ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約名人は、1週間単位で献立を考える!
出典 :   Photodiem/Shutterstock.com

節約名人は、1週間単位で献立を考える!

食費を節約するためには、1週間分の献立を決めて、まとめて買い物をするのがおすすめです。お金の節約にも、時間の節約にもなる「1週間の献立計画」を実践してみませんか?

  • terasaki

食費節約のために大切なこと

食費節約のために大切なこと

Andrey_Popov/Shutterstock.com

「とりあえず目についたものやお買い得品を買う」「冷蔵庫にあるものが把握できていない」「何かが足りなくて毎日買い物に行っている」。そんなことはありませんか? 計画も立てず毎日のようにスーパーに行っていたら、つい不要なものまで買ってしまい、その結果、食材を使い切れず廃棄処分なんてことにもなりかねません。

毎日お買い得品に手を伸ばしても、冷蔵庫にあるものとうまく組み合わせて料理をつくれなければ、使い切れずにかえって高くつくこともあります。食材を無駄にせず、賢く食費を節約するためにはあらかじめ大まかなメニューを考えた上で、計画的に買い物をするのが原則です。その際、1週間の食費の目標額を設定しておくことも忘れずに!

1週間分、食材まとめ買い

1週間分、食材まとめ買い

Billion Photos/Shutterstock.com

食費を抑えるためには、「何度も買い物に行かない」ことが大切です。買い物をしてから数日経つと食材が足りなくなることもありますが、そこはうまくあるもので工夫しながら、追加の買い物は1回程度に抑え、1週間で冷蔵庫の生鮮食品を使い切るのが理想です。

献立を立てる

献立を立ててから買い物に行く人と、買ってから献立を考える人に分かれると思いますが、まとめ買いをする時は、ざっくりとでもいいのでメイン料理くらいは決めておくと、何を買えば他のメニューにも応用できるかイメージしやすくなります。また、冷蔵庫の中身をしっかり把握して、なくなりそうな調味料類はマメにチェックするようにしましょう。

特売日を狙う

まとめ買いする場合は、せっかくなら特売日やポイントが高くつく日を狙って行くと節約になります。

買い物後の下処理

1週間分の食材を購入したら、上手に保存する必要があります。肉や魚はパックから出してペーパータオルでドリップをしっかり拭き取りましょう。そのまま焼くもの以外は、適当な大きさにカットして、調味液につけこむなどして保存袋に入れておけば日々の調理がグンと楽になります。野菜は袋から出し、足が早い葉物類は優先的に使い、後半で使用したい場合には、下ゆでして冷凍しておくと便利です。

あらかじめ下処理をして冷凍しておくと、予定が変わって急に外食をすることになっても、食材がダメになるのを避けることができます。

献立のたて方

献立のたて方

ponsulak/Shutterstock.com

買ってきたものを見ながら、再度1週間分の献立を検討しましょう。その時は副菜や汁物の内容も決めておくと毎日の献立に悩む時間を節約できます。理想は一汁三菜ですが、忙しい日には汁物にたくさん野菜を使えば、一菜や二菜になる日があっても良いのではないでしょうか。

メニューが思いつかないという人は、料理のレシピサイトやアプリを利用する方法もあります。献立も決められ、必要な材料の買い物リストまで出てくるアプリもあるのでぜひ活用してみましょう。

作り置きおかずも活用しよう

作り置きおかずも活用しよう

Linda Bestwick/Shutterstock.com

1週間の献立を考える時、作り置きできるおかずを数品入れておくのもおすすめです。忙しい時に副菜があれば、できあいの惣菜を買って帰る手間と出費を防げるうえ、煮炊きした方が長持ちする食材もあるので、食べる前に食材をダメにすることもありません。なお、おかずを作り置きする時はいくつかの点に注意しましょう。

調味料は濃いめ

味つけは濃いめで、酢、生姜、カレー粉など殺菌効果のある調味料を積極的に利用すると長持ちします。

水分は厳禁

容器に水分を残さないことはもちろん、熱いうちに蓋をすると容器内に水滴ができ、傷みやすくなります。作り置きする場合、水分は厳禁です。

火はしっかり通す

生焼けは菌が繁殖しやすいため、しっかり火を通すこと。調理後はなるべく早く冷めるよう、工夫すると長くおいしく食べることができます。

1週間分の献立を考え、まとめ買いする方法は、栄養のバランスも取りやすいため、おすすめです。この方法なら、食材も時間も無駄にせず、無理なく節約を続けることができるのではないでしょうか。