ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
タバコの吸殻の正しい捨て方と注意点
出典 : iidea studio/Shutterstock.com

タバコの吸殻の正しい捨て方と注意点

吸殻のゴミの分別、どうしていますか? 最近、加熱式のタバコなども出てきて、ますます捨て方が分からなくなってきている「吸殻」。水で濡らさなければダメなのか、加熱式は燃えるゴミでいいのかなど、疑問もいろいろです。そこで、吸殻の正しい捨て方と注意点をまとめました。

  • 山下

吸殻の正しい捨て方

吸殻の正しい捨て方

NeydtStock/Shutterstock.com

「タバコの吸殻」の捨て方は各自治体によりやや異なりますが、基本的に「燃えるゴミ」として捨てることができます。一部のタバコには、フィルターにプラスチックを使用しているものもありますが、一律燃えるゴミとして扱われています。火をつけずに吸う、加熱式のタバコについても「燃えるゴミ」でOK!

タバコの吸殻を「空き缶」や「ペットボトル」などに水を入れて捨てるという人もいると思いますが、缶やペットボトルに入れたまま捨てるのはNGです。火を消したあとは、湿った新聞紙で包んだり、ビニール袋にまとめて、「燃えるゴミ」として捨てるようにしましょう。

吸殻を捨てる時の注意点

吸殻を捨てる時の注意点

Olegg/Shutterstock.com

吸殻を捨てる時の注意点は、何といっても「火の始末」。タバコの火は消したつもりでも消えていないことがあります。喫煙者であれば、慌ててもう一度消し直した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。タバコの吸殻は、水で濡らしてしっかり火を消してから捨てるのが鉄則です。

なお、いま人気の「加熱式タバコ」についても、火は使わないものの高温になるので火事になる可能性は否定できません。加熱式タバコであっても、「吸殻をそのままゴミ箱へ、ポイッ・・」という捨て方は危険です。きちんと冷ますか、水に濡らした上で捨てましょう。

吸殻を浸した汚水を道路の排水溝へ流すのはNG!

タバコの消火に使った「水」。茶色く汚れてにおいもキツイので、あまりシンクには流したくないですよね。ただ、タバコを浸した汚水を道路の排水溝に直接流すのは、基本的にNGです。

道路の排水溝の一部は、近くの川につながっていることがあります。その場合、タバコに汚染された水が川に流れて、川に生息している生物や川遊びをしている子どもたちに悪影響を及ぼしかねないので、やめるようにしましょう。

なお、シンクについたタバコのにおいや汚れは「クエン酸」を使えばキレイになります。魚の生臭いにおいを消すのにも効果的なので、一石二鳥です。あらかじめ「クエン酸水(水100mlに対し小さじ1/2)」を作っておき、100円ショップなどに売っているスプレーボトルに入れておけば、手軽に使えて便利です。

吸殻を分別する時に便利な道具

吸殻を分別する時に便利な道具

kariphoto/Shutterstock.com

水につけた吸殻を分別するのに便利なのが「取っ手つきのステンレスザル」です。これを使えば、手を汚さずにタバコで汚れた水と吸殻を分別できます。800円前後でホームセンターやスーパーなどで売られていますが、たまに100円ショップなどで見かけることもあるので、吸殻の分別に不自由を感じていた人はぜひチェックしてみてくだい。

正しく捨てて安心・安全を手に入れよう

正しく捨てて安心・安全を手に入れよう

wavebreakmedia/Shutterstock.com

火のもとになる「タバコの吸殻」ですが、正しく捨てれば火事のリスクを抑えることができます。ここ2~3年で、吸殻を集めてリサイクルする活動も増えてきましたが、まだまだ数が少なく、一般の人々が参加できる機会はあまりありません。リサイクル活動に参加できなくとも、吸殻を正しく捨てるだけでも、家族や街の人々の安心と安全に貢献することにつながります。

なお、江東区のように、タバコを包んでいるフィルムは「プラスチックゴミ」として分別する地域もあります。吸殻だけでなく、タバコの処分方法は、各自治体により若干回収方法が異なるので、一度、住んでいる自治体の規定を確認してみてください。