ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「賞味期限切れ醤油」の捨て方を知っていますか?
出典 : AlenKadr/Shutterstock.com

「賞味期限切れ醤油」の捨て方を知っていますか?

気がついたら、いただき物の醤油の賞味期限が切れていた・・・。そんな経験はありませんか? 賞味期限が切れた醤油は、場合によっては捨てることもあるでしょう。しかし、正しい方法で処分しないと、環境に悪い影響を与えかねません。

  • 創文舎 hiderio888

醤油を捨てるタイミングっていつ?

醤油を捨てるタイミングっていつ?

Karunyapas/Shutterstock.com

日本では日常的によく使用される醤油。捨てる機会がないため、賞味期限についても、捨て方についても気にしたことがないという人がほとんどなのではないでしょうか。ただ、いただき物の醤油などは、つい大事にしまいすぎて、使おうと思ったら賞味期限が切れていたということも珍しくありません。

醤油の賞味期限を見ると、製造後1年半~2年程度と記載されていることが多いようです。ただし、それは未開封の場合に限ります。各醤油メーカーでは、開封後は1カ月程度で消費することを推奨しているようです。

いただき物の高級な醤油でも、賞味期限が切れると、酸化によって味や風味が落ちてしまいます。そのため、刺身や焼き魚など、直接かけて食べるものには、使わない方がいいでしょう。

なるべく涼しい場所や直射日光の当たらない場所で保管されたものであれば、加熱して使用する分には数ケ月間は問題ないので、煮物や炒め物に利用して使い切ると、せっかくのいただき物も捨てずに済みます。ただし賞味期限後に使用する場合は、必ず味や臭いを確認するようにしましょう。

誤った捨て方は環境破壊につながる!?

誤った捨て方は環境破壊につながる!?

Piyaset/Shutterstock.com

醤油は誤った捨て方をすると、環境破壊につながることを知っていますか?

河川などの水の汚れ具合を表す数字として、BOD(Biochemical Oxygen Demend)という指標があります。これは、「水の汚れをバクテリアが食べて分解するのに必要な酸素量」を表しています。

環境省が配布しているパンフレットによると、魚が住める水質の場合、BODは5mg/lで、大さじ1杯(15ml)の醤油を5mg/lの状態にするには、じつに、450ℓもの水が必要になるといわれています。

醤油が余ったから、賞味期限が切れたから、使わないからといって排水口に流すことは、環境破壊につながることにもなりかねません。限られた資源を大切にするためにも、醤油をそのまま流すのはご法度です。

液体調味料の正しい捨て方

液体調味料の正しい捨て方

Ollyy/Shutterstock.com

醤油を正しく捨てるにはどうしたらいいのでしょうか。

醤油を含む液体調味料は、燃えるゴミとして回収する自治体がほとんどです。しかし、容器に入ったままでは回収しないため、一手間加える必要があります。

まずビニール袋や使用後の牛乳パックを用意し、次にその中に使用しない布や新聞をクシャクシャにして入れて、醤油を流し込みます。

布や新聞が醤油を吸い取った後は、ビニール袋に入れ、中身がこぼれないことを確認してから燃えるゴミとして回収してもらいましょう。そのほかにも、100円ショップなどで販売されている、油を処理するための袋などを使うのも一つの方法です。

醤油容器の正しい捨て方

醤油容器の正しい捨て方

Toca Marine/Shutterstock.com

醤油の捨て方はわかりましたが、醤油が入っていた容器はどのように捨てればいいのでしょうか。

容器については材質により資源ゴミとして回収するケースや、そのまま燃えるゴミとして回収するケースなど、自治体によって違うので、事前に確認しておくことが必要です。

また、中身が少しでも残っている場合は、すすいでから捨てるよう指定される場合があります。その時も、できるだけ醤油を排水口から流さないように注意してください。

とくに、ほとんど料理をしない一人暮らしの人は、余して捨てることがないよう、買う時は小さいサイズのものを選ぶなど、醤油をムダなくおいしく消費できるよう工夫したいものですね。