ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
下山後も要注意! 登山シャツの臭いに気を配ろう!
出典 : everst/Shutterstock.com

下山後も要注意! 登山シャツの臭いに気を配ろう!

登山用シャツは機能的なものが多くありますが、高機能なものほど、臭いが残りやすい傾向があるそうです。登山中はもちろん、下山後も気になるのが汗の臭い。帰りの車が地獄にならないように臭いのケアを準備しておきましょう。

  • 創文舎 hamo

登山シャツは日常着としても優秀

登山シャツは日常着としても優秀

Still AB/Shutterstock.com

登山は、長い時間をかけて山道を行くアウトドアスポーツ。他のスポーツやアウトドアレジャーより長時間着替えができず、汗をかきっ放しになることから、登山用のウェアは「汗」に対する機能を強化しているものが多く、他にも、紫外線対策や防虫効果、動きやすさを考慮したストレッチ加工など、通常のタウンウェアには見られないすぐれた機能が付加されています。

ゆえに、動きやすく快適性が高いため、普段着用する日常着として選ばれることも多いようです。さらに、昨今はアウトドアブームも加熱しており、積極的にアウトドアブランドをファッションに取り入れる人も多く見られます。

とくに、柄物が多い登山シャツは、一点ファッションに取り入れるだけで印象の強いアクセントとなり、Tシャツと合わせて羽織ったり、腰に撒いたりとアウトドアテイストを気軽に取り入れやすい人気のアイテムです。

登山シャツの臭いには要注意

登山シャツの臭いには要注意

Dean Drobot/Shutterstock.com

そんな機能性の高い登山シャツですが、何度か着用しているうちに、汗臭さが取れづらくなるという話をよく耳にします。

登山シャツの多くは、汗をできるだけ早く乾かすためポリエステルなどの化学繊維が使われていることが多く、この「ポリエステル」が臭いがつきやすくなる原因だと考えられています。

中には、防臭効果がプラスされたものや、素材自体を変化させた進化系のポリエステルもありますが、一般的なポリエステルは速乾性には優れる反面、通気性があまりよくないので、汗が皮膚に残りやすく、洗濯しても皮脂などの汚れが落ちにくいといわれています。

汗は発汗したばかりの時は、ほぼ無臭ですが、皮膚から剥がれた皮脂や垢などと合わさることで、雑菌の繁殖に適した環境をつくり、この雑菌がエサを分解することで臭い物質が作られます。

まだ登山シャツが新しい頃は、普通に洗濯するだけで汚れと一緒に雑菌も洗い流すことができますが、何度か着用しているうちに、雑菌や汚れが繊維の奥にこびりつくようになり、洗濯して乾いた時には臭いがしなくても、着用して汗をかき始めるとイヤな臭いが戻ってくるという現象が生じるようです。

天然繊維を活用して臭いを防ぐ

天然繊維を活用して臭いを防ぐ

Tarzhanova/Shutterstock.com

登山の服装は「レイヤリング」と呼ばれる重ね着が基本。もっとも肌に近いベースレイヤー、保温や体温調節に使われるミドルレイヤー、雨風を防ぐアウターレイヤーから成っています。山の天気は変わりやすく、気温も時間や標高によって大きな差があります。これらのレイヤーを、その時の環境に合わせて脱ぎ着しながら体のコンディションを一定に保つのが登山の基本です。

秋の登山の場合、ベースレイヤーやその下に着るアンダーシャツに、メリノウールやシルクなどの天然繊維をもってくると、汗由来の臭いを軽減することができます。秋は日によって天候や気温が大きく変わるので、暖かい日にはシルク、肌寒い日にはメリノウール、また、機能性ポリエステルとの併用も考えながら組み合わせていくと、快適な機能と防臭のどちらもクリアすることができるでしょう。

登山シャツのお手入れ方法

登山シャツのお手入れ方法

Agustin Vai/Shutterstock.com

ミドルレイヤーに活躍する登山シャツ。中間着とはいえ、長い道のりを歩く登山では汗が浸透しやすいものです。もし、洗濯しても臭いが取れなくなってしまったら、粉末の酸素系漂白剤を使った浸け置き洗いがおすすめです。ウールやシルクなどは生地を傷めてしまう恐れがあるので、使用する際は、漂白剤の但し書きをよく確認してから浸け置きしましょう。

1 バケツに登山シャツが浸かる程度のお湯(50℃前後)を用意し、粉末の酸素系漂白剤を規定量溶かし入れます。
2 バケツに登山シャツを沈め、1時間程度浸け置きます。
3 時間が経ったら洗濯機に漂白剤ごと入れ、洗濯洗剤を入れて通常通り洗濯します。
4 脱水が終わったら速やかに干しましょう。

雑菌は濡れた状態で活発に活動するので、脱水が終わったらなるべく早く干すことが大切です。また、浸け置き洗いをしても臭いが取れない場合は、繰り返し試してみるか、ケイ酸塩を配合した固形石けんで予洗いするのもおすすめです。ケイ酸塩は粉末の酸素系漂白剤同様、アルカリ性の性質を持っており、皮脂汚れを落とすのにすぐれた効果を発揮します。

帰りの車は消臭剤を準備して臭い対策を

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

下山後の帰り道、入浴施設やシャワーがあるところなら臭いを気にしなくて済みますが、そういった設備がない場合や、時間に迫られている時は、汗をかいたまま車での移動になることもあります。登山したからには汗臭いのは仕方ありませんが、車内は密閉空間のため臭いがこもりがち。とくに、仲間数人での乗車ともなると車の中は強烈な臭いに・・・。

そんな時に備えておきたいのが、ファブリーズの車のエアコン用イージークリップです。
エアコンの吹き出し口にはめるだけのカンタン設置&コンパクト設計ながら、その消臭効果はファブリーズならではの本格的なもの。

汗由来の体臭をはじめ、食べ物臭やタバコの臭いなど車で気になる幅広い臭いの消臭にしっかり対応。臭いを消してから、さわやかな香りがほのかに漂い、登山帰りの疲れた心と体を癒してくれます。


機能的な登山シャツも臭いには要注意。機能と素材のバランスを考え、快適な登山を計画しましょう。帰りの車内の臭いケアも忘れずに!