ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
寝室のカーテンは何色がおすすめ? 安眠に効果的な4色とは・・・
出典 : Photographee.eu /Shutterstock.com

寝室のカーテンは何色がおすすめ? 安眠に効果的な4色とは・・・

寝室のカーテンの色、何色にするかでけっこう悩みませんか? 好きな色や流行りの色、お店にディスプレイされているカーテンの色も気になりますが、快適な生活をおくるためにも、寝室のカーテンは、「安眠効果の高い色」を選びたいものです。

  • 山下

寝室のカーテンは安眠効果の高い色がおすすめ

寝室のカーテンは安眠効果の高い色がおすすめ

Vera Petrunina /Shutterstock.com

ふだん何気なく見ている「色」ですが、じつは、色にはさまざまな力があります。たとえば、ストレスや不安などを減らす力や体感温度を変化させる力、時間を早く、あるいは遅く感じさせる力などです。

「色」が人に与える影響は大きく、交感神経の働きを活発にさせる赤色の服を着ただけで、行動的になった・・・、青色の会議室の壁をオレンジ色に塗り替えただけで、議論が活発になった・・・など、さまざまな研究結果(※1)も報告されています。だからこそ、頻繁に買い替えることのない「カーテン」の色選びは重要です。

「寝室」は1日の疲れを癒し、体力や気力を取り戻す大事な空間。快適な眠りにつけるよう、カーテンの色には「安眠効果」の高い色を選びましょう。具体的に4つの色をご紹介しますね。

朝の目覚めを快適にする「青いカーテン」

朝の目覚めを快適にする「青いカーテン」

Photographee.eu / Shutterstock.com

「青色」には、気持ちを落ち着かせ安定させる効果があります。青色が目に入ると「セロトニン」という脳内物質が分泌されて、興奮状態を沈めるからだそうです。(※2)

仕事や家事などでのイライラも鎮めてくれるので、すっきりした気持ちで眠ることが出来ます。また、内分泌系の働きを安定させ、呼吸も深くしてくれるので、目覚めの質が良くなると評判です。

さらに、暑い時には涼しげな雰囲気を演出してくれ、発汗を抑える働きもあります。日頃は別の色のカーテンを使っている人でも、夏シーズン限定で青色のカーテンにしてみると、ぐっすり眠れる日が増えるかもしれません。

リラックス効果が期待できる「緑色のカーテン」

リラックス効果が期待できる「緑色のカーテン」

Eviled / Shutterstock.com

寒色でも暖色でもない、中間色の「緑色」には、感情のバランスをコントロールする力があるといわれています。自然の木々や葉の色なので、安心感や安らぎを与えてくれ、寝つきを良くしてくれます。

ストレス減少にも効果を発揮するので、日頃ストレスがたまりがちな人や緊張する場面の多い人は、部屋のカーテンを緑色に変えて、リラックスすると良いでしょう。なお、目を休めるのにも効果的なので、PCに向かうことの多い人や自然の少ない都会に住んでいる人にはとくにおすすめです。(※3)

南向きの窓でも熱がこもりづらい「白いカーテン」

南向きの窓でも熱がこもりづらい「白いカーテン」

PlusONE / Shutterstock.com

さわやかで清潔なイメージの「白」は、寝室に熱がこもるのを防いでくれるので、寝室の窓が南向きの人におすすめです。暑くて寝苦しい・・・ということが減れば、寝不足も減るかもしれません。(※4)

また、部屋を明るくしてくれるので、暗い部屋だと落ち着かないという人にもピッタリ。ただ、清潔感いっぱいの白は、一方で「緊張感」を与える色でもあるので、緊張しやすい人や癒しが必要な人は他の色にするか、真っ白というより少し黄みがかった色を選ぶと良いでしょう。

安心感を与える「ベージュのカーテン」

安心感を与える「ベージュのカーテン」

Photographee.eu / Shutterstock.com

ベージュには、緊張をやわらげる効果があります。また、自然界でも多く見られる色なので、安心感を与えてくれ、安眠効果はバッチリです。壁の色とも調和しやすく、部屋を広く見せてくれるので、ワンルームなど、寝室とリビングの仕切りがない場合は、ベージュのカーテンを選ぶといいかもしれません。(※5)

また、どんな色にも合わせやすいので、寝室の壁紙が派手な色や柄ものの時にも重宝します。落ち着いた雰囲気の寝室にしたければ濃いベージュ、明るい雰囲気にしたければ薄いベージュがおすすめです。

睡眠の質が心身の健康に与える影響は非常に大きいものです。だからこそ、快適に眠れる寝室づくりが大切。寝室のカーテンは「安眠効果がある色」にして、気持ちのいい朝を迎えれば、毎日を健康的に過ごすことが出来そうです。

※1:(参考)一般社団法人 日本色彩研究所「<研究1部報> ”赤”と”青”」
※2:(参考)筑波大学研究論文,萱場桃子著「就寝前の青色光曚露が睡眠と代謝に及ぼす影響」
※3:(参考)情報処理学会東北支部研究報告,物部寛太郎,高橋淳也,秋葉成美著「ストレス原因に適した癒しの色に関する研究」
※4:(参考)金沢大学研究論文,三根晴雄著「物体色と熱吸収との関係についての研究」
※5:(参考)(社)日本建築材料協会 技術委員会「色彩の医療効果を取り入れた医療・福祉用カーテン」