ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
みんなはどうしている? 結婚後の家計管理
出典 : Nataliya Hora/Shutterstock.com

みんなはどうしている? 結婚後の家計管理

一人暮らしや実家住まいなら、自分の収入は当然自分で管理するものですが、結婚したらどうなるのでしょうか? 共働きだから家計は別にする? それとも夫婦なのだから財布はひとつ? 主な管理の仕方についてメリットとデメリットを紹介します。

  • 鈴木

結婚後、妻が家計を管理する妻主導タイプ

共働き、専業主婦に関わらず、収入は一旦全部、またはほとんどが妻にわたり、妻がやり繰りする妻主導型の家計の場合、どういったメリットとデメリットがあるでしょうか。

結婚後、妻が家計を管理する妻主導タイプ

pathdoc/Shutterstock.com

妻主導家計のメリット

妻が一括管理し、家計全体の収支を把握しているので将来の資金作りなどを計画的に行えます。夫が浪費家なら妻がストッパーの役目を果たします。夫は家計管理の煩わしさなく、仕事に専念できます。妻は夫の信頼感を得ているという実感が得られます。

妻主導家計のデメリット

妻がやり繰り上手な節約家なら問題ありませんが、やり繰り下手の浪費家だった場合は最悪です。自分へのご褒美と称して買い物をしたり、友だちとしょっちゅう豪華なランチを楽しんでいたりすれば、そのしわ寄せは家族に及びます。

また、夫は自分が働いて得た収入なのに自由になるお金に制限がある=小遣いの額を不満に思うことも。いつの間にか妻の洋服ばかりが増えていたり、頻繁に女子会に出掛けていたりすると、妻の家計管理を不満に思ったり、きちんと使われているのか猜疑心が生まれます。

結婚後、夫が家計を管理する夫主導タイプ

収入はすべて夫が管理し、妻に食費や生活費を一定額渡す夫主導タイプの場合、どういったメリットとデメリットがあるでしょうか。

結婚後、夫が家計を管理する夫主導タイプ

kiuikson/Shutterstock.com

夫主導家計のメリット

妻に生活費が渡されるわけですから、生活費が一定額で収まります。また、妻1人では責任重大で決められない買い物などは、夫に相談することとなり、家計を通じて夫婦のコミュニケーションにも一役かいます。家計の主導権=家庭の主導権でもあり、男性の威厳やプライドを保てるという側面もあります。

夫主導家計のデメリット

妻が管理する場合とは逆で、妻のやり繰りがたいへんだったり、夫が横柄な態度だったりすると不満を募らせることになります。とくに、夫が給料や貯蓄詳細を知らせていない場合、妻には少ない生活費を渡しておいて、夫は小遣いを潤沢に使っているのではないかと不信感を持つ可能性もあります。

家計管理の役割を分担する共同タイプ

最近は共働きの家庭が増えていることもあり、多くみられるのが家計を分担する共同タイプです。収入のうち家計費は分担し、残りはそれぞれで管理します。また、分担の仕方はいろいろで、完全折半もあれば、家賃は夫持ち、食費や日用品は妻持ちなど項目で分けている場合もあります。この共同タイプのメリットとデメリットはどういったことでしょうか。

家計管理の役割を分担する共同タイプ

Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com

家計分担共同タイプのメリット

家賃、光熱費、食費などの家計費以外の収入はそれぞれが趣味やレジャーに自由に使えます。そのため、お互いに独身時代と変わらない生活を維持することが可能です。大きな出費をするにしても、自分で稼いだお金でするわけですから気兼ねなくできます。

家計分担共同タイプのデメリット

自由に使えるお金が多い分、2人ともが独身気分で支出してしまい、貯金できていなかったというケースが多々あります。お互いの収入を知らない場合が多く、将来設計が立てにくいといえます。

また、自分の収入を知られたくないからパートナーの収入も知りたくない、知ろうとしない。この構図で保つ夫婦関係には危うさが否めません。そして、子どもができた場合は維持しにくい方法です。

早めに夫婦で相談して人生設計を立てることが大事

早めに夫婦で相談して人生設計を立てることが大事

Solis Images/Shutterstock.com

独身時代の恋人同士なら、見栄をはったり、無理をしたり、隠し事もあったりするでしょうが、結婚生活には、これから育んでいく家族の将来がかかっており、50年、60年と続いていくのです。
性格や夫婦関係、収入も、考え方もさまざまで、どの管理方法が正しいという結論には至りませんが、どちらか一方が管理するにしても、2人で分担するにしても、収入、家計ともに、お互いに「見える化」をすることが大切です。とにかくお互いの意見を述べ、話し合い納得のいく結論を出すことが、不平不満を持たず、明るい将来に向けて歩き出す第一歩となります。

正しい家計管理の方法はひとつではなく、夫婦の数だけスタイルがあると思って良いでしょう。しかし、オープンに話し合うことで、どのような方法でも夫婦が同じ認識を持てることが肝心です。