ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約とおしゃれは、両立できる! 服代節約の5つの心得
出典 : Dean Drobot/Shutterstock.com

節約とおしゃれは、両立できる! 服代節約の5つの心得

節約中でも、ファッションを楽しみたい! そんなあなたのために、被服費を節約するテクニックを5つご提案します。上手に出費を抑えつつ、ワンランク上のおしゃれ上手を目指しましょう。

  • kawase
上手に出費を抑えつつ、ワンランク上のおしゃれ上手を目指しましょう。

Dean Drobot/Shutterstock.com

1 服を買う前に、一度クールダウン

素敵な服に一目惚れして、思わず衝動買い。うきうきと帰宅してクローゼットを開けたら、似たような服を持っていることに気づいて愕然とした・・・こんな経験はありませんか?
また、店頭では魅力的に見えた服も、「動きづらい」「着ていくシーンがない」といった理由で、結局タンスの肥やしになってしまうケースも少なくありません。

こうした失敗を防ぐには、買う前に必要性をしっかり吟味することが大切です。欲しい!  と感じても、まずは一旦その場を離れ、次のようなポイントをチェックしてみましょう。

●同じような服を持っていないか
●着回しは可能か
●長く着られる素材・デザインか
●着心地はよいか
●その服を着るシーンは、どの程度あるか
●家庭で洗濯できるか

このような点を考慮して、それでも自分にとって必要だと思えたら購入に踏み切りましょう。
できれば一度帰宅して、手持ちの服を実際に眺めながら考えるのが理想です。

2 特別な服は、レンタルで節約

特別な服は、レンタルで節約

Kiselev Andrey Valerevich/Shutterstock.com

パーティードレスやセレモニースーツといった服は、高価なうえに着ていくシーンが非常に限られています。また、家庭でのお手入れが難しいデリケートな素材であることも多く、クリーニング費用も嵩みがち。
一着のドレスやスーツを何度も着る機会がある場合は別ですが、そうでなければレンタルを活用するのがおすすめです。

お店によって衣装のグレードはさまざまですが、同じものを購入する場合に比べ、ぐっと費用を抑えることが可能。料金にはクリーニング代も含まれていることがほとんどなので、気軽に利用することができますね。
そのほか、「毎回違ったデザインを選べる」「体型の変化を気にする必要がない」といった点も、レンタルの大きなメリットです。

3 流行の服は、ファストファッションで

流行の服は、ファストファッションで

Ariwasabi/Shutterstock.com

ファッションの流行は、目まぐるしく変わります。最新流行の服も、次のシーズンが訪れる頃には「遅れている」と見られてしまうことも。
旬の短い流行の服や、着用シーンの限られる個性的なデザインの服をコーディネートに取り入れるなら、手頃な価格のファストファッションを活用するのが◎です。

反対に、流行や年齢を問わず着られるオーソドックスなデザインの服には、ある程度の予算を割くのが吉。とくに、手入れしだいで長く着られるコートやワンピースといった服は、よいものを買うことをおすすめします。

たとえば、3,000円の服を10着買うよりも、20,000円の服を1着買って大切に着続ける方が、結果的にはお得に。ただし、毛玉のできやすいウールのセーターや、型崩れしやすいTシャツといった衣類は、必ずしもその限りではありません。

4 通販サイトを活用しよう

通販サイトを活用しよう

Andrey_Popov/Shutterstock.com

節約を意識するなら、ネット通販を活用するのもよい方法です。
通販での買い物には、店員の目を気にせず、納得行くまでじっくり悩めるという利点があります。「声をかけられると断りにくい」「何も買わずに店を出ることに罪悪感を覚える」という人には、とくに有効な手段だといえるでしょう。

近年では、郵送での試着サービスを実施している通販ショップも。手続きの手間はかかるものの、「手持ちの服や靴との相性を確かめられる」という、店頭では得られないメリットがあります。

5 クローゼットを見直そう

クローゼットを見直そう

Africa Studio/Shutterstock.com

定期的にクローゼットの整頓を行うことも、節約への近道。自分がどんな服を何着持っているかをしっかり把握することは、買い物の失敗を防ぐことに繋がります。

クローゼットを見直す時は、それぞれの服の着用頻度にも注目しましょう。半年、もしくは1年間を目安にし、どれくらい着たかを思い出してみてください。
もしも、1度も袖を通していない服があれば、「今の自分に合っていない」とみなして処分することをおすすめします。
今の自分に合う服、合わない服が分かれば、どのようなデザインの服を買うべきかも見えてきますね。

また、あまり着ていない服のなかに、状態のよいものやブランド品があれば、ぜひリサイクルショップやネットオークションを使って売却しましょう。ゴミを減らせる上、ちょっとした臨時収入にも繋がって一石二鳥です。

むやみに服を買い足さず、本当に好きな服だけを大切に着る暮らしは、お財布だけでなく心まで豊かにしてくれます。節約を通して、時代に流されない自分だけのスタイルを確立してみませんか。