ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
増えすぎたボールペン、捨て方は? リサイクルできる? 
出典 :  TippaPatt/Shutterstock.com

増えすぎたボールペン、捨て方は? リサイクルできる? 

どこの家にもあるボールペン。多くの家で家中のボールペンを集めてみたら、驚くほどの本数があるかもしれません。不要なボールペンを整理するだけで、すっきり部屋まで片付くなら、この機会にボールペンの捨て方を考えてみませんか?

  • terasaki

ボールペンを整理しよう

ボールペンを整理しよう

Stock Design/Shutterstock.com

あちこちにあるはずなのに、いざメモしたい時には手元にない。ペン立てにいっぱい立っているのに、書きやすいものがない。そんなことはありませんか? 景品や付録などでもらうことの多いボールペンは、気がついたら本数ばかりが増え、実際に使っているのはほんの一部で、スペースだけ占領しているということが起こりがちです。

まずは部屋中に潜んでいるボールペンを一カ所に集めてみましょう。インクが出ないものはもちろん、使い勝手が悪いものや、デザインが嫌いなものに出番はないはずです。まとめて処分して、本当に必要な数本だけをいつでも目につきやすい場所においておくとすっきり片付き、必要な時はすぐに取り出せる、使い勝手の良い環境になるはずです。

ボールペンの捨て方は?

ボールペンの捨て方は?

HelloRF Zcool/Shutterstock.com

処分するボールペンが決まったら、早速捨てたいところですが、いろいろな素材からなるボールペンは何ゴミになるのでしょうか?

素材を確かめる

ボールペンといっても、その素材はさまざまです。安価なものだとプラスチックや樹脂製のものが大半を占めますが、木製のものや金属製のものもあるので、まずはボールペンの素材を確かめるところから始めましょう。

地域によって異なる

また、地域によってゴミの指定が異なります。ボールペンに関しては、東京の練馬区や世田谷区をはじめ多くの地域では、可燃ゴミ、金属製のものは不燃ゴミと指定されていますが、埼玉の所沢市では破砕ゴミ、新座市では、分解して金具を除いて資源プラスチックと細かい指定もあります。住んでいる地域のホームページで確認してから破棄する方がいいでしょう。また、ボールペンの分別を推奨している地域もあるので、そこも合わせて確認しておくといいですね。

大量に処分する時は?

大量に処分する時は?

Lipik Stock Media/Shutterstock.com

長年ためこんだボールペンを整理するとなると、処分するボールペンの本数が莫大な数になるかもしれません。そんな場合は、ボールペンの先がゴミ袋を突き破ってしまうこともあります。ボールペンの先に数本単位でガムテープを貼る、まとめて新聞紙で包んでしまってから捨てるなどの方法をとるとゴミ袋を破くこともありません。

ボールペンのリサイクル法

ボールペンのリサイクル法

photo one/Shutterstock.com

ボールペンを整理して、部屋がキレイになるのは大歓迎ですが、まだ使えるボールペンまで処分するのは気が引けます。そんな時は、文房具を発展途上国へ寄付する団体が複数あるので、処分方法の一つして検討してもいいかもしれません。寄付する際は、使えるか判断に迷うような使い古しではなく、景品でもらった安価なものでも構わないので、新品を寄付するようにしましょう。

また、書きやすくて気に入っていたのにインクがなくなったボールペンは、芯を替えれば再利用できます。最近は安価なボールペンでも替え芯が用意されているものが多いので、ゴミ削減のためにも長く使うよう心がけたいものですね。

一方、インクは入っているのに、書けないボールペンはペンの先端にあるボールの部分が汚れていることがよくあります。ティッシュの上で転がしていると汚れが落ち、再びインクが出ることもあるので捨てる前に一度試してみることをおすすめします。

毎日のように使うボールペン。手にとったボールペンが書けないのは小さなストレスです。きちんと整理して、スマートにボールペンを利用しましょう!