ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
やり方を間違えると大惨事!? 香水瓶の正しい捨て方
出典 : FabrikaSimf/Shutterstock.com

やり方を間違えると大惨事!? 香水瓶の正しい捨て方

いざ捨てようと思っても、どう処分していいのかわからない香水瓶。香りが強いものだけに、捨て方を間違えると大惨事になることも・・・。正しい捨て方から、おしゃれなアレンジ方法まで、香水瓶のアレコレを紹介します。

  • 渡辺

香水瓶は、そのまま捨てちゃダメ!

香水瓶は、そのまま捨てちゃダメ!

NeoStudio1/Shutterstock.com

使い切れず中途半端に残っていたり、プレゼントされたけれど好みじゃなかったり・・・。いつの間にかたまってしまった、いくつもの香水瓶たち。いざ捨てようとしても、処分法がわからず困っていませんか?トラブルを起こさないためにも、香水瓶の正しい捨て方をマスターしましょう。

そもそも、香水に捨て時はあるの?

香水は薬事法により、三年間以上の品質保証が義務づけられています。でも、それは未開封の場合に限ってのこと。開封後は、およそ一年が使用期限だといわれています。

とはいえ、香水はそれなりの値段がするもの。ましてブランド物ならば、たとえ一年が過ぎていても使い続けたくなりますよね。しかし、香水は直接肌につけるものだけに、注意が必要です。品質が劣化している場合は、肌トラブルにつながる可能性もあるのです。

香水は、“香り”と“色”からも品質をチェックすることができます。まずは、布に染み込ませた香水を、体から少し離して嗅いでみましょう。ツンと鼻につく臭いがあったら、劣化している可能性大。また、極端に変色していたり、カビが発生している場合は、使用を控えましょう。

瓶を丸ごと捨てるのはNG!

当然ですが、香水瓶は丸ごと捨てることはできません。瓶のガラス部分、フタなどのプラスチック部分、スプレー部分の金属類と、パーツごとに分別が必要なのはもちろんですが、中身が残っている場合は、まずは中身を出す作業が必要となります。香水にはアルコールや油分が含まれているため、中身を出さずにそのまま捨てるのはNGです。

まずは香水瓶を開ける

まずは香水瓶を開ける

Alena TS/Shutterstock.com

スプレータイプの香水瓶は、瓶とスプレーの接続部分がくっついているため、手でカンタンに外すことができません。そのため、道具を使って分解し、開けなくてはならないのですが、それほど難しい作業ではないので大丈夫。ただし、慣れない作業でケガをしないよう注意をしましょう。

<準備するもの>
●新聞紙
●ニッパー
●軍手

<香水瓶の開け方の手順>
1 床やテーブルに新聞紙を敷き、その上に香水瓶を乗せる。
2 香水瓶のフタを開ける。
3 香水瓶とスプレーの接続部分を、ニッパーで外す。
4 金具の部分を引き抜く。

香水と香水瓶は、わけて捨てる

香水と香水瓶は、わけて捨てる

Photographee.eu/Shutterstock.com

香水をそのまま流して捨てると、大惨事に!

ほんのわずかな量でも、強い香りを放つ香水。もしも、そのまま排水口に流してしまったら・・・。香りが部屋中に充満して、いくら換気をしても、しばらくは香りに悩まされ続ける事態に陥ります。また、香水はアルコールや油分なども含むため、適切な処理をしてから捨てる必要があります。

<準備するもの>
●新聞紙 or キッチンペーパー or 古布
●ビニール袋
●ゴム手袋

<香水の捨て方の手順>
1 窓を開け、換気をする。
2 ビニール袋の中に、新聞紙や古布などを入れ、そこに香水を流し込む。
3 しっかりと染み込ませたら、袋の口をギュッときつく結ぶ。
4 ビニール袋一枚では漏れてしまう可能性があるので、厚手のものを何枚か重ねて密閉する。

香水瓶はパーツごとに分類して捨てる

中身を出した後の瓶は、きちんと洗ってから捨てましょう。香水瓶はガラス(ワレモノ)、スプレー部分は金属、フタはプラスチックなど、パーツごとに分類し、住んでいる各自治体の分別方法に従って正しく廃棄しましょう。

香水・香水瓶は、おしゃれにアレンジできる

香水・香水瓶は、おしゃれにアレンジできる

Africa Studio/Shutterstock.com

たとえ使い切れず不要になってしまった香水や香水瓶でも、その香りの良さとデザイン性の高さで、アレンジがしやすいアイテムでもあります。とくに、思い出のある香水や、気に入ったデザインの香水瓶は、捨てずにおしゃれにアレンジしてみるのもおすすめです。

ディフューザー

通常はアロマオイルを用いますが、香水でももちろんOK。100円ショップなどで買えるウッドスティックを挿すだけで完成です。香水も香水瓶もそのまま使えるので、カンタンにできるのが嬉しいかぎり。

芳香剤

コットンやハンカチに少量を含ませて、部屋やトイレ、玄関などに置いておくだけ。市販の芳香剤とは違った、ワンランクオシャレな香りが楽しめます。

お風呂に入れる

ほんの数滴を浴槽に入れるだけで、浴室に香りが広がり、癒し効果のあるバスタイムを楽しめます。お湯を抜いた後は水でよく流し、しっかり換気を行いましょう。

拭き掃除に使う

拭き掃除をする際に、バケツの水に少量を垂らすだけ。拭いた場所からかすかに香水の香りがして、心地よい空間を作り出せます。

香水と香水瓶を捨てる作業は、少し手間がかかって面倒ですが、大人の女性としては知っておきたいマナーのひとつです。今後もいろいろな香水を楽しむためにも、この機会にぜひ身につけてみましょう。