ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
家計管理をカンタンにする3つの方法
出典 : Alena Stalmashonak/Shutterstock.com

家計管理をカンタンにする3つの方法

今年こそお金を貯めたい! 家族みんなで旅行に行きたい! そう思っても難しいのが「家計管理」。ついつい出費が多くなってしまって困ることも多いですよね。どうしたらカンタンに家計管理ができるようになるか、その秘策を3つ伝授します。

  • 山下

家計管理をカンタンにするには?

家計管理をカンタンにするには?

WAYHOME studio/Shutterstock.com

家計管理というと、小まめに家計簿にお金の入出金を記録する・・・というイメージがありますよね。「お金の入出金を正確に把握する」ことは「家計管理の鉄則」。何にお金を使って、ムダな出費はとれくらいかを正確に把握するだけで、お金はだんぜん貯まりやすくなります。

ただ、家計簿をつけるのは意外とたいへん。かわいい家計簿を買ったものの三日坊主で終わってしまった人や「ただつけるだけ」の人も少なくないのではないでしょうか。家計簿はつけた記録を分析するのが重要です。

でも、お金の入出金を把握する方法は家計簿をつけるだけではありません。

「通帳」を分けるだけのカンタン管理術

「通帳」を分けるだけのカンタン管理術

BABYFRUITY/Shutterstock.com

家計管理をカンタンにするには、「通帳」を分けて使うのがおすすめです。ひとつの通帳(口座)しか利用していないという人もいると思いますが、お金が必要になるたびに、同じ口座から下ろしたり、カードの引き落としに使っていると、出費の目的がまったく分からなくなってしまいます。

そこで、あらかじめ「固定費用(家賃、光熱費、通信費など)」と「貯蓄用」「その他諸経費用」というように、いくつかの項目に応じて口座を分けておき、給料が出たら、その月の想定分の金額を各口座に振り込み、予算内でやりくりできたか確認すれば、何にどれくらい使って、どれくらい予算がオーバーしたのかが明確になります。(※1)

その結果、「予算を死守する」という使命感が生まれ、節約のモチベーションを上げるのにも効果的です。自分で入出金を記録するのが苦手という方は、ぜひ試してみてください。

※1:(参考)たまひよ「貯蓄がスイスイ進む、「3口座」家計管理術!」

持っているクレジットカードを精査しよう

持っているクレジットカードを精査しよう

Olleg/Shutterstock.com

家計管理をする上で、「持っているクレジットカードの枚数を減らす」ことも大切です。

最近は、特典やポイントが得られるクレジットカードが増えているので、お店ごとやスーパーごとにカードを使い分けている人もいるはず。ただ、複数のカードで支払いをした場合、何にお金を使ったかを把握するのがたいへんなうえ、ムダな出費を増やすことにもなり兼ねません。(※2)

家計管理をシンプルにするためにも、「クレジットカードは1~2枚」にしぼり、カードでいくら使ったのか分かりやすい環境を作りましょう。

※2:(参考)株式会社マネーフォワード MONEY PLUS 『FPの家計相談シリーズ クレカの支払いで綱渡りの家計「利用額は“借金”と認識を」』

カンタン家計簿アプリを活用しよう

カンタン家計簿アプリを活用しよう

pkproject/Shutterstock.com

もっと細かい出費の内容を知りたい場合は、「家計簿アプリ」が最適です。ノート型家計簿の場合、数字を足したり引いたりと、自分で計算しなくてはなりません。もともと計算が得意な人はいいとしても、数字が苦手という人の場合、電卓を使っても20~30分以上かかってしまうこともあります。

その点、家計簿アプリであれば、項目ごとの出費額や1日の出費総額などを自動計算してくれるので、時短になります。さらに、最近はさまざまな家計簿アプリが出ていて、「レシートを撮影するだけで出費の項目を自動入力してくれるもの」や「何にお金を使いすぎているかを自動で知らせてくれるもの」もあるので、だれでもカンタンに利用できます。移動中や休憩中などのちょっとしたスキマ時間で入力できるのも魅力です。

以前、家計簿が続かなかったという人でも、家計簿アプリなら続けられたというケースも多いので、一度試してみるのもいいでしょう。(※3)

※3:(参考)ウレぴあ総研 『FPが指南! 「スマホで家計簿」のメリットと押さえておくべき入力ルール4つ』

ハードルが高いと思いがちな「家計管理」ですが、上記の3つの方法ならカンタンに入出金を把握することができます。できることから始めて、貯金アップに役立ててください。