ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
財布を管理して、貯蓄体質になろう!
出典 :  A_stockphoto/Shutterstock.com

財布を管理して、貯蓄体質になろう!

「ムダ遣いしているつもりもないのに、なぜかお金がたまらない」、そんな人は、まず財布の管理から見直してみませんか? レシートでパンパンになった財布では貯蓄はできません。改めて財布の管理法を考えてみましょう。

  • terasaki

貯まらない財布の特徴

貯まらない財布の特徴

TaraPatta/Shutterstock.com

「長財布はお金が貯まる」「長財布はよくない」「派手な色の財布はお金がたまらない」など、まことしやかに財布の外観とお金の因果関係の説が流れていますが、貯蓄を増やすことには、財布の形態は何の関係もなく、中身がいかに管理されているかということに尽きます。

財布にはお金に対する意識が現れるといわれます。レシートであふれた財布、カードがいっぱいで使いたいカードが探せない財布、お札がぐちゃぐちゃに曲がっている財布、関係のないものまで入っている財布など、こんな財布では、確かにお金に意識が向きづらくなりそうです。

無駄なものがいっぱい詰まった財布や雑に扱われている財布を持っていること自体が、お金が貯まらない原因なのではないでしょう。

財布の管理は、貯蓄の基本です

財布の管理は、貯蓄の基本です

Olleg/Shutterstock.com

お金が貯まらない状況から抜け出すためにも、今日からでも財布の管理を始めてみましょう。

レシートを整理する

レシート類は毎日その日のうちに整理して、必要なものは別に管理し、不必要なものは処分しておきます。必要のないレシートは最初から処分するなど財布に入れないように気をつけることが大切です。

クレジットカードの枚数を限定する

クレジットカードを勧められるまま何枚も作り、財布にたくさん入っている人も要注意。クレジットカードは1〜2枚にとどめておかなければ、カードの利点でもあるポイントがたまりにくく、年会費を知らずに支払っていたり、知らないうちに紛失してしまうということも起こりがちです。使わないカードはまとめて解約してしまうとスッキリします。

ポイントカードを厳選する

たくさんの店で発行されるポイントカードを財布に入れていたら膨らみすぎて、必要な時に取り出せないことも。ポイントがあきらかにたまっているもの以外、思い切って処分しても差し支えないはず。また、ポイントカードや会員証を携帯のアプリ内に登録できるカードも増えています。積極的に利用して、財布の中身をスリムにしましょう。

財布がスッキリ見やすくなったら、現金がいくら入っているのか、一目でわかるようになります。

だれでもできる財布の管理法

だれでもできる財布の管理法

SOUTHERNTraveler/Shutterstock.com

財布の中身を整理したら、今度は現金の管理です。まずは1ヵ月の収入の中から貯金する分と固定費を除いた後、1ヵ月を5週と考え、残りのお金を5等分し、そのうち1週間分を週の初めに財布に入れます。その際、お札の種類をまとめ、一目で残額がどれくらいかわかるようにしておきます。

財布を管理するためには、予算内でやりくりできるよう、毎日残額がどれくらいあるか意識することが大切です。突発的な出来事でお金が足りなくなった時は、貯金ではなく、翌週分から借りて、その分、翌週は節約するなど、1ヵ月のトータルで収支が合うようにしておきましょう。

財布は1週間ごとにリセットしよう

財布は1週間ごとにリセットしよう

iSine/Shutterstock.com

週の終わりには、改めて財布の中身を確認しましょう。現金が余れば翌週に繰り越し、足りなくなった時は何に使いすぎたか、その週のうちに振り返ることで、自分の浪費のクセ、改善点がわかります。わざわざ家計簿をつけなくても1週間単位なら使い過ぎの原因がわかり、すぐに反省でき、翌週の予算で埋め合わせることもできます。

クレジットカードもポイントカードも、週の終わりに何に使ったか把握し、使い過ぎやポイントの失効を防ぎましょう。

お金を上手に回していくためには、財布の管理は欠かせません。貯金をしたいと思っていたら、まずはパンパンに膨らんだ財布から見直してみてもいいのではないでしょうか?