ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
バスタオルが生乾き臭い! と、ダメージを受けないための心得と対策
出典 : mama_mia/Shutterstock.com

バスタオルが生乾き臭い! と、ダメージを受けないための心得と対策

ショック! キレイに洗ったはずなのにバスタオルが生乾き臭い! いったい原因は何でしょうか? 臭いを発生させない洗い方、干し方など臭い対策を紹介します。

  • 鈴木

なぜ臭う? バスタオルが生乾き臭い理由

なぜ臭う? バスタオルが生乾き臭い理由

Mega Pixel/Shutterstock.com

水分で雑菌が増殖

バスタオルが生乾き臭い原因は何でしょうか。
何とも言えず不快な生乾き臭い原因は「雑菌」によるものです。では、なぜ雑菌が繁殖してしまうのかといえば、まさに“生乾き”状態だからです。雑菌は、まだ十分に乾いていない微妙な湿り気を栄養にしています。

同じ理由で雑菌は洗濯する前にも繁殖します。使用した後、湿った状態のまま放置すればするほど雑菌は増えるため、洗濯しても雑菌が取れないまま臭いにつながるわけです。雑菌はどんどん繊維にしみ込んでいき、やがて洗っても取れなくなってしまいます。

濡れたままカゴに入れておいたり、洗濯機の中に入れて蓋をしておいたりするのはやめて、洗濯前であっても乾燥させるように心がけましょう。「どうせ洗濯するのだから湿っていても同じ」は間違っています。

洗濯機の汚れやカビ

バスタオルの臭いの原因として、洗濯機の汚れやカビが考えられます。洗濯機は思っている以上にいろいろなパーツが付いており、汚れがたまりやすい構造です。

また、洗濯機の内部は湿度が高く、水分があり、糸くずや人間の皮脂や泥など汚れがあり、それはすなわちカビの温床です。汚れやカビのすみかでバスタオルを洗濯してもキレイにならず、生乾き臭いままということになります。

正しく洗えてない

洗剤や柔軟剤が適していないため、汚れがキレイに落ちていないことがあります。また、お風呂の残り湯で洗濯している場合、残り湯の雑菌がバスタオルの繊維に入り込んでしまい、洗濯で落ちきらなかったということも考えられます。

バスタオルの生乾きの臭いを消す方法

バスタオルの生乾きの臭いを消す方法

Razoomanet/Shutterstock.com

煮沸消毒・殺菌

大きな鍋に湯を沸かし、弱火で5~10分程度、バスタオルを煮沸して消毒・殺菌する方法です。消臭効果は期待できますが、生地が傷みやすく、色落ちの可能性があります。

漂白剤で熱湯消毒

煮沸消毒・殺菌より生地が傷まない方法として、熱湯消毒があります。50~60度の高温のお湯に酸素系漂白剤を入れ、バスタオルを浸けておきます。

アイロン

バスタオルにアイロンの熱を加えて殺菌する方法です。アイロンを使用できる素材かどうかの確認が必要です。
洗濯後、濡れたままのバスタオルを乾くまでアイロンをかけ続けます。

手軽にカンタンにスッキリ消臭除菌OK!

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

バスタオルの生乾き臭いにおいがどうしても気になるけれど、消臭する時間がない、洗い直す時間がない、外出先で使う必要に迫られた、などさまざまな事情によって消臭を迫られる場合があります。そんな時のために用意しておきたいのが、ファブリーズ布用除菌・消臭スプレーです。バスタオルから20〜30cm離して、表面が全体的に湿り気を帯びる程度にスプレーしてください。全体にまんべんなく10回程度スプレーするのが使用量の目安です。
ファブリーズ布用除菌・消臭スプレーは、ファブリーズ独自のダブル除菌効果でしっかり除菌し、日光消毒以上の消臭効果を発揮してくれます。いざという時に慌てないよう常備しておくと便利です。

バスタオルの生乾き臭さを発生させない洗い方

Andrey_Popov/Shutterstock.com

臭いの原因となる雑菌を取るためには、洗剤だけでなく「酸素系漂白剤」を使用することをおすすめします。“漂白剤”といえば、その名称から、汚れを取って白くするもの、色物・柄物には使えないと思っている人もいるようですが、漂白剤の役割はそれだけではありません。

まず、酸素系漂白剤は、色物・柄物にも使えます。そして汚れを落とすだけでなく、除菌・殺菌の役割があります。
すでに生乾き臭さがひどい場合は、煮沸や熱湯消毒による消臭方法を試した方がいいですが、予防策としては酸素系漂白剤でつけ置きした後に洗濯することです。同じ漂白剤でも「塩素系漂白剤」は、漂白力は強力ですが、色素を破壊するため、白物にしかできないので注意しましょう。

また、洗剤は適量を使用しましょう。洗剤を多く入れればより汚れが取れる、と勘違いしがちですが、多すぎると洗剤を溶かしきれず、濯ぎきれず、バスタオルに洗剤が残ると臭いや雑菌の原因になります。

生乾き臭さを発生させない干し方の基本と工夫

leungchopan/Shutterstock.com

湿った状態を少しでもつくらないことが大事ですから、洗濯が完了したら、できるだけ早く干しましょう。
干す時の基本はシワを伸ばしてから干すこと。繊維の足が長いバスタオルは、両手で持って上下に振ることで繊維を起こしてから干します。風通しの良い日陰に干すのがベターですが、雨の日や梅雨の時期はどうすればいいでしょうか。

通常5時間以内に乾燥させれば雑菌の増殖を抑えることができ、生乾き臭さは発生しないと考えられています。どうしても部屋で干さなければいけない時は、扇風機やエアコン、乾燥機などを使ってできるだけ早く乾かすことです。

できるだけ空気に触れる面積が広い方が早く乾きますから、バスタオルのように大きいモノは半分に折ってかけるのではなく、ずらして干します。また、扇風機などの風が当たる箇所は別として、上から乾くので、時間をおいて上下を逆にする、方向を変えると良いでしょう。

バスタオルはできるだけ湿った状態で放置しないこと、酸素系洗剤でつけ置き洗い、5時間以内に乾燥させること、が生乾き臭さを解消する主な予防策だということがわかりました!