ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
夫婦の収入、どうやったら上手に貯蓄できるの?
出典 :  Photographee.eu/Shutterstock.com

夫婦の収入、どうやったら上手に貯蓄できるの?

共働きの場合、夫婦の収入をお互いオープンにしていない家庭は意外と多いものです。しかし、そのような状況を続けているといつまでも貯蓄はできません。夫婦の収入をオープンにして、一緒に貯蓄できる方法を考えてみましょう。

  • terasaki

夫婦でお金について話し合おう

夫婦でお金について話し合おう

Productions//www.shutterstock.com

共働きをしながら2人で家計を支える夫婦が年々増えています。その割合は全体の半数以上! しかし、貯蓄額は一向に増えない家庭も多いようです。なぜかというと、共働きは、働くことで逆に支出が増え、忙しいことで家計管理がおろそかになり、さらには生活水準が上がって贅沢をしてしまうなど、理由はさまざまですが、夫婦の間に「貯蓄」という共通認識がないことが一番の理由のようです。

何かと苦労の多い共働きです。一方が働けなくなった時のためにも、貯蓄はしておくに越したことはありません。そのためにも、まずは、夫婦間でライフプランについて話し合う必要があります。子どものこと、住まいのこと、老後のこと、夢や目標のことなど、その夫婦の年齢や結婚歴によって内容は異なりますが、どの世代でも、今後生きていく過程の中で段階別にどれくらいの貯蓄が必要か、そのためには毎月いくら貯蓄にまわすべきかなどをしっかり話し合い、共通の認識事項にすることが貯蓄への第一歩です。

必要なのは収入についての情報開示

必要なのは収入についての情報開示

Syda ProductionsShutterstock.com

共働き家庭では、お金の管理の方法が家庭により異なっており、代表的な管理方法は次のようになっています。

収入合算

2人の収入を合算し、どちらかが家計管理をするケース。互いに小遣い制というのが一般的

割り勘管理

お互いに生活費を分担し、残りは自由に使うケースが一般的

一方の収入のみで生活

一方の収入で生活し、一方の収入は小遣い、もしくは貯蓄にまわすケースが多い

共働きの場合、意外と多いのが互いの収入を知らないというケース。そうした家庭では、「相手は当然貯金しているだろう」「いざとなったら相手に負担してもらおう」と思っていることが多く、いざお金が必要になった時、2人とも持っていなかったということが起こりがちです。

生活費以外は自由に使うにしても、お互いに収入を開示して、将来的に必要になる額を算出し、貯蓄の目標額を決めた後は、削るべきところを話し合い、それぞれ自分の収入から決められた金額を貯蓄へまわすなど、共働きならではの強みを活かせば、がっちり貯められるはずです。

具体的な貯蓄方法

具体的な貯蓄方法

BABYFRUITY/Shutterstock.com

夫婦で貯蓄するためには2つの口座を作る方法がおすすめです。家計のスタイルは、収入を合算しても、割り勘家計のままでも構いません。1つの口座には家賃や食費の生活費を、もう1つの口座には貯蓄金を、給料が出たらすぐそれぞれ決められた額を入金します。貯蓄用の口座には、長く続けるためにも無理のない金額を確実に入金し、夫婦間でいくら貯蓄があるのかをいつでも見える状態にしておくのがポイントです。

夫婦だからできる資産の活用法

夫婦だからできる資産の活用法

Syda Productions/Shutterstock.com

ある程度お金が貯まったら、資産運用を検討してもいいかもしれません。マイホームや車を手に入れたり、中期および長期的に金融商品に投資したりと、資産を活用できるのも共働き夫婦だからできることです。

ただし、まとまった金額を投資などにまわす場合は、最低でも2~3カ月分の生活費を用意し、いつでも引き出せるようにしておくことが大切です。中期投資や長期投資は、途中で現金が必要になったと短期間で解約してしまうと、大きく元本割れしてしまうことが多いため、当分使う予定のないお金を活用するのが基本です。

夫婦で収入があるというのは、いろいろな可能性があるということ。共働きの利を活かすためにも、しっかり話し合って、賢く貯めれば、必ず将来の備えになります。結婚したら、キリギリスよりアリをお手本にしたいものですね。