ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
冬を快適に! エアコンの臭いを取って暖房を使いたい!
出典 : Atiketta Sangasaeng /Shutterstock.com

冬を快適に! エアコンの臭いを取って暖房を使いたい!

寒くなったのでそろそろエアコンの暖房を使おうと思ってスイッチを押してみると・・・何ともいえずイヤな臭いがする、なんてことありませんか? 暖房を使う前に掃除をして快適で暖かい冬を過ごしましょう!

  • 鈴木

エアコンの臭いの原因はなに?

エアコンの臭いの原因はなに?

alphaspirit/Shutterstock.com

久しぶりにエアコンを使ってみると、吹き出し口から気になる臭いが!? この臭いの原因はいったい何でしょうか?
長らく使用していなかったエアコンの中には、ホコリやカビ、雑菌、ダニ、花粉などがたくさん潜んでいます。エアコンのスイッチを押すと、エアコンの風とともにそれらの臭いが吹き出してくるのです。そしてさらに部屋の臭いと入り混じって何ともいえない悪臭になるのです。
エアコンの排水環境が悪臭の元になる場合もあります。冷房のときにエアコンの中で発生した水を屋外へ排出する配管が室内機か屋外へと設置されています。エアコンは室内の空気を吸って風を送り出す仕組みですが、配管の空気も吸ってしまいます。この配管の出口周辺にゴミなど悪臭の原因があると、それを一緒に吸い込んでしまうわけです。また、配管の中に汚れがたまり、悪臭の原因になっている場合もあります。配管の中や出口周辺の悪臭を室内にはき出すわけです。

暖房すると漂う臭いを取り除く方法

暖房すると漂う臭いを取り除く方法

photopixel/Shutterstock.com

ではこの悪臭、いったいどうすればいいのでしょうか?
臭いの元凶はエアコンの中に潜んでいたホコリやカビなどですから、まずこれらを取り除く必要があります。
カバーを開き、フィルターを取り外してキレイに洗います。さらに、吹き出し口とルーバーも掃除します。これでゴミやホコリは取れるはずですが、フィルターなどの汚れはごく表面的な汚れでしかありません。まだ臭う場合はさらにエアコンの内部にはびこっているカビや雑菌などの影響によるものですから、パーツを取り外して洗浄する必要があります。ただし素人が分解して掃除をするのは難しいので、エアコンの清掃専門の業者にお願いした方が無難です。

根本的な解決策は内部洗浄ですから、プロに依頼するまでは、急場しのぎではありますが、エアコン運転開始後、窓を開けたまま、30℃に設定し、1時間ほど運転するとカビ臭さを軽減することはできます。

エアコンの臭いを防ぐ方法

エアコンの臭いを防ぐ方法

Naypong Studio/Shutterstock.com

冬に使うまで掃除せずに放置しておくと自力では解決できない汚れや臭いの原因になり、専門業者にお願いすることになりますが、カビや雑菌が増殖しないためのお手入れ方法、予防策はあります。

●エアコンを使わない季節も月に一度1時間ほど送風運転します。カビは湿気を好みますから、エアコン内部を乾燥させることでカビの発生を防ぎます。内部クリーン(内部乾燥)機能があれば使用しましょう。
●使っていない時期も月に一度はフィルターを掃除します。使っていなくてもホコリや汚れが付着するので、ホコリや汚れを蓄積させないことです。
●こまめに部屋を換気します。エアコンに湿気をためないようにするためでもありますし、部屋の臭いをエアコンに入り込ませないためでもあります。

寒くなる前にエアコンを大掃除すべし!

寒くなる前にエアコンを大掃除すべし!

LightField Studios/Shutterstock.com

通年の予防策に加え、いざ冬本番、使い始める前にエアコンの掃除をしましょう。前項の予防策をしていれば、冬に使用前の掃除はカンタンに済ませることができます。
<掃除の手順>

1.エアコンの掃除前はコンセントを必ず抜きます。
2.エアコンのフィルターを外す前に掃除機で吸い取ります。
3.フィルターは取り外して外側(表面)から掃除機でホコリを吸います。内側(裏側)から掃除機をかけると目に詰まってしまうので注意が必要です。その後、シャワーで水洗いしますが、その時は内側から水をかけます。
4.吹き出し口とルーバーを拭き掃除します。
5.割り箸にキッチンペーパーや布を巻き付けるなど棒状の道具を用意し、届く範囲でエアコン内部を拭き掃除します。

このように、エアコンの臭いの原因はさまざまありますが、夏に使い終わってから冬に暖房を使い始めるまでのお手入れ次第で臭いは解消できるようです。冬本番に備えて、気持ち良くエアコンを使用できるように準備したいですね。