ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約中こそ、朝ごはんを食べよう。時短レシピ&おすすめ食材集
出典 : Chutima Chaochaiya/Shutterstock.com

節約中こそ、朝ごはんを食べよう。時短レシピ&おすすめ食材集

節約中だからこそ、体調は万全に整えておきたいもの。そのために欠かせないのが、質のよい朝ごはんです。今回は、忙しい朝にもカンタンに作れるレシピや、おすすめの食材をご紹介。快適な1日のスタートに、ぜひ役立ててください。

  • kawase

朝ごはんは、元気のみなもと

朝ごはんは、元気のみなもと

ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com

朝ごはんを食べるメリット

多くの家庭にとって、朝はとても忙しい時間帯です。少しでも長く寝ていたくて、朝食を抜いた経験のある人も少なくないでしょう。
また、節約中であれば、「朝ごはんを抜けば食費が浮く」という考えも頭をよぎるかも知れません。

一方、厚生労働省や農林水産省といった行政機関は、朝食をしっかり食べることを推奨しています。
朝ごはんを食べると、どんな良いことがあるのでしょうか。文部科学省の「子どもの生活リズム向上ハンドブック」(注1)を参考に、朝ごはんが心身に与えるメリットを見てみましょう。

●エネルギーを補給する
●消化器官が動き、体温が上がる
●スムーズなお通じを促す

空腹状態が長時間続くと、体がエネルギー欠乏状態に陥り、疲労感やイライラ・集中力の低下などを引き起こす可能性があります。朝ごはんを食べて栄養を補給すれば、お昼まで元気に活動することができますね。
また、人の体温は、寝ている間に下がり、活動中は上がるようにできています。朝食をとることで体がシャキッと目覚め、より活発に過ごせるようになるでしょう。
さらに、胃腸を刺激することで便秘を予防する効果も。朝ごはんは、心身の健康にとって良いことずくめであることが分かります。

(注1) 家庭で・地域で・学校でみんなで早寝早起き朝ごはん-子どもの生活リズム向上ハンドブック-第3章「生活リズムの確立と朝食」

節約朝ごはんにおすすめの食材

節約朝ごはんにおすすめの食材

kazoka/Shutterstock.com

納豆

3パック100円以下で購入できる納豆には、ミネラル・食物繊維がバランスよく含まれています。
また、肌を健やかに保つ効果があるといわれるビタミンB群を摂取できる点もポイント。調理の手間いらずで食べられるうえ、美容にも一役買ってくれる食材です。

節約の強い味方である卵には、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。脳の働きを活性化するという栄養素・コリンも含まれているので、大事な予定がある日の朝食にも最適です。

鶏むね肉

鶏むね肉には、イミダペプチドという成分が含まれています。医学博士の梶本修身氏さんによれば(注2)、イミダペプチドを摂取し続けることで疲れにくくなる効果が得られるとのこと。
肉類の中でも手頃な価格で購入できるうえ、脂肪分が少なく、ヘルシーに食べられる点もうれしいところです。

(注2)Japan Business Press 疲労研究者に聞く「食と抗疲労」(後編)より

朝ごはんの時短アイデア

朝ごはんの時短アイデア

Aleksandar Todorovic/Shutterstock.com

夕食を多めに作り、朝食にまわす

忙しい朝に手早く食事の用意を済ませるには、「夕食を多めに作って取り分けておき、そのまま朝食にまわす」という方法が便利です。とくに、野菜もたんぱく質も両方取れる煮物や汁物をたっぷり作っておくと重宝します。

ただし、保存方法には注意してください。作った料理は、完全に冷ましてから冷蔵庫で保存するよう徹底しましょう。
中でも、夕食の定番メニューであるカレーは食中毒の原因となりやすいため注意が必要。粗熱を取った後はすみやかに小分けにし、菌が活動できない冷凍庫で保存するのが理想です。

作り置きを活用する

前日と同じメニューでは味気ないと感じる場合は、「朝食専用のおかずを作り置きする」という手もあります。サッと食卓に出せるよう、冷えた状態でもおいしく食べられるものを中心に作っておくと◎。
たとえば、ほうれん草のおひたしやにんじんのマリネ、さつまいもの甘煮といったメニューがおすすめです。この3つに目玉焼きとご飯をつければ、それだけで栄養バランスのとれた朝食が完成します。

お金も時間も節約しよう! 節約食材を使った朝ごはんのレシピ

お金も時間も節約しよう! 節約食材を使った朝ごはんのレシピ

忙しい朝にも手軽に作れて、体にもお財布にもやさしいスープのレシピをご紹介します。そのまま食べるのはもちろん、そうめんやうどんのスープとして活用しても。

材料(2~4人分)

●鶏むね肉(薄く削いでから細切りにする)・・・100g程度
●すりおろししょうが・すりおろしにんにく・・・少々(チューブのものを利用する場合、各1cm程度)
●もやし・・・半袋
●水・・・500ml
●かつおだし(粉末)・・・小さじ1
●醤油・・・大さじ1
●酒・・・大さじ1
●豆乳・・・100ml
●ごま油・・・少々

作り方

1 鍋にごま油を熱し、しょうがとにんにく、鶏むね肉を加えて炒めます。油がはねやすいので注意してください。
2 肉の色が変わったら、水と粉末だし、醤油、酒を加えて沸騰させます。
3 洗ったもやしを加え、さっと煮ます。煮すぎるとシャキシャキとした食感が損なわれるので、1分程度でOK。
4 豆乳を加えて完成です。あれば、細ねぎの小口切りなどを乗せるとより彩りよく仕上がります。

かつおだしに醤油と豆乳を合わせることで、少しエスニックで新鮮な味わいを楽しめます。写真のように、ほうれん草や卵などの具材を加えて、栄養価をアップさせても良いですね。
なお、豆乳は沸騰させると分離してしまいます。豆乳を加えた後は、弱火で少し温める程度に留めましょう。

心身の健康にとって、良いことずくめの朝ごはん。そして、健康であるということは、病院や薬のためにお金を使わなくて済むということです。
節約中こそ朝ごはんを食べて、1日を乗り切るための元気をチャージしましょう。