ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
オールシーズン大活躍! おしゃれニット帽のお手入れ方法
出典 : serdjophoto/Shutterstock.com

オールシーズン大活躍! おしゃれニット帽のお手入れ方法

かつて「ニット帽」といえば冬のアイテムでしたが、今では季節を問わず、男女を問わず、オシャレなファッションとして大人気! いろいろなデザインや素材のものが出回っています。ニット帽のオシャレ効果やお手入れ方法について紹介します。

  • 鈴木

ニット帽はワッチキャップやビーニーと同じ?

ニット帽はワッチキャップやビーニーと同じ?

vitaliy_73 /Shutterstock.com

ニット帽は?

ニットとは編み物、または編み物のように織った織物という意味で、ニット帽とはそれらの総称です。
ひと昔前までは、ウールやカシミヤで編まれた冬用のニット帽が主流でしたが、昨今では綿(コットン)を、おもにした素材で通気性の良いサマーニット帽があります。

ニット帽は「ニットキャップ」とも呼ばれます。帽子=capですから、これは単純に英語にしただけです。また、見た目はニット帽だと思うものの、「ワッチ」や「ビーニー」というアイテム名で売られていることもあり、その辺りの違いはどうなのか、曖昧なままの人も多いようです。

ワッチキャップとは?

「ワッチ」または「ワッチキャップ」という呼び方もあります。“ワッチ”とは“ウォッチ(watch)”の意味で、
アメリカ海軍の兵隊が見張り時に防寒のために着用したニット帽をワッチキャップと呼ぶようになったといわれています。
視野を確保するためにツバなどがなく、防寒のため頭部に密着しているのが特徴です。船の上はとても寒く、折り返しがなければ耐えられないほど寒かったので、折り返しがあり、折り返し部分には名前を記入するタグが付いていました。
しかし、メーカーによってはタグのないものや折り返しがないものもワッチキャップと呼ぶ場合もあります。

ビーニーキャップとは?

「ビーニー」または「ビーニーキャップ」という呼び方もあります。ビーニーとは、ニット帽の中でも柄や装飾がないシンプルなデザインものを指します。
恐らく「ビーン(bean)=豆」が語源ではないかと考えられています。広い範囲でニット帽と呼び、その中のシンプルなデザインをビーニーと呼ぶ、が本来ですが、メーカーによっては、その限りではないようです。

ニット帽よりビーニーの方がかっこいいし今っぽい? といった意図でビーニーと呼ぶ場合もあるようです。

ニット帽の種類いろいろ

ニット帽の種類いろいろ

oneinchpunch /Shutterstock.com

「ビーニー・ワッチ」と新しい呼び方もあるようですが、どういった種類のニット帽があるのでしょうか。目的・機能によっていろいろな種類があります。

動く系スポーツ用のニット帽

ひとくちにスポーツ用と行ってもいろいろありますが、ランニングやジョギング、マラソンなどの走る系、サッカー、フットサルなど球技系、ダンスなどアクロバット系のニット帽。汗をかくので通気性が良く蒸れにくいこと、激しい動きに耐えられるフィット性などを考えて選びます。

動きはスロー系スポーツ用のニット帽

同じスポーツでも、山登りやトレッキング、ゴルフなどで使用するニット帽。走ったり回転したり激しい動きをするわけではありませんが、それなりの運動量があり汗はかきますから、原則として速乾性があるものを選びたいですが、あまり薄手のものだとどうでしょう。外気温はいろいろですから、季節や場所によって使い分ける方がいいかもしれません。

寒い系スポーツ・レジャー用のニット帽

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツ、冬の釣りなど寒いスポーツ・レジャーシーンで使用するニット帽。これは防寒のためのものなので、厚手で保温性が高いモノを選びます。

デザインによる種類もいろいろ

デザインによる種類もいろいろあります。
一般的に折り返しのないタイプを「シングルニット帽」と呼びます。折り返しのあるタイプは「ダブルニット帽」、耳当てが付いている防寒タイプは「パイロットニット帽」といいます。頭の天辺にボンボンの着いたタイプは「正ちゃん帽」。これは、大正時代の漫画「正チャンの冒険」の主人公がかぶっていたところから流行したものです。

ニット帽の素材いろいろ

ニット帽の素材いろいろ

Karkas /Shutterstock.com

ニット帽の素材は、冬には保温性の高いカシミヤ、ウール、アンゴラ、アクリルなどがあります。アクリルはウールに似せて作った合成繊維なので安価ではありますが、吸汗性が悪いのでとくに、夏場には不向きです。

温かいシーズンに着用するサマーニット帽としては、通気性が良い素材、綿(コットン)やリネン、綿とポリエステルなどの混紡素材があります。

ニット帽のオシャレ効果と機能

ニット帽のオシャレ効果と機能

SunCity /Shutterstock.com

身近な人を思い浮かべてみてください。いつもキレイにしている、オシャレだなと思う人は、帽子をかぶっていませんか? ニット帽は、いつものコーディネートに取り入れるだけで、“オシャレ上級者が使いこなしているファッションアイテム”的な印象があります。

また、防寒の機能もありますが、夏には日差しを遮る役割もあります。さらに、ニット帽にはなんといっても小顔効果があるのです。ファンデーションで顔の輪郭を隠すメイクもありますが、それはずいぶん面倒です。ニット帽をちょうど良い感じにかぶれば「小顔」になること請け合いです!

型崩れしない! ニット帽のお手入れ方法

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

昨今の人気も相まって、凝ったデザインや新しい素材や加工を施したモノが多いニット帽。気になるのはお手入れ方法です。まずはお洗濯表示を確認して、洗濯機で洗える素材であれば、普通に洗濯して、型崩れしないように影で置いて干します。手洗いやドライクリーニング限定であれば当然それに従います。クリーニングはコストがかかるし、洗濯すれば少なからず素材が傷むので、どちらにしても頻繁にはできません。

そこで、季節を問わず、ニット帽の普段のお手入れには、ファブリーズ布用除菌・消臭スプレーが大活躍します。
何しろ、スプレーするだけで、ファブリーズ独自のダブル除菌効果でしっかり除菌し、日光消毒以上の消臭効果を発揮してくれるのですからうれしい限り! 
使い方はとてもカンタン! ニット帽から20〜30cm離して、表面が全体的に湿り気を帯びる程度にスプレーしてください。ニット帽の場合、外側から2~3回、内側に2~3回スプレーするのが使用量の目安です。 

オシャレアイテムとして人気のニット帽。デザインも素材もいろいろあって、オールシーズン楽しめます。気になるお手入れも消臭スプレーがあれば解消できるので安心です!