ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
汚れがどんどん流れ出る! エアコンの掃除に重曹を使えばスッキリ爽快
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

汚れがどんどん流れ出る! エアコンの掃除に重曹を使えばスッキリ爽快

ひとつの季節を終えるたび、エアコンには汚れがごっそり溜まっています。そのままでは機能性が低下するばかりか、健康面にも影響が。エアコンを効果的に掃除するには、重曹がおすすめです。体に無害なので、子どもやペットがいても安心・安全ですね。

  • 渡辺

猛暑の中、働き続けたエアコンには汚れがごっそり!

猛暑の中、働き続けたエアコンには汚れがごっそり!

spyarm/Shutterstock.com

夏のあいだ使い続けたエアコンは、想像以上に汚れています。その汚れはハウスダストの原因にもなり、放っておくと体に悪影響を与える恐れも・・・。安心して快適に使うためにも、エアコンは定期的にしっかり掃除をするよう心がけましょう。

そもそも、エアコンの汚れの正体って何?

エアコンは、使えば使うほど汚れるものです。なぜかというと、エアコンは部屋の中の空気を循環させているから。空気と一緒に、空気中のさまざまなものを吸い込んでしまうため、それらが汚れとなってこびりついてしまうのです。

ホコリ

フローリングの部屋は、細かいホコリが舞い上がりやすく、エアコン内部へと溜まっていきます。

カビ

吸い込んだホコリに、エアコン内部の水分が加わって、カビが繁殖していきます。

調理時に出る、油を含んだ水蒸気を循環してしまうため、エアコンがキッチンに近いほど汚れやすくなります。

花粉

換気や帰宅時の衣類などから持ち込まれた花粉が、エアコンに吸い込まれ、溜まっていきます。

ヤニ

タバコの煙による臭いや、黄ばみなども、汚れの原因となります。

安上がりで体にも安心、掃除の時も大活躍の重曹スプレー

安上がりで体にも安心、掃除の時も大活躍の重曹スプレー

photoNN/Shutterstock.com

エアコンの掃除には、専用の洗浄スプレーが便利ですが、重曹でも代用ができます。重曹は弱アルカリ性のため油汚れに強く、消臭効果も期待できるすぐれもの。しかも、体にやさしいので、小さな子どもやペットがいても安心して使うことができるのです。
さらに、重曹は安く買えるのもうれしいポイント。エアコン以外の掃除にも使える万能アイテムなので、使い切れずに余らせてしまう心配もありません。ただし、エアコンを含め、精密機械は水に弱い部分もあるため、スプレーを吹きかける際には注意が必要です。掃除の前には、必ずコンセントを抜くことを忘れずに。また、すき間から水が入ると故障の原因となるため、まわりに飛び散らないよう5cm程度の近距離から吹きつけることが重要です。

<とってもカンタン! 重曹水スプレーの作り方>
1 スプレーボトルに小さじ1の重曹を入れる。
2 そこに水100mlを入れ、スプレーボトルをよく振って重曹を溶かす。

手順が大事、エアコン掃除のコツ

手順が大事、エアコン掃除のコツ

Olha Hutsuliuk/Shutterstock.com

エアコンを効率的かつ効果的に掃除をするには、とにかく手順が大事! 正しい手順さえマスターすれば、ムダな手間や時間をグッと省くことができるので、面倒だったエアコン掃除も驚くほどラクになります。

まず掃除を始める前に、安全のため、エアコンのコンセントは抜いておきましょう。また、重曹水やホコリなどが下に落ちることがあるので、エアコンの下にビニールシートや、重ねた新聞紙を敷いて養生をしましょう。

1 フィルター

まずは、エアコンの前面カバーを開けて、フィルターを取り外します。掃除機で軽くホコリを吸い取ったあと、重曹水をフィルターに吹きつけて、歯ブラシなどでこすって汚れを落とします。あまり強くこするとフィルターを傷めるので、要注意。

2 前面カバー

次に、前面カバーの掃除をします。重曹水を吹きつけて、拭き取っていくだけでOK。こびりついている汚れは、やわらかいスポンジでこすると効果的です。

3 熱交換器

続いて、フィルターを取り外した奥に見えてくる金属部分の熱交換器を掃除します。まずは、流れ落ちた重曹水が部屋を汚さないよう、エアコンに大きめゴミ袋を受け皿のようにガムテープで貼り付けましょう。掃除機で軽くホコリを吸い取ったあと、重曹水を吹きつけます。この時、電飾部分を濡らさないようにくれぐれも注意しましょう。吹きつけた重曹水は、エアコン内部を通って、ドレンホースから外に排出されます。黒く汚れた水が徐々に透明になってきたら、仕上げに水をスプレーして洗い流します。

4 吹き出し口

最後に、吹き出し口を掃除します。熱交換器を掃除する際に、必ず汚れてしまう部分のため、最後に行うようにしましょう。タオルや歯ブラシに、重曹水を含ませて拭き取ります。カビが付着しやすい場所のため、臭いの軽減など効果は抜群です。

5 仕上げに、乾燥させることを忘れずに!

掃除のあとはパーツを元に戻し、必ずエアコン内部を乾燥させましょう。送風運転を30分ほどすれば、エアコンの掃除は完了です。

普段のちょっとしたひと手間で、掃除がラクになる

普段のちょっとしたひと手間で、掃除がラクになる

y_seki/Shutterstock.com

エアコンは、普段の手入れ次第で、機能性や寿命に大きく差が出てきます。フィルターやカバーは、2週間を目安に掃除を行うようにしましょう。また、使用後に送風運転を2時間程度するだけでも、エアコン内部のカビの発生を抑えることができます。

エアコンの掃除はちょっと手間がかかりますが、目に見えてキレイになるため、やりがいは充分! 家族の健康のためにも、重曹を使った掃除にぜひチャレンジしてみてください。