保つことができます。

あまり知られていませんが、静電気の発生を防ぐのに効果的なのが「柔軟剤」です。柔軟剤には、ホコリや花粉が服に付かないようにする「静電気防止」の成分が含まれているので、「バケツいっぱいの水に柔軟剤を数滴たらしたもの」を使って水拭きすれば、「ホコリの付きにくい階段」になります。

作業自体は通常の水拭きと変わらないのに、それだけで階段が汚れにくくなるのは何とも魅力的です。柔軟剤には香りの良いものも多く、掃除も楽しくなるので、一度柔軟剤入りの水を使って水拭きしてみましょう。

また、ハウスダストの予防にもなるので、小さな子どもがいる家庭はぜひとも使ってみてください。

ポイント② 掃除をする順序

階段掃除のもうひとつのポイントは、「掃除をする順序」です。

階段が他の部屋の掃除と大きく異なる点は、「高低差」があることです。当然、「下から上」に向かうより「上から下」に向かって掃いた方がスムーズにホコリやゴミを取ることができます。

また、手すりがある際は、「手すりから先」に拭き上げた方が、キレイになった階段にホコリを落とさなくて済むので効率的です。意外と忘れがちなので、下記の順序で掃除するようにしましょう。

≪掃除をする順序≫
1.最初に「手すり」をしっかり水拭きする。
(※手が触れる位置は皮脂で汚れている可能性があるので、手すりの裏側も含めて全体的に)。
3.ホウキ(またはフローリングワイパー)で「上から下」へ履く。
4.柔軟剤を薄めた水で濡らした雑巾で、「上から下」へ水拭きする。
5.仕上げにから拭きをすれば、完了!

「ついで掃除」を習慣に! ハンディモップを置いておこう

「ついで掃除」を習慣に! ハンディモップを置いておこう

Yellow Cat/Shutterstock.com

なお、階段掃除を楽にするには、日頃から「ついで掃除」をする習慣をつけておくと良いでしょう。階段の最上段や最下段のそばにハンディモップを置いておけば、気になった時にすぐ掃除ができます。3日に1回程度はモップをかける習慣をつけるのもおすすめです。また、階段の上り下りをダイエットの一環と考えれば、積極的に掃除ができ、階段をつねにキレイな状態に保つことができるかもしれません。

階段のそばに窓がある場合などは、換気した時に階段にたまったホコリが家中に広がってしまう可能性もあるので、とくに「ついで掃除」の習慣をつけたいものです。

知らないうちに、汚れやホコリがたまる「階段」。「ついで掃除」の習慣をつければ、つねにキレイな階段が実現するかも! 意識するだけでも違うので、できることから実践してみましょう。