ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
いつもキレイで気分爽快! 愛車のお手入れはセルフメンテナンスを!
出典 : Estrada Anton/Shutterstock.com

いつもキレイで気分爽快! 愛車のお手入れはセルフメンテナンスを!

洗車は機械やスタンド任せ、不備は発覚してからわかるor車検まで放置・・・なんてことはありませんか? 洗車から不備のチェックまで、コツさえつかめば車のお手入れは自分でできます! 今回は、セルフメンテナンスの仕方について紹介します。

  • 鈴木

車のお手入れの基本は普段の洗車

車のお手入れの基本は普段の洗車

Dmitri Ma/Shutterstock.com

大切な愛車はいつもキレイな状態にしておきたいものです。つねに車をキレイにしていると、ちょっとした車の不調やボディのキズやヘコミに気がつきやすくなります。では、さっそく洗車の仕方を紹介していきましょう。まず、洗車をする時は動きやすい服装が基本です。車に当たってキズつく場合があるので、ボタンやファスナー、ベルトのバックルなどがついていない服装を選びましょう。指輪や腕時計などのアクセサリーも同様の理由で外しておきます。

<準備するもの>
洗剤(シャンプー)、スポンジ、ブラシ、拭き上げタオル、バケツ。背の高い車の場合、脚立があると便利です。

<洗車の手順>
1.出来るだけ水圧の高い水を車全体にかけ、ホコリやゴミなど大まかな汚れを洗い流します。水は上から下へ流れるので、高いところから低いところへかけ流します。ボディーを洗い始める前にタイヤやホイールの泥汚れも落としておきます。
2.バケツに洗剤と水を入れてよく泡立て、スポンジに洗剤をたっぷりと含ませて車を洗っていきます。これも高いところから先に洗っていきます。スポンジはこまめに洗うとよいでしょう。また、タイヤやホイールなど汚れのひどい場所はボディ用のスポンジではなく専用ブラシで洗ってください。
3.水で洗剤を洗い流します。その際、ドアやボンネットのすき間に洗剤が残らないように注意しましょう。
4.吸水性の高いタオルを使い、水を拭き取っていきます。水滴がついたまま乾いてしまうと水垢の原因になるので、乾いてしまう前に素早く作業します。ドアを開けてステップ部分の水気も忘れずに拭き取りましょう。

ワックスを使って愛車をピカピカに手入れ!

ワックスを使って愛車をピカピカに手入れ!

hxdbzxy/Shutterstock.com

シャンプー洗車の後はワックスを使って美しくピカピカに仕上げます。ワックスの役割は塗膜面のツヤを出すこと。ワックスがけをするかしないかによって、ボディの輝きだけでなく、洗車後の汚れ具合が随分と違ってきます。ワックスの仕方は、スポンジにワックスをつけてボディ全体に塗り込んだ後、拭き取っていくだけですが、いくつかのコツがあります。

ワックスは、従来からある固形タイプに加え、最近では手軽に作業できる液体タイプも多く出回っています。どちらのタイプもキレイに仕上げるコツは多くつけすぎないこと。少量を薄く塗る方が拭き取りもカンタンでムラなく仕上がります。

塗り込み方のコツは、スポンジを往復させるのではなく、一定方向に、縦方向、横方向、縦方向と繰り返していくとすき間なく塗りやすいです。丸く塗るのはムラになりやすく、細かなキズがつくことがあるのでやめておきましょう。

拭き取りは、ワックスが白く乾燥してから行いましょう。もっとも、最近では拭き取り不要、塗るだけのワックスもあるようなので、面倒な人はこういった便利なワックスを選ぶのもよいでしょう。

車内の消臭ケアも忘れずに!

ファブリーズ クルマのエアコン用イージークリップ

ファブリーズ クルマのエアコン用イージークリップ

車は外観だけではなく車内の清掃も大切です。洗車時に掃除機で細かいゴミやホコリを取り除きます。車中にはいろいろなパーツがあり、凹凸がたくさんあるため掃除しにくいですが、綿棒や小さなブラシなどを駆使して小さなゴミクズ等も取り除きます。最後に、拭き掃除も行いましょう。

そして忘れてはならないのがニオイのお掃除。車の中には、汗や体臭、持ち込んだ食べ物などのニオイのほかいろいろな残り香が充満しています。車内はキレイに掃除したのになぜかニオイが残ってしまうことも多々ありますよね。

そこでおすすめがファブリーズ クルマのエアコン用イージークリップです。使い方はとてもカンタン、車内のエアコン送風口にワンタッチ装着するだけでOK! 
ファブリーズ クルマのエアコン用イージークリップは100%香料オイルで、「食べ物」「ペット」「体臭」などのニオイに消臭効果を発揮! 同時にさわやかな香りが広がります。しかも、消臭・芳香は約30日間も持続するというから驚きです。

エンジンルームもチェック!

エンジンルームもチェック!

dreamnikon/Shutterstock.com

車内とボディがキレイになったら、いよいよ車の内部のチェックです。車やメカのことはちんぷんかんぷんという人も、ドライバーなら以下の3つくらいは自分で点検できるようにしておきたいものです。

エンジンオイル

エンジンオイルは、平坦な場所でエンジンを切った状態でオイルレベルゲージを抜き取ります。タオルやティッシュペーパーなどでオイルレベルゲージについたオイルを拭き取り、汚れ具合を確認。真っ黒になっていれば汚れています。つぎに、オイルの量を確かめます。もう一度、オイルレベルゲージを入るところまで差し込んで抜き出します。オイルレベルゲージには穴など2つの印がついており、オイルがこの範囲内であれば問題はありません。量が極端に減っているようであれば漏れが考えられます。こんな状況にならないよう、エンジンオイルとフィルタは定期的な交換を心がけましょう。

冷却水

冷却水は、点検を始める前に水温が十分に下がっている=車内水温計の指針がC側に振れていることを確認してから行います。冷却水の量はラジエータリザーバタンクを目視し、規定範囲にあるかどうかを点検します。下限を下回っていたら補充しましょう。充填は自分でもできますが、著しく減っていたら漏れている可能性があるので専門店で点検してもらうのが安心です。

バッテリー液

バッテリー液は無色透明なので見えづらいですが、揺らすなどし、どうにか目視で残量を確認できます。上限と下限の線が引いてあるので、規定の範囲内にあるかどうかを確認します。減っていれば自分で充填することができますが、バッテリー液は希硫酸なので、皮膚や衣類につかないように十分な注意が必要です。

そのほか自分でできるメンテナンス

そのほか自分でできるメンテナンス

siam.pukkato/Shutterstock.com

そのほか初心者でもカンタンにできる点検、メンテナンスがあります。できることは自分でチャレンジしてみましょう。

●タイヤの空気圧チェック
ガソリンスタンドでスタッフに頼めば無料で計測してくれます。セルフのスタンドでも空気圧ゲージを置いていれば自分で計測できます。

●ウォッシャ液の補充
とくに危険なものではなく、ボンネットを開けて入れるだけなので初心者でもできます。寒冷地の冬場は専用のウォッシャ液を入れましょう。通常のものでは凍ってしまう可能性があります。

●ワイパーのチェック
ワイパーの作動が正常かどうか、ウォッシャ液を出してみて、きれいに拭き取れているかどうかを確認します。作動が不良なら、ワイパーのゴムだけ、あるいはブレード本体を交換します。

プロに任せるのもひとつの方法ですが、自分で洗車や点検を行うことで車への愛着が深まり、これまでとは違った楽しいカーライフが始まるかもしれません!