ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
上手に使えば得をする! 節約するなら現金よりクレジットカード!?
出典 : Ti_ser/Shutterstock.com

上手に使えば得をする! 節約するなら現金よりクレジットカード!?

海外と違い、日本ではカード決済派より現金払い派が多いようですが、近い将来、日本にもキャッシュレス時代が到来するはず。なぜなら、クレジットカードはお得がいっぱい! お金を使わないことが節約なら、使って節約になるのがクレジットカードです。

  • 創文舎 arisa_125

使うことが節約になる!? クレジットカード利用のススメ

使うことが節約になる!? クレジットカード利用のススメ

Stokkete/ Shutterstock.com

大手カード会社JCBが、国内の一般消費者3500人を対象に行った「クレジットカードに関する総合調査(2017年)」によると、クレジットカードの保有率は85.1%で、平均保有枚数は3.2枚。クレジットカードは持っていて当たり前の時代となった今、ショッピングの時だけでなく、光熱費や水道料、スマホ代など、固定費の支払いにクレジットカードを使うケースもめずらしくありません。

中でも、もっとも多くクレジットカードが使われているのはインターネット通販です。確かに、インターネットで買い物をする際、コンビニ払いや代引きと違い、クレジットカードならパソコン上で決済できるため、手軽で便利。

ただ、クレジットカードを含むキャッシュレス決済の割合は中国が55%、韓国が54%、アメリカが41%と高い数値を示しているのに対し、日本は18%(※1)と、まだまだ低いのが現状です。つまり、日本ではカードは持っていても活用していない人がほとんどというわけ。

政府では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに訪れる外国人に向け、キャッシュレス環境の整備を重要課題としていますが、そうなると外国人はもちろん、私たち日本人の利用ももっと増えるかもしれません。

じつは、使い方さえ間違えなければ、カード払いは現金払いよりメリットが多く、使えば使うほどお得感もアップ! 使うことが結果的に節約につながれば、クレジットカードを使わない手はありません。

クレジットカードを使う4つのメリット

カードは持っていても、滅多に使わない。そんな人も多いと思いますが、ポイント還元率はどれくらいか、付帯サービスには何があるかなど、所持しているクレジットカードのことを把握していますか? それを知れば、もっとクレジットカードを使いたくなるはず。

クレジットカードを使う4つのメリット

Stokkete/ Shutterstock.com

クレジットカードのメリット1 ポイントが貯まる

クレジットカードを利用すれば、購入した金額に応じてポイントが貯まります。一般的なポイント還元率は0.5%ですが、1.0%以上の高還元率のものもあるほか、オプションとして、誕生月や特約店舗での利用でボーナスポイントが付与されることもあります。たとえば、還元率1%の場合、年間に100万円の買い物をすれば1万円が還元される仕組みです。現金払いならそれもありません。

クレジットカードのメリット1 ポイントが貯まる

Africa Studio/ Shutterstock.com

クレジットカードのメリット2 付帯サービスを利用できる

カードには、年会費無料のものと年会費有料のものがありますが、年会費が高いものほど、付帯サービスが充実しているようです。レストラン無料利用、空港のVIPラウンジ無料利用、旅行保険、ショッピング保険、提携施設の優待割引など、カードによってさまざまなサービスがあります。すべて利用すれば、年会費を払ってもかなりお得です。また、年会費の高いカードは「ステータスカード」と呼ばれ、その名のとおり持っているだけでステータスとなり、仕事の場面などで使えば信頼度もアップするはず。

クレジットカードのメリット2 付帯サービスを利用できる

petereleven/ Shutterstock.com

クレジットカードのメリット3 金利がかからない

クレジットカードは、分割払い、リボ払いは別として、一括支払いを選択すれば金利はかかりません。たとえば、何かを購入しようとして手持ちの現金が足りなかった場合、ATMでお金を下ろしても時間帯によっては手数料がかかり、また、カードでキャッシングしてももちろん手数料がかかります。クレジットカードは、手持ちの現金が足りなくても、欲しいものが購入でき、手数料もかからないため、ムダを防ぐことができます。

クレジットカードのメリット4 信用が増す

普段は実感できなくとも、車のローンや住宅ローンを組むことになった時、クレジットカードの利用履歴のお陰で有利に働くことがあります。クレジットカードでの支払いが延滞なく引き落とされた場合に限りますが、その実績が信用の証しとなり、ローン審査に通りやすくなったり、低金利でのローンが可能となります。一方、現金払いを続けてきた人は、たとえ信用できる人でも、良い条件でローンを組むことが難しくなります。

「使いすぎるのが不安」「いくら使ったかわからなくなるのが不安」という理由で、カードを持たない、使わないという人もいるようですが、最近ではどのくらい使ったか把握できるよう、スマホで毎月の利用額を管理できるアプリを用意しているクレジットカードもあります。カード初心者には、そうしたタイプがおすすめです。