ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約シャワーヘッドでガス代と水道代を減らそう
出典 : ben bryant /Shutterstock.com

節約シャワーヘッドでガス代と水道代を減らそう

手間や面倒をかけずに節約できる方法があるのを知っていますか? 節約シャワーヘッドを使えば、毎日使う水の量を減らすことができ、月々の水道代やガス代(電気代)を無意識のうちに節約することができます。

  • 山下

節約シャワーヘッドとは?

節約シャワーヘッドとは?

anmbph /Shutterstock.com

「節約シャワーヘッド」とは、節水効果のあるシャワーヘッドのことです。シャワーの際に使用する水の量を減らせるので、水道代を節約できると同時に、水を温めるのにかかるガス代や電気代を節約することができます。

節約シャワーヘッドの多くは、ホームセンターや家電量販店などで購入でき、カンタンに取り換えられるようになっているので、業者に依頼せずに導入することができます。

節約シャワーヘッドでどのくらいの節約に?

節約シャワーヘッドでどのくらいの節約に?

rtbilder /Shutterstock.com

節水効果の高い節約シャワーヘッドですが、商品によって実際に節水できる水の量が変わってきます。節約シャワーヘッドのパッケージの多くには、節水効果がパーセンテージで記載されていて、おおむね30~50%の節水が可能です。

節水効果が高いほど水道代は安くなります。シャワー1分に使う水の量は約6.5リットルといわれているので、計算すると、4人家族でそれぞれに10分ずつシャワーを使った場合に1年間に使う水の量は、「94,900リットル」。

水道料金は各自治体により異なりますが、おおむね1リットル=0.25円といわれているので、シャワーにかかる年間の水道代は、23,725円ということになります。

6.5リットル×10分×0.25円×4人×365日=年間23,725円

これが、節約シャワーヘッドを使って水量の35%を節水できるとどうなるでしょうか?

6.5リットル×0.65×10分×0.25円×4人×365日=年間15,421円

シャワーヘッドを交換しただけで、年間8,304円の節約になりました。さらに、水を温めるために使用するガス代(もしくは電気代)も減るので、何もせずに1万円以上節約できるという可能性もあります。シャワーの時間が長い人やシャワーの回数が多い人ならなおさらコストダウンが期待できるでしょう。苦労が少なく、無意識に節約できるのは魅力ですよね!

節約シャワーヘッドの選び方のポイント

節約シャワーヘッドの選び方のポイント

Sergey Ryzhov /Shutterstock.com

最近、多種多様な節約シャワーヘッドが販売されています。節水量を数段階で調節できる機能が付いたものや水道水に残った塩素を浄化し、髪のパサつきやゴワつきを防いでくれるもの、お湯のオンオフが手軽にできるよう、手元にスイッチが付いているものなど、特長やデザインもさまざまです。

ただ、節約シャワーヘッドを選ぶ上で、もっとも大切なポイントは「節水量」です。先述のとおり、節水量に関しては、30~50%くらいのものが多く見られます。節約したいという思いの強い方は50%を選びがちですが、一部の商品を除き、通常は、節水量が多いほど水の勢いが弱くなるので、いきなり節水量50%のシャワーにすると「洗えている気がしない」、「温まらない」などの使用感の違いを感じる確率も高くなってしまいます。

取り換えたあとに後悔しないためにも、よく検討してから選ぶようにしましょう。

節約シャワーヘッドを交換する時の注意点

節約シャワーヘッドを交換する時の注意点

Grigvovan /Shutterstock.com

なお、自宅でカンタンに交換が可能な節約シャワーヘッドですが、「一時止水機能」のないツーバルブ混合栓(水とお湯が同じ蛇口から出るタイプ)の場合は、手元に水を止めるスイッチが付いたシャワーヘッドは使えません。それ以外にも、海外メーカー製のシャワーには規格が合わなかったり、アダプターを使用しないといけないケースがあったりと、うまく取り付けができないことがあります。

節約シャワーヘッドを交換する際は、注意書きなどを良く読んでから作業するようにしましょう。

節約したいと思ってもなかなか削れない水道光熱費。でも、節約シャワーヘッドを活用すれば、いつの間にか節約できていた・・・というのも夢ではありません。気になった方はどんな商品があるかチェックしてみてください。