ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
コットン大好き! サラッとした感触の綿製品、長持ちさせるケアとは?
出典 : sumire8/Shutterstock.com

コットン大好き! サラッとした感触の綿製品、長持ちさせるケアとは?

繊維の中でもっとも身近に感じる、綿製品。サラッとした感触とやさしい肌触りは、子どもにも大人にも心地よいものです。どのようにすれば、お気に入りの綿製品を長持ちさせることができるのでしょうか。

  • 創文舎 hamo

紀元前から続く綿と人類との付き合い

紀元前から続く綿と人類との付き合い

John Nudge/Shutterstock.com

私たちの暮らしに欠かせない天然繊維「綿」。その用途は、衣類や家具、寝具など幅広く、生活に使われる布製品のほとんどに使用されています。
綿と人類との歴史は長く、はじまりは、なんと、紀元前にまでさかのぼります。
古代の壁画などに描かれた人々が衣類を纏っている姿からも推察される通り、人間は有史以前から「布」との付き合いがあります。それは、綿だけに限ったことではありませんが、世界最古と思われる綿栽培の痕跡は、およそ8000年前のメキシコで使われたと思われる綿花の種によって物語られています。

メキシコの他、7000年前にはインドやバングラディシュでも綿花が栽培され、織物などに製品化し流通も行われていたそうです。綿花は、温暖湿潤な熱帯性の気候での栽培が適しているため、古くから、南北アメリカや、インドなどの東南アジア、アラビア諸国など赤道付近の国々で盛んに栽培され、布文化が広まっていきました。

やがて、綿織物はスペインやイタリア、イギリスなどのヨーロッパに伝わり、その有用性を不動のものにします。そこから、さまざまな貿易や侵略、戦争、植民地化などを経て、各地で大規模な綿花農場が発展し、今日の綿花産業へとつながっていきます。

日本における綿の歴史は、綿が中国から伝来した奈良時代がはじまりといわれています。栽培が難しく根付くまで時間が掛かり、江戸時代に入るまでは庶民の手が届かない高級品でした。江戸時代から明治にかけ、ようやく綿花栽培は軌道に乗り、「木綿」は広く世間に広まったそうです。

現在では、人件費などの問題で日本国内の綿花栽培は数少ないものとなりましたが、一部の農家では、和製綿花やオーガニックコットンにこだわり、栽培を続けているところもあるそうです。

コットン製品のメリット、デメリット

コットン製品のメリット、デメリット

bluedog studio/Shutterstock.com

すっかり身近になった綿製品ですが、綿ならではの特性はメリットにもデメリットにもなり得ます。日常の中でよく使う製品だからこそ、長所と短所は熟知しておきたいですね。

コットンのメリット

●風合いがやわらかく、やさしい肌触り
●肌への負担が少なく、化学繊維と比べアレルギー体質の人でも使いやすい
●染色や印刷などの加工がしやすい
●吸水性・通気性にすぐれ、夏でも涼しい
●繊維に空気を含みやすいため保温性にすぐれている

コットンのデメリット

●吸水性が高い反面、水を吸収した後の乾燥時に縮みが発生しやすい
●シワになりやすい
●毛羽立ちやすい

綿は化学繊維と比べて、長持ちする?

綿は化学繊維と比べて、長持ちする?

ImageFlow/Shutterstock.com

綿製品のメリットとデメリット。知っているか知らないかでは、綿製品との付き合い方も大きく変わります。
もう一つ気になるのが、ほかの繊維と比べた時、綿製品は長持ちするかどうかという点。とくに、用途や機能性が近い、化学繊維と比較するとどのような点が違い、どちらが長持ちするのでしょうか?

衣類が劣化する主な要因は「色落ち」「型崩れ」「毛玉」の3点。
色落ちという点では、綿に比べ、ポリエステルなどの化繊の方が洗濯しても色が落ちることは少ないようです。ただし、綿の場合も、裏返して洗濯したり乾かしたりすることである程度色落ちを防ぐことができます。

伸び縮みしやすくシワになりやすいのが綿。対して、ポリエステルなどの化繊はシワになりにくく、型崩れもしづらいのがメリット。綿の型崩れを予防するには、洗濯した時、シワをよく伸ばし、形を整えて干すことがポイントです。

最後に、毛玉のできやすさ。化繊は繊維が丈夫な分、毛玉ができやすく、そこからほつれが発生することがよくあります。綿の場合は、毛玉ができづらく、数年着ても多少の毛羽立ちはあっても、毛玉はほとんどできていないという場合が多いようです。

綿と化学繊維、「長持ちするか」という点では、どちらも一長一短です。生地の丈夫さでいけばポリエステルの方が上ですが、手入れの仕方によっては綿の方が長持ちするという場合もあります。

しっかりケアで、いつまでもキレイに

しっかりケアで、いつまでもキレイに

Nataliya Turpitko/Shutterstock.com

綿製の衣類を長持ちさせられるかどうかは、手入れの仕方に掛かっています。普段何気なく洗っている綿製の衣類。洗濯表示はきちんと確認していますか?

綿製の衣類は、水洗いができないという場合はほとんどありませんが、縫製の仕方や糸のより方によっては、「洗濯機で洗える」場合と「手洗い推奨」の場合があるので、洗濯する前には必ずタグを確認するようにしましょう。

洗濯機で洗える場合は、安心して通常通り洗濯することができますが、はじめて洗う時や、型崩れや色落ちを極力防ぎたいという場合は、衣類を裏返しにしてたたみ、ネットに入れて洗濯すると、生地に負担を掛けず、型崩れや色落ちを防ぐことができます。

手洗いの場合は、洗濯桶などに衣類が浸かる程度の水をはり、洗濯用中性洗剤を規定量溶かし入れ、手で押しながら汚れを溶かすようにやさしく洗いましょう。
押し洗いが終わったら、きれいな水に入れ替えて、泡がなくなるまで水を替えてすすぎ洗いをします。最後に、洗濯ネットに入れて10秒程度洗濯機で脱水をかけて、形を整え干しましょう。

生乾き臭は消臭剤で抑制する

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

洗濯後、干す際に気をつけたいのが「生乾き臭」。とくに、綿製品は生地が厚いものが多く、秋冬はトレーナーやパーカーなどの衣類が乾きにくくなります。これらの乾きづらい衣類は、間隔を20cm以上空けて干すことが大切ですが、干す前に、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをトレーナーの場合、前後ろの片面ずつ5、6回程度スプレーしてから干すと、生乾き臭を抑えることができます。

生乾き臭は、衣類の繊維に取れ残った雑菌が、湿気を帯びることで活性化し、繁殖する際に出す分解物が原因で臭いが発生します。ファブリーズは、衣類についた臭いの消臭はもちろん、雑菌に対する除菌効果も高く、布についたウイルスに対する実験では、じつに、99%以上のウイルスを除去したという結果を残しています。その効果は、衣類に取れ残る雑菌にも有効で、スプレーすることで臭いの発生源になっている雑菌の活動を抑え、繁殖を防ぎます。


ナチュラルでやさしい風合いが心地よい綿。正しいケアと臭い予防で、長く大事に付き合いたいですね。