ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ワードローブと住まいに合わせてつくる、クローゼット自作のススメ
出典 : WAYHOME studio/Shutterstock.com

ワードローブと住まいに合わせてつくる、クローゼット自作のススメ

クローゼットを自分のファッションアイテムに合わせてカスタマイズしたい! と思っている人がまず知っておくべきクローゼット収納の基本と空間の使い方、取り入れたい自作例やDIYのポイントをアドバイスします!

  • 鈴木

クローゼット収納は見える化とルール化が基本

クローゼット収納は見える化とルール化が基本

Maridav/Shutterstock.com

クローゼットの中がぐちゃぐちゃで、何がどこにあるか探すために苦労したり、せっかく買ったのにすっかり忘れていて、気づいた時には季節外れだったり、流行を遅れだったり・・・。心当たりがある人は、クローゼットの収納の仕方を一度見直す必要がありそうです。
クローゼット収納の基本は2つ。1つ目は、手持ちの服が見やすいか、見通しがいいか、です。たとえば、不透明な衣装ケースに、シャツをたたんで上に重ねてしまえば、いちばん上のシャツしか見えません。たたんだシャツは立てて収納すると何枚あるか、どんな色があるかがわかります。透明な衣装ケースが多いのは中身を見えやすくするためなのです。

2つ目は、収納のルールをつくることです。アウター、トップ、スカート、パンツなどファッションアイテムごとに分けることは基本。その中で、トップはノースリ、半袖、5分袖、7分袖・・・さらに色味を同じモノから並べていく、スカートやアウターは丈で並べていく、など規則性を持って収納しましょう。規則性がない収納にすると、しまう場所も決まっていないわけですから適当なすき間に入れることになり、そうすると探すのもたいへんになります。

自作クローゼットのススメ

自作クローゼットのススメ

Zivica Kerkez/Shutterstock.com

洋服が片付かない人、クローゼットに収まらない人、使い勝手が悪いなと思いつつ使っている人、備え付けの押入やクローゼットを使うことが当たり前だと思っていませんか?

備え付けクローゼットはたいていポールが一本ついているだけです。そこにハンガーをかけて、下部に衣装ケースを置くものだと思い込んでいる人も多いでしょうが、そうすることが必ずしも効率的だとは限りませんし、足りない場合もあります。むしろ、オシャレな女性のワードローブは備え付けのクローゼット通りには納まらないのではないでしょうか。

そこで、おすすめが自作でクローゼットをカスタマイズする方法です。何しろ、自分で好きなように作るわけですから、自分のファッションアイテムやライフスタイルに応じて自由自在。また、インテリアとしての役割を果たすことも可能です。

クローゼットの空間の使い方を知ってDIY

クローゼットの空間の使い方を知ってDIY

michaeljung/Shutterstock.com

クローゼット収納は上、中、下に分けて考えます。
上部にはあまり使わない軽めのものを収納します。あまり使わないので汚れ防止のため、ケースなどに入れて保管しましょう。中部のパイプハンガーにはよく使う衣類を収納します。下部は、吊るせないものを衣装ケース等に入れて収納します。これはあくまでも基本なので、この方法にとらわれることなく、自分のワードローブやアイテムに合わせて見える化、ルール化がすることが大切です。

自作クローゼット例としては、突っ張り棒をつけてハンガーを掛ける収納をさらにつくる、鉄製の配管パイプや塩ビパイプを使ってハンガーラックをつくる、ワイヤーネットにS字フックをかけて壁掛け収納をつくる、などいろいろあります。配管パイプはジョイントパーツを組み合わせると自由な形につくれます。ワイヤーネットは結束バンドでつないで箱型をつくるとたたんだ衣類の収納ラックにも使えます。また、規格サイズの木材にアジャスターをかぶせ、天井と床を突っ張ることで柱をつくり、そこへ棚を取り付けるなども。住まいを傷つけずに収納棚ができます。

すべてを自作する必要はなし! 市販アイテムも有効活用

すべてを自作する必要はなし! 市販アイテムも有効活用

Africa Studio/Shutterstock.com

自作クローゼットといっても、「工具を使って本格的に製作する」というものばかりではありません。ホームセンターへ足を向けるとわかると思いますが、初心者でも気軽に取り組めるDIYツールが数々売られています。また、市販の収納アイテムのサイズや形状も多様化しています。それらをどう取り入れるかも含め、個人のアイデアと工夫次第で便利にもなるし、個性的な演出も可能です。

自分の住まいやワードローブに合わせて自由に設計できる自作クローゼット。完成された収納アイテムをどう組み合わせるか、どう使うかを工夫することも自作クローゼットといえるというわけです。