ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
知らなきゃ損! とことん節約できる裏ワザ5選!
出典 : Aaron Amat /Shutterstock.com

知らなきゃ損! とことん節約できる裏ワザ5選!

とことん節約したいなら、これから紹介する5つの裏ワザを使わないなんてもったいない!節約生活に効果バツグンの裏ワザを徹底的に駆使して、今日からますます賢い暮らしを始めましょう!

  • 奥平 望

節約裏ワザ1 電気料金を節約したいなら「よく利用する時間帯に安い単価が設定されている電気料金プランを選ぶ」

節約裏ワザ1 電気料金を節約したいなら「よく利用する時間帯に安い単価が設定されている電気料金プランを選ぶ」

zhang kan /Shutterstock.com

簡単に電気料金を節約できる裏ワザは、普段よく電気を使う時間帯に安い単価が設定されている電気料金プランを選ぶことです。

「電気代は夜の方が安い」と耳にしたことはありませんか? これは、夜の時間帯に単価が安くなる電気料金プランを契約しているからです。

一般の家庭の契約プランの多くは「従量電灯」となっていますが、このプランでは時間帯によって電気料金が変わることはありません。つまり、夜間だからといって電気代が安くなるということはないのです。

時間帯によって料金が変わるプランは、各電力会社によってプラン名に違いはありますが「時間帯電灯」というものになります。自身のライフスタイルに合わせて、電気料金プランを見直してみましょう。

節約裏ワザ2 ガス代を節約したいなら「大きめの鍋を使う」

節約裏ワザ2 ガス代を節約したいなら「大きめの鍋を使う」

lenetstan /Shutterstock.com

少ない量のおかずを作る時や、お湯を沸かす時に小さな鍋を使っている人も多いでしょう。しかし、ガス代を節約するには大きめの鍋を使った方がいいのです。

なぜ大きめの鍋の使用がガス代の節約になるかというと、大きめの鍋は火をしっかりとらえるため、熱の伝導率がよくなるからです。できれば深めの鍋より、平たい鍋を使うことでさらに熱の無駄をなくし、ガス代の節約になります。

つまり、小さめの鍋で料理する時も、火が鍋底からはみ出ない程度に抑えることで無駄を減らすことができます。小さめの鍋を使う時は、強火ではなく中火にすることでとことんガス代を節約しましょう。

節約裏ワザ3 ガス代を節約したいなら「お風呂のお湯の温度を下げる」

節約裏ワザ3 ガス代を節約したいなら「お風呂のお湯の温度を下げる」

Evgeny Atamanenko /Shutterstock.com

お風呂のお湯の温度を下げるだけで、ガス代が節約できると知っていますか? 熱めのお湯を張って水を足して冷ましていた人は、温度設定を低くしてガス代を節約しましょう。

設定温度を高くすると、その分多くのガスを消費します。これは、夏より水が冷たい冬の方がガス代がかかることからもわかりますよね。

温度をたった1度変えるだけでも節約効果が見込めますので、ぜひ意識してみてください。

節約裏ワザ4 水道代を節約したいなら「洗濯機容量の8割がベスト」

節約裏ワザ4 水道代を節約したいなら「洗濯機容量の8割がベスト」

Evgeny Atamanenko /Shutterstock.com

水道代を節約するには、洗濯する時に入れる洗濯物の量を調節することがポイントになります。洗濯機に対して、洗濯物を8割程度の量までに抑えるように心掛けましょう。

洗濯物を入れ過ぎると、汚れ落ちが悪くなったり、電気代が無駄にかかってしまうことも…。一気に洗濯してしまいたい気持ちはわかりますが、洗濯物の入れ過ぎはやめておきましょう。

節約裏ワザ5 ガソリンを節約したいなら「無駄な加速はしない」

節約裏ワザ5 ガソリンを節約したいなら「無駄な加速はしない」

g-stockstudio /Shutterstock.com

ガソリン代を節約するには、無駄な加速、とくに発進時の加速に気をつけるといいでしょう。

車が一番ガソリンを使うのは、発進時だといわれています。そのため、信号が青に変わったからといって、ブンと一気に加速して発進するような運転は避けた方がいいですね。

同様に、頻繁にアクセルやブレーキを使い分ける運転も、燃費を悪くしてしまいます。交通の流れを妨げないように注意しながら、滑らかに運転するように心掛けましょう

知らなきゃ損する節約の裏ワザを紹介しました。

日々の生活のなかにも、ちょっとした工夫でより節約できる裏ワザはたくさん隠されています。「なかなか貯金にまわせない…」と悩んでいる人は、ありがちな節約方法だけでなく、紹介した裏ワザはもちろんさまざまな裏ワザを見つけて試してみてくださいね!