ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
【柔軟剤の捨て方】原液やプラスチック容器の処分・廃棄方法、注意点、再利用方法!

【柔軟剤の捨て方】原液やプラスチック容器の処分・廃棄方法、注意点、再利用方法!

柔軟剤を排水溝などに、そのまま流して捨てると、化学物質が自然環境に悪影響を与える恐れがあります。また、家の排水管にも大きなダメージを与えてしまう可能性があります。ここでは、柔軟剤の捨て方や注意点、再利用方法について解説していきます。

  • 渡辺

柔軟剤の捨て方「捨て方」にルールあり!

柔軟剤の捨て方「捨て方」にルールあり!

贈り物として貰うことも多い柔軟剤ですが、香りや使い心地が好みではなかった場合、そのまま使わずに持て余し、捨て方もわからず困ってしまうことも・・・。

実は、危険な成分を含んでいることも多い柔軟剤は、捨てるにもルールが必要です。

柔軟剤の捨て方「捨て時」は?

柔軟剤の捨て方「捨て時」は?

柔軟剤に捨て時はあるのでしょうか?

柔軟剤などの洗濯剤には、法的に規制されている使用期限というものはありません。

しかし、洗剤の品質は、保管環境によって大きく左右されます。

そのため、未開封では3年、開封後では1年というのが、安全に使えるおよその目安だとされています。

意外に短いように思えますが、肌への影響を考えると、早めに使い切ることがベターです。

柔軟剤の捨て方!

柔軟剤の捨て方!

柔軟剤は、紙や布に染み込ませてから、燃えるゴミとして捨てるのが一般的です。

ただし、自治体によって処理方法が異なる場合もあるので、住んでいる各自治体の情報をチェックしてください。

柔軟剤の原液の捨て方

1.ビニール袋に、吸収性のよい新聞紙や古布をくしゃくしゃにして入れる

2.柔軟剤を流し込み、しっかりと染み込ませる

3.ビニール袋の空気を抜き、口をしっかり閉じて、燃えるゴミとして捨てる

柔軟剤「プラスチック容器」の捨て方

柔軟剤「プラスチック容器」の捨て方

柔軟剤の中身を全部出したあとのプラスチック容器は、各自治体の分別方法に従って処分します。

燃えるゴミや燃えないゴミとして回収している場合は、たとえラベルにリサイクルのマークが表示されていても、リサイクルの対象とはならないので気をつけましょう。

柔軟剤の捨て方 注意点①

柔軟剤の捨て方 注意点①

柔軟剤は、生活排水の一部となって排出されても、自然環境に大きな影響を及ぼすことがないように、さまざまな配慮がなされています。

しかし、柔軟剤を原液のまま流して捨てるのは、やはりNGです!

たとえ水で薄めても、通常の使用量とは異なるため、環境へのリスクが高まります。

また、液体洗剤の成分が、ときに排水管を傷めてしまう原因となったり、ほかの液体洗剤と混ざって有毒なガスを発生させる危険性があるため注意が必要です。

柔軟剤の捨て方 注意点②

混ぜるな、危険!

Elnur/Shutterstock.com

一部の液体洗剤のラベルにある“混ぜるな、危険”の表示には要注意です!

塩素系の洗剤と酸性の洗剤が混ざってしまうと、命にも関わるほどの有毒ガスが発生します。

絶対にまとめて捨てることはせず、別々の袋に入れて捨てることを厳守しましょう。

柔軟剤の捨て方「再利用」

柔軟剤の捨て方「再利用」

捨てるつもりだった柔軟剤を再利用してみましょう。

具体的には、柔軟剤入りの水で家電の拭き掃除をすると、静電気防止になってホコリも付きにくくなる効果があります。

また、柔軟剤特有の良い香りも楽しめます。

柔軟剤の捨て方のまとめ

柔軟剤の捨て方のまとめ

人によって好みが分かれたり、肌にあわなかったりなど、未使用のままになりやすい柔軟剤。

柔軟剤は、環境に影響を与える可能性があるため、取り扱いに注意し、正しい捨て方を知っておくことが大切です。

その他の液体製品の捨て方情報はこちら!