ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車の維持費を節約する方法
出典 : LeManna/Shutterstock.com

車の維持費を節約する方法

意外と負担の大きい「車の維持費」。仕方ない・・・とあきらめているかもしれませんが、ちょっとした工夫をするだけでも、年間の維持費を大きく節約することが可能です。すぐにできる4つのポイントを紹介します。

  • 山下

自動車保険を見直す

自動車保険を見直す

zenstock/Shutterstock.com

車の維持費を見直す上で、大きな節約につながる可能性が高いのが「自動車保険の見直し」です。事故や故障などいざという時に役立つ「自動車保険」。もちろん、車を使う上で必要不可欠ですが、じつは、保険会社によって年間の保険料に大きな差が出るケースは少なくありません。

自動車保険を節約したい人におすすめなのが「ダイレクト型」の自動車保険です。ダイレクト型の場合、インターネットで申し込みなどを行うため、人件費などのランニングコストを少なく抑えられ、格安の保険料で同様の補償を受けることができます。保険会社を変更しただけで、年間3~4万円以上の節約ができた事例もあるので、ぜひ一度見直してみましょう。

安いガソリンスタンドで節約

安いガソリンスタンドで節約

Phanat/Shutterstock.com

車の維持費の中で、月々の出費がかさみやすいのが「ガソリン代」です。何かと高騰が続くガソリン代ですが、今の平均価格は、「レギュラー 146.3円/ハイオク 157.5円(2018年9月現在)」と、1リットルあたり140~160円かかります。

仮に、幼稚園のお迎えや買い物、通勤などで1日50kmの距離を毎日乗ったとしたらどうでしょう? 平成26年に国土交通省が調べたガソリン乗用車(10・15モード)の全体平均値は21.1km/lなので、年間、

50(km)÷21.1(km/l)×150円(ガソリン代)×365日=129,739円

の出費となります。走行距離が長く、燃費が悪ければ、もっと費用がかかる可能性もあります。ただ、最近は特典を受けられるクレジットカードやプリペイドカードで支払えば、「1リットルあたりの単価を値引き」したり「ポイントを還元」したりするガソリンスタンドが多いようです。

専用クレジットカードを使って特定のスタンドを利用すれば「1リットルあたり8円引き」というサービスを利用した場合、上記の例だと、ガソリン代が142円/lで済むので、年間7,000円の節約になります。さらにポイント還元制度を用いれば、1万円以上の節約になることもあるでしょう。

塵も積もれば山となります。毎月のガソリン代が多いという人は、ぜひお得なガソリンスタンドを見つけてみてください。

車に荷物はできるだけ積まないように

車に荷物はできるだけ積まないように

wavebreakmedia/Shutterstock.com

なお、車の維持費を節約する上で心がけたいのが、「できるだけ車に荷物は積まない」ことです。よく、「車のトランクに冬用のタイヤやゴルフバッグを積んだままにしている」という人がいますが、車の重量が増えれば、それだけガソリンの消費も早くなります。節約のためにも、不要な荷物は車に積まないようにしましょう。

エコドライブを心がける

エコドライブを心がける

Stock-Asso/Shutterstock.com

エコカーなど環境にやさしい、燃費の良い車が注目されていますが、じつは、「運転の仕方」によってもガソリンの消費量は変わってきます。月々のコストを節約する上で参考にしたいのが、環境省が進めている「エコドライブ」です。

エコドライブはカンタンにいえば、「環境にやさしい運転」のこと。エコドライブを実践すれば、ガソリン代の節約ができるだけでなく、環境にも良い影響を与えることができるのでおすすめです。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

●エコドライブ10のすすめ(環境省公式サイトより)
1.ふんわりアクセル「eスタート」
2.車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
3.減速時は早めにアクセルを離そう
4.エアコンの使用は適切に
5.ムダなアイドリングはやめよう
6.渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
7.タイヤの空気圧から始める点検・整備
8.不要な荷物はおろそう
9.走行の妨げとなる駐車はやめよう
10.自分の燃費を把握しよう

意外とコストがかかってしまう車の維持費ですが、ちょっとした見直しをすることで、年間数万円の節約になることもあります。できることから実践してみてください。