ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
エアコンフィルタを掃除して、清潔・節約エアコン生活
出典 :  photopixel/Shutterstock.com

エアコンフィルタを掃除して、清潔・節約エアコン生活

エアコンが欠かせなかったこの夏。フル稼働したエアコンのフィルタには、ほこりがぎっしり詰まっています。電気代の面でも、衛生面でもフィルタ掃除は急務です!

  • terasaki

エアコンフィルタを掃除しないとどうなる?

エアコンフィルタを掃除しないとどうなる?

Platoo Stock Photography/Shutterstock.com

繁忙期を乗り越えたエアコンのフィルタには、ほこりがぎっしり詰まっています。見るだけでも体に悪そうですが、本来フィルタはどんな働きをして、ほこりが詰まっていると、どんな影響があるか知っていますか?

エアコンの仕組み

エアコンは、冷たい空気をはき出して部屋の温度を下げるのではなく、室内の空気中の熱だけを吸い込み、熱を除いた空気を再び外にはき出すことで部屋を涼しくしています。

フィルタの役割

エアコンが部屋の空気中の熱を吸い込む時、空気と一緒にエアコン内部にほこりが入らないようにする、網のような役割をするのがフィルタです。

フィルタの汚れを放置しておくと・・・

フィルタが汚れていると、目詰まりを起こし空気を吸い込むのにたくさんの電気を使い、電気代が余計にかかります。また、異常音が出るのもほこりが原因の場合が多いようです。しかし、本当に問題なのは、水分がたまりがちなエアコン内部に、ほこりが付着するといっそうカビが発生しやすい環境になること。電気代の面からも、衛生面からもフィルタの汚れはNGです。

フィルタ掃除の頻度

フィルタ掃除の頻度

ThamKC/Shutterstock.com

フィルタを取り外す前に掃除機で外側からほこりを吸い取り、部屋にほこりが落ちないようにしておきます。フィルタを外したら、もう一度外側から掃除機をかけます。その後、内側からシャワーなどでやさしく汚れをとり、しっかり乾燥させたら掃除終了です。

しばらく掃除をしていない、汚れがひどい、という時は、水洗いの際、台所用の中性洗剤を薄め、スポンジなどで汚れを落としながら洗います。この時も内側から洗わないと目詰まりしてしまいます。フィルタはとてもやわらかいため、力を入れずにそっと洗うようにして変形を防ぎましょう。花粉が気になる季節は、目に見えない花粉まで除去してくれるフィルタ専用のクリーナーも市販されているので、花粉症の人は使ってみるのもいいかもしれません。

また、フィルタを掃除したら、ついでに吹き出し口とルーターもふいておきましょう。吹き出し口が汚れていると、その汚れを部屋中に拡散させることになるので、フィルタ同様掃除が必要です。

エアコンを快適に使うためにしておきたいこと

エアコンを快適に使うためにしておきたいこと

Sukpaiboonwat/Shutterstock.com

フィルタの掃除や吹き出し口、ルーパーの掃除はカンタンな上に、快適にエアコンを使用するためには欠かせない作業です。ただ、内部に関しては、こまめな掃除は必要ありませんが、2~3年に1度はきれいにしておくとエアコンが長持ちします。ただし、自分で行うと故障の原因になるため、プロの手で徹底洗浄してもらいましょう。

毎年のように猛暑が続く日本では、エアコンは絶対に欠かせない家電といっても過言ではありません。いつまでも清潔・快適に使い続け、なおかつ節電のためにもエアコン掃除は欠かさないようにしたいものですね。