ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約グッズで楽しみながら、賢く節約!
出典 :  Art_Photo /Shutterstock.com

節約グッズで楽しみながら、賢く節約!

一口に節約といっても、我慢を前提にしている節約ではストレスがたまります。節約グッズを使えば、楽しんでいるうちに少しずつ節約になり、気がついたら光熱費や日常経費に差がつくかもしれません。楽して節約生活、始めてみませんか?

  • terasaki

節約グッズとは?

節約グッズとは?

Ozgur Coskun/Shutterstock.com

節約といえば、外食を我慢して、食費は減らして、など「我慢」という言葉がちらつきますが、それでは苦痛ばかりで、長期的に続けるのは難しいもの。継続的に節約しようと思ったら、節約グッズを使って楽しみながら節約する方法がおすすめです。節約グッズを使えば特別に我慢することなく、自然と節約につながるのが利点!

市販されている節約グッズには、光熱費節約に関するものが多くあります。日々の電気代、ガス代、水道代の節約は微々たるものですが、積算すると月、年単位でみれば、大きな差が出ます。

どんな節約グッズがあるの?

電気をすべてLEDに変える、節電タップで待機電力をカットするのはもちろん、風呂の残り湯を洗濯に使うためのグッズ、冷蔵庫の冷気を逃さないカーテンなど、節約グッズを利用してすでに節約を実行しているという人も多いと思いますが、ここではユニークな変わり種グッズを紹介します。

ワットチェッカー

電源コードとコンセントの間に入れて使用すると、使った電気代が表示されます。節電効果はありませんが、電気代がはっきり目で見えるので、ゲーム感覚で楽しみながら、つい節電してしまいます。

風呂用皮脂とり

動物の形やゆるキャラをはじめ、ユニークな形状が特徴の浴槽掃除グッズです。浴槽に浮かべると皮脂などの汚れを取り除いてくれるので、家族が多い家でもお湯を入れ替えることなく最後までキレイなお風呂に入ることができます。

湯たんぽ

冬場お湯を入れて暖をとる湯たんぽは、ぬいぐるみ型など、最近ではキュートで癒されるものがたくさんそろっています。夏は冷たいぬいぐるみ型抱き枕もあり、いずれも節電効果と遊び心を兼ねそなえた節約グッズです。

こうしたグッズを使えば、節約を意識することなく気がついたら節約につながっているかもしれませんね。

ポイントカード、会員カードで節約

ポイントカード、会員カードで節約

Daniel Krason/Shutterstock.com

節約グッズを使うほかに、普段の生活の中で自然に節約できる方法があります。それが、もうすっかり定着したポイントカードです。それぞれの店が発行しているポイントカードや会員カードを上手に利用すれば節約になります。しかし、多くの店でそれぞれのポイントカードを作ると、持ち歩くのがたいへんな上、ポイントも分散してしまい、なかなかたまりません。そのため、カードの選別が必要です。

最近は複数の店で使用できるタイプのポイントカードが増えているので、自分がよく利用する店舗で使えるカードを探してみましょう。ほかにも、各携帯電話会社ではポイントがつくカードを発行しています。携帯電話会社のカードは毎月必ず支払いがあるため、確実にポイントがたまることもあって、持っている人も多いようです。

どの程度の節約になる?

どの程度の節約になる?

metamorworks/Shutterstock.com

節約グッズやポイントカードを使えば、年間どれくらい節約できるのでしょうか?

節約グッズ

リビングの照明をLEDライトに変えた場合、年間で8,400円の節約になります。冷蔵庫カーテンを使用して、設定を強から中にした場合、年間1,598円の節約になります。(※1)
※1:エネチェンジ 電気とガスのかんたん比較ホームページより

ポイントカード

カードによって還元率が違います。たとえば、加盟店が多く、いろいろな店で使えるTポイントカードは、還元率0,5%です。けっして、高くはありませんが、20,000円使えば100円分のポイントがたまります。ドコモユーザー以外も使用できるdカードは、JALや高島屋でもためられて還元率1%。20,000円で200円分になります。


節約グッズやポイントカードを使っても、一つひとつの節約額はたいしたことがないかもしれません。でも、年間で考えてみると、意外と節約できていることに気がつくはず。我慢することなく節約できる節約グッズを利用して、賢い節約生活を送ってみませんか?