ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
鍋の種類を知れば、汚れはキレイに落ちる!
出典 : iamporpla/Shutterstock.com

鍋の種類を知れば、汚れはキレイに落ちる!

キレイに洗っているつもりでも、だんだんと汚れて黒ずんでくる鍋。毎日使うものだからこそ、いつもピカピカにしていたいですよね。じつは、鍋の汚れは、鍋の“種類”に適した方法で磨けば、とってもスムーズに落とせるって知っていますか?

  • 渡辺

鍋の種類によって違う、汚れの落とし方

鍋の種類によって違う、汚れの落とし方

KOHUKU/Shutterstock.com

汚れて焦げ付いた鍋は、なんだか生活に疲れているようで、見ていて気持ちのいいものではありません。また、見た目だけではなく、鍋の汚れは熱の伝導を悪くするばかりか、衛生面でも心配です。気持ちよく料理を楽しむためにも、鍋の汚れは溜めずにスッキリと落としましょう。

鍋を磨くといえば、スポンジでひたすらゴシゴシこするという、たいへんそうなイメージがありますが、それは間違い。むしろ、強くこすると鍋の表面を傷つけてしまい、かえって錆や劣化の原因となってしまうこともあるので、注意が必要です。

じつは、鍋は“種類”によって、お手入れの方法が異なります。「汚れや焦げ付きがうまく取れなくて、困っている・・・」という場合は、もしかしたら、鍋に合わせた磨き方ができていないのかもしれません。まずは、鍋の種類と磨き方をチェックしてみましょう。

ステンレス

丈夫で錆びにくいが、焦げやすい。焦げ落としには、重曹や酢、または天日干しがおすすめ。金属たわし不可。

アルミ

軽くて錆びにくいが、焦げやすい。焦げ落としには、酢、または天日干しがおすすめ。重曹、金属たわし不可。

ホーロー

臭いが付きにくく錆に強いが、衝撃に弱い。焦げ落としには、重曹、または天日干しがおすすめ。研磨性の高いクレンザー、金属たわし不可。

高温の熱に強く耐久性に優れるが、錆びやすい。焦げ落としには、熱めのお湯を使いたわしでのこすり洗いがおすすめ。洗剤、金属たわし不可。

熱伝導率が非常に高いが、変色しやすい。焦げ落としには、水を沸騰させるのがおすすめ。重曹、金属たわし不可。

土鍋

蓄熱性が高いが、衝撃に弱く、耐熱温度が低い。焦げ落としには、重曹や酢がおすすめ。洗剤でのつけ置き、研磨性の高いクレンザー、金属たわし不可。

重曹から天日干しまで・・・汚れ落としのコツ

重曹から天日干しまで・・・汚れ落としのコツ

iva/Shutterstock.com

鍋の種類によって向き不向きのある、汚れや焦げ付きの落とし方。ちょっと面倒なようですが、きちんと正しく磨くことで、最大限の効果が得られます。お気に入りの鍋を長く使い続けるためにも、汚れ落としのコツをしっかり押さえておきましょう。

重曹

鍋に、水1リットルに対して大さじ1の重曹を入れ、火にかけます。勢いよく泡立つので、噴きこぼれないよう注意。10分ほど煮立てたあと、お湯を捨て、まだ熱いうちに鍋をスポンジで磨くと効果的。やけどに注意!

鍋に、水1リットルに対して大さじ4~5の酢を入れ、火にかけます。10分ほど煮立てたあと、お湯を捨て、まだ熱いうちにスポンジで磨くと効果的。やけどに注意!

天日干し

すべての鍋に使える天日干しですが、時間がかかるので、じっくりと待つ気持ちが必要。焦げが日に当たるように鍋を天日干しにして、そのまま一週間ほど置きます。その後、焦げを割り箸や木ベラでこすると効果的。他の方法で落ちなかった焦げも、落ちる場合があります。

鍋の外側の汚れだって、キレイに落ちる

鍋の外側の汚れだって、キレイに落ちる

KOHUKU/Shutterstock.com

鍋の外側の汚れや焦げ付きも、もちろんキレイに磨くことができます。諦めていた黒ずみがスッキリ落ちてキレイになった鍋は、見ているだけで気持ちいいですよね! それだけで、毎日の料理がグンと楽しくなること請け合いです。

重曹水でつけ置き

重曹は、アルミと銅の鍋には使えないので要注意。その他の鍋には、重曹水が効果的です。

1 ひと回り大きな鍋に、水9:重曹1の割合で入れて、よくかき混ぜる。
2 そこに、焦げ付いた鍋を焦げが浸かるように浸して、火にかける。
3 沸騰したら、中火にして10~20分煮立たせる。
4 火を止め、半日ほど置いておく。
5 水でしっかりすすぎ洗いをして、完了。

小麦粉を使って落とす

小麦粉なら、アルミと銅の鍋にも安心して使えます。

1 小麦粉を容器に入れ、小麦粉3に対して水1の割合で混ぜて、ペースト状にする。
2 鍋の焦げに、ペーストを塗る。
3 ペーストがカラカラになるまで乾かす。
4 スポンジでこする。

普段のお手入れで、ピカピカをキープ!

普段のお手入れで、ピカピカをキープ!

Tobias1900/Shutterstock.com

鍋をキレイに保って長持ちさせるポイントは、なんといっても普段のお手入れにあります。使ったあとに、ほんのひと手間かけておけば、厄介な汚れや焦げ付きに悩まされることもなくなります。汚れの落とし方と同じく、お手入れの仕方も鍋の種類によって異なるため、ぜひ一度チェックしてみましょう。