ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約レシピは、お財布にも体にもやさしい。今日から私も節約上手! 
出典 :  Sea Wave/Shutterstock.com

節約レシピは、お財布にも体にもやさしい。今日から私も節約上手! 

ヘルシーなものが多い節約レシピを実践したら、いつの間にか体調もいいみたい。財布にも体にもやさしい節約レシピを続けて、健康を維持するとともに、節約上手になれればいいですね!

  • terasaki

節約レシピとは・・・

節約レシピとは・・・

sheff/Shutterstock.com

家計を見直した時、真っ先に減らそうと考えるのが食費ではないでしょうか? 食費を節約しながら、おいしいものは健康的に食べたいという思いを形にしたのが節約レシピです。節約食材の代表的な存在といえば、鶏胸肉や豆腐ですが、これらは価格が安定していて安いだけでなく、ヘルシーで栄養満点! こうした節約食材を使ってレシピを考え、節約料理を実践してみませんか? 健康面だけでなく、ダイエットにも効果があるかもしれませんよ。

節約レシピに欠かせない食材

節約レシピに欠かせない食材

naito29/Shutterstock.com

節約といっても、肉や魚などタンパク質の摂取は欠かせません。肉類では鶏胸肉、豚こま肉は安定して低価格で、レシピも多くあります。魚は季節によって値段が変わるので、高い時には缶詰を利用する方法もあります。肉や魚以外では、豆腐や納豆、おから、高野豆腐といった大豆食品も低価格で高栄養のタンパク源です。

そして、節約レシピに欠かせない食材として忘れてはならないのが完全栄養食の卵です。

そのほか、天候に左右されない、もやしやキノコ類は他の野菜が高騰している時に強い味方になってくれます。価格の変動はあるもの、日々の食卓に欠かせない人参、じゃがいも、玉ねぎは、保存もできるので安い時にまとめ買いしておくと便利です。

節約レシピは体にやさしい

節約レシピは体にやさしい

Yuriy Maksymiv/Shutterstock.com

節約に欠かせない食材の多くは、安いだけでなく、栄養面でも優れた食品が多いのが特徴です。

鶏胸肉

鶏胸肉は「イミダペプチド」という栄養素があり、疲労回復に大きな効果があります(※1)。低カロリー、高タンパクなので、カロリーを気にしている人にも最適です。

大豆製品

豆腐をはじめ、大豆製品は機能性食品としても知られています。全豆連によると動脈硬化、脂肪肝、脳の老化、成人病の予防にもなり、女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンも含まれているとしています。

卵はすべての栄養素が含まれている完全栄養食品といわれており、低価格だけに積極的に使いたい食材です。

もやし

50円を切ることが多いもやしですが、じつは、栄養も豊富です。カルシウム、カリウム、葉酸、ビタミンなどのほかに、発芽しながら新たな栄養素を生成するおもしろい性質を持っています(※2)。

キノコ類

脂質はゼロに等しいヘルシー食材ながら、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富です。免疫力を高める効果もあり(※3)、美容と健康に優れた食材です。

※1:YOMIURIONLINEヨミドクターより
※2:もやし生産者協会サイトより
※3:きのこ総合研究所サイトより

節約料理を楽しく続けるために

節約料理を楽しく続けるために

Sea Wave/Shutterstock.com

節約料理を続けるためには、レパートリーがたくさんなければ、ワンパターンになって飽きてしまいます。1つの食材で煮る、蒸す、焼く、揚げる、など数種類ずつ多数のレシピを持っていると、同じ食材が週に何度か登場しても飽きることはありません。また、1つの素材で、中華、洋食、和食、エスニックと調味料に変化をつけたり、食材の組み合わせを変えたりすれば、違ったメニューとして新鮮に楽しむことができます。

また、せっかく低価格で購入しても食材を傷めてしまっては元も子もありません。日持ちしにくいものは常備菜として早めに調理して保存しておけば、時間がない時にとっても便利です。


ここで紹介した「節約食材」は、節約時の助けになるだけでなく、必要な栄養素を摂取しやすく、過剰なカロリーや脂質を抑えてくれる優秀食材です。積極的に活用して、財布にも体にもいい影響を与えられるとうれしいですね。