ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
外出先での服の汗臭さ、どう対処する?ニオイの原因や対策、制汗シートの使い方まで!

外出先での服の汗臭さ、どう対処する?ニオイの原因や対策、制汗シートの使い方まで!

外出先でふと気になる「汗臭さ」。皆さんはどんな対策をしていますか?ニオイの原因をしっかり把握することで、ニオイの根本から対処することができます。ニオイの原因から対策、外出先での応急処置、衣類への消臭対策まで開設いたします。

  • 創文舎 hamo

汗臭さの原因は?

服から? 体から? 自分でもびっくりの汗臭さ

汗臭さの原因は「体表面の常在菌」と「衣服」

汗をかいた時に感じるイヤなニオイは、体表にいる常在菌が皮脂や汗を分解することで発生します。当然、常在菌がいる体がニオイの発生源ですが、それ以上にニオイを溜めこみ、発しているのは衣服。

汗臭さを防ぐためには、ニオイの発生源となる体自体と、ニオイを溜めこむ衣服の両方をケアする必要があります。それぞれ、どのようにアプローチすればニオイを防ぐことができるのか、対処方法を見ていきましょう。

外出先でできるニオイの応急処置

外出先でできるニオイの応急処置

汗をそのままにしておくと、ニオイの原因になってしまうこともありますので、小まめに応急処置をして対策を行いましょう。

①脇汗はこまめに拭う

脇汗はこまめに拭う

直接臭っていると勘違いされやすい汗ですが、実はほとんど臭いません。

前述しているように嫌なニオイは、皮膚にいる常在菌が汗を分解することで発生するものなので、汗を小まめに拭うだけでもニオイ予防に効果を発揮します。

暑い時期にはタオルやハンカチを常備して、目に見えるところの汗を小まめに拭いていきます。

中でも、脇は一番菌が繁殖して臭いやすい場所ですので、小まめに拭いてあげるだけでも嫌なニオイの発生を防げます。

②ボディシートや制汗スプレーを使用する

ボディシートや制汗スプレーを使用する

除菌効果のあるボディシートや制汗スプレーは、嫌なニオイの元になる菌に対して効果を発揮しますし、香り付きの製品は嫌な香りを除いてくれます。

例えば、ウェットタイプのボディシートなら火照った体を冷やせるので気分もリフレッシュできるでしょう。

また、制汗スプレーには、気軽に屋外で使用できるというメリットがあります。

タオルやハンカチなどで汗を拭った後にスプレーをすれば、暑い体を冷やしてさらさらにしてくれます。

③あらかじめ替えの衣服を用意しておく

あらかじめ替えの衣服を用意しておく

体についた汗は簡単に拭えますが、服に付いた汗は簡単には乾きません。

汗を多くかく体質の方は、あらかじめ変えの洋服を持っておくとよいでしょう。

この際、体に付いている汗も拭って、新しい衣服につかないようにすることも大切なポイントです。新しい衣服に着替えれば蒸れた嫌な感覚が取れて、気分もすっきりします。

【朝・昼・夜】1日を通じた汗のケア方法

朝シャワーしても外出先で臭っては台無し

ニオイの原因は常在菌だとわかっていても、菌を活性化させる「汗」の存在がニオイを作る引き金になっていることは否めません。

できる限り汗を減らそうと、寝ている間に流した汗を朝シャワーで洗い流し、さっぱりしてから出社しても、通勤途中でまた汗をかいてしまっては元の木阿弥です。

外出先での汗対策も考えておかないと、肝心な時に臭ってしまいます。ニオイをしっかり防ぐためには、一日を通じてこまめに汗のケアをすることが大切です。

【朝】シャワーでニオイケア

起きた後にシャワーを浴びて、寝ている間にかいた汗を洗い流します。

水分を拭き取ったら、脇など汗のかきやすい場所に、クリームタイプまたはロールオンタイプの制汗剤を塗ります。こうすることで脇汗が大量に出るのを未然に防ぐことができます。

【昼】汗拭きシートでニオイケア

休憩時間を利用して、除菌効果のある汗拭きシートで体についた汗や皮脂を拭き取ります。

また、制汗スプレーなどを使用してデオドラントケアもしておきましょう。

【夜】お風呂でニオイケア

ゆっくり湯船に浸かり、一日の汗や皮脂をしっかり洗い流しましょう。

できればぬるめのお湯に浸かる習慣をつけ、汗をかくトレーニングを兼ねると◎。

汗をかき慣れると、汗腺が鍛えられ、サラサラとした臭いにくい汗をかけるようになります。

お風呂から上がったら、水分を拭き取り、デオドランドウォーターで毛穴を引き締めましょう。

同じ男性でも、年代によって変わる臭い

同じ男性でも、年代によって変わる臭い

namtipStudio/Shutterstock.com

ミドル脂臭

男性は30代半ば~50代半ばに入ると、汗をかきやすい部位が、徐々にワキから後頭部、首元へと変わっていく傾向があります。

汗をかく部位が変わることで分泌する成分も変わり、いわゆる「汗臭いニオイ」から古い油のような「ミドル脂臭」に変化します。

同時に、頭皮から分泌される皮脂もねっとりとした粘性の高いものになり、ミドル脂臭を溜めこみやすくなります。

ミドル脂臭の対策

ミドル脂臭が気になりだしたら、洗浄力が高く、できればミドル脂臭に対応したシャンプーを選び、頭皮の汚れを落とすように、じっくり丁寧に洗髪するのがおすすめです。

泡立ちが弱い時は、二度洗いし泡が残らないようにしっかりすすぎましょう。

加齢臭

50代半ばから発生しだす枯草のようなニオイで、胸や背中などの体幹部が臭いやすくなります。

原因は、加齢と共に増加する皮脂成分の酸化です。

加齢臭の対策

入浴時に、洗浄力の高い防臭効果のある石けんやボディソープを使い、背中や胸などをしっかり洗うようにしましょう。

衣料への消臭対策も忘れずに!

いくら体から汗や皮脂を拭い清潔にしても、着ている服からニオイがしては元も子もありません。

衣類は、体に密着して着ていることで、汗や皮脂を吸収し、常在菌も移ってしまいます。繊維の中で常在菌は繁殖し、臭い物質をどんどん増やしていきます。

臭くなった衣類は、洗濯することである程度リセットできますが、外出先で衣類のニオイが気になったらどうすればよいでしょうか。

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

そこでおすすめしたいのが、布用消臭除菌スプレー ファブリーズの男性用シリーズ「ファブリーズMEN」です。ファブリーズMENは、数々の消臭アイテムをリリースしてきたファブリーズシリーズの中でも最強の消臭効果を誇る、男性に特化した消臭スプレー。

働く男性たちが気になる「汗」「体臭」「加齢臭」「タバコ」「焼肉臭」の5大臭(※1)に着目し、世界特許の独自技術や消臭成分が繊維に行きわたる消臭活性剤技術などを活かし、ニオイの根本から消臭します。

外出先や職場などに、置きファブリーズしておき、昼休みや休憩時間などに、ジャケットなら、前と後ろに片面5、6回ずつファブリーズMENをスプレーし、イスなどにかけて乾かしておきます。

スプレーすることで、従来品より多く配合された6つの消臭成分が繊維に浸透し、ニオイの原因物質を分解・中和し、ニオイを元から消し去ります。
※1:P&Gホームページ「マイレピ」より
2015年3月上旬にインターネット調査により208名の男性消費者を対象に実施した調査に基づく

服の汗臭さに関するまとめ

気になる汗臭さも体臭も、体と衣類のダブルケアなら、必ず結果が出るはず。ニオイを気にせず、仕事にプライベートに積極的にいきましょう!

その他の汗臭対策はこちら!