ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「貯まる私」になるために。今日から使える節約アイデア集
出典 : pathdoc/Shutterstock.com

「貯まる私」になるために。今日から使える節約アイデア集

「将来に備えて貯金したい」「毎月の生活費を抑えたい」そんな頑張るあなたのために、すぐに活用できる節約のアイデアを集めました。忙しい毎日にちょっとした潤いを与えてくれる、手軽な節約スイーツの作り方も紹介します。

  • kawase

節約中こそしっかり食べよう。食費節約のアイデア

節約中こそしっかり食べよう。食費節約のアイデア

VGstockstudio/Shutterstock.com

自炊の習慣をつけよう

節約のためには、外食は控えて自炊するのがベター。食費を抑えられることはもちろん、「野菜をたくさん食べられる」「食料品の価格相場を把握できる」など、多くのメリットが得られます。
一人分の食事を楽に作るには、電子レンジで作れるレシピを活用するのがおすすめ。少量でも調理しやすいうえ、ガス代の節約にもなって一石二鳥です。
また、自炊することによって外食が減るため、健康的な体づくりも期待できますね。

買った食材を書きだそう

食材を買ったら、品名を紙に書きだして冷蔵庫に貼りましょう。使った食材から消していけば、無駄に冷蔵庫を開けることなく中身を把握できるため電気代の節約にもつながります。
食材の名前の横には、買った日付や賞味期限をメモしておくと◎。買ってから日が経った食材・賞味期限が近い食材から順に食べれば、使い切れずに腐らせてしまうことがぐっと減るはず。

冷凍庫をフル活用しよう

多くの食材は、冷凍することができます。食べ切れない食材は冷凍して、無駄なく使い切りましょう。
たとえば、玉ねぎやにんじんは薄切りにして生のまま、ブロッコリーやほうれん草は茹でて水気を切ってから冷凍します。肉や魚は、使う分量ごとに小分けにし、少量の酒をふりかけてからラップに包んで凍らせましょう。

いずれの食材も、できるだけ空気に触れさせないように保存するのがポイントです。密封しやすいチャックつき保存袋などを活用し、2~3週間を目安に食べ切ってください。

お得に、楽しく。娯楽費節約のアイデア

お得に、楽しく。娯楽費節約のアイデア

NosorogUA/Shutterstock.com

予定のない日は、図書館へ

休日のたびに街へ出かけていると、つい無駄遣いをしてしまいがち。かといって、ただ散歩するだけではつまらない・・・そんな時は、図書館に行きましょう。
空調の効いた静かな空間で読書を楽しむひと時は、何とも優雅なもの。知らない作家の作品も、図書館でなら気軽に手に取ることができますね。
また、地域によっては漫画やDVDを貸し出していることも。気になっていた作品を、無料で見られるチャンスかも知れません。

工場見学のすすめ

「図書館では物足りない」という日におすすめのレジャーが、食品系工場の見学です。無料~500円程度の低料金で楽しめるうえ、出来上がった製品を試食させてもらえたり、お土産がもらえることも。
とくに、大人に人気が高いのが、ビール工場の見学ツアーです。教養を深めつつ、出来立てのビールも試飲できるとあれば、利用しない手はありません。

毎日の心の栄養に。節約おやつのアイデア

毎日の心の栄養に。節約おやつのアイデア

手軽にカフェ気分。「とろけるカフェモカ」の作り方

用意するもの・・・インスタントコーヒー ティースプーン1杯、ココア大さじ1、牛乳、マシュマロ、牛乳130ml、熱湯大さじ1と1/2

1 マグカップにインスタントコーヒーとココアを入れ、熱湯を加えて混ぜ溶かします。
2 1に牛乳を少しずつ加え、均一になるまでよく混ぜます。
3 マシュマロを好きなだけ浮かべ、レンジ(500w)で1分~1分30秒程度加熱して完成です。

一袋100円程度で買えるマシュマロは、温かいコーヒーやココアと好相性。レンジで加熱することでムースのような食感に変化し、まったりと濃厚なおいしさを楽しめます。
なお、甘さ控えめが好みの人は、無糖のココアパウダーを使うとよいでしょう。

材料4つで大満足! 「紅茶香るマグカッププリン」の作り方

用意するもの・・・卵1個、砂糖大さじ2、牛乳120ml、ティーバッグ(好みのもの)1個、マグカップ2個、ボウル、茶こし

1 カラメルを作ります。マグカップに砂糖大さじ1と水小さじ1弱を入れ、ラップをせずにレンジ(600w)で1分加熱します。その後、煮立って茶色く色づくまで、様子を見ながらさらに10秒ずつ加熱します。
2 1のカップに水小さじ1弱を入れ、カップを回すように混ぜます。この時、液が跳ねやすいので注意してください。混ざったら、そのまま冷ましておきます。
3 別のカップに牛乳を入れ、レンジで50度程度に温めます。温まったら、ティーバッグを入れて5分ほど置きます。
4 深めのボウルに卵を割り入れ、しっかりと溶きほぐします。仕上がりに「す」が入ってしまうので、なるべく泡を立てないようにしましょう。
5 4のボウルに砂糖大さじ1を入れて混ぜます。さらに、3の牛乳を2~3回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
6 2のカップに、5を茶こしでこしながら注ぎ入れます。
7 6のカップを、ラップをかけずにレンジ(500w)で1分50秒加熱します。加熱時間は適宜加減してください。
8 粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしたら完成です。

紅茶以外に、ほうじ茶や抹茶を入れてもおいしく作れます。お茶を入れず、プレーン味のプリンとして作る場合は、牛乳を温めずにそのまま加えてください。

上手に貯金するためのコツ

上手に貯金するためのコツ

lenetstan/Shutterstock.com

見直しは固定費から

貯金額を増やすために家計を引き締めたい時は、通信費や保険料といった固定費から見直しましょう。
たとえば、食費や光熱費を下げようとすると、節約のための努力を絶えず続けなければなりません。しかし、固定費の場合は一度見直すだけで節約効果が持続するので、負担を感じにくいというメリットがあります。

そのうえ、節約できる金額も大きいのがポイント。携帯キャリアや保険のプランを選び直すのはやや手間がかかりますが、上手に見直せば、月々の貯蓄額を1万円近く増やすことも可能です。

買い物は現金で

クレジットカードでの買い物には、ポイントが貯まるというメリットがあります。しかし、「お金を使った」という実感に乏しいため、つい気が緩みやすい点がネック。使いすぎを防ぐには、カードではなく現金で買い物をするのがおすすめです。

また、財布に入れる現金も、2,000~3,000程度の少額に留めておきましょう。急病や災害といった万が一の事態にも対応できるよう、別途1万円程度の現金を封筒に入れ、封をした状態でバッグに入れておくと安心です。

辛くて苦しい節約は、長続きしません。気軽に取り入れられる節約のアイデアを活用して、無理のないペースでお金を貯めましょう。