ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
【ルーターの捨て方】処分する前にするべきことや、処分以外の選択肢について

【ルーターの捨て方】処分する前にするべきことや、処分以外の選択肢について

古くなって壊れてしまったり、新しいものに買い替えたりして不要になったルーターを、どのように捨てればいいか知っていますか? じつは、ルーターは、法律にのっとって捨てなければならない小型家電です。そこで、正しい捨て方と注意点を紹介します。

  • 創文舎 hiderio888

ルーターとは何か?

Wifiルーターとはなにか?

ルーターとは、家庭や職場でパソコンやスマートフォン、タブレットなどをインターネットに接続するための通信機器のことです。

Wi-Fiルーター、WiMAXルーター、無線LANルーター、モバイルルーターなどがあります。

小さくて持ち運びが便利なモバイルルーターはビジネスマンは外で仕事をすることができたり、それ以外にもゲーム機に接続して屋外でも楽しむことができたり、海外旅行先の現地などでもインターネットを利用することができるため、とても便利です。

モバイルルーター

現在では、インターネットの普及に伴い、多くの家庭でルーターが使用されていることでしょう。賃貸住宅ではあらかじめ備え付けられている場合もあり、私たちの生活になくてはならない家電製品の一つです。

ルーターの捨て方~ゴミとして処分する~

ルーターの捨て方~ゴミとして処分する~

原則、ルーターは小型家電リサイクルという法律にのっとって処分しなければなりません。

小型家電リサイクル法とは、小型家電の再資源化とゴミの低減を促進するための制度として定められた法律です。
家電リサイクル法によって回収と再資源化の対象となっているテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機を除き、高さ30cm、幅40cm、奥行40cm以内の大きさで、電気や電池で動く電気製品が回収の対象となります。つまり、ほとんどの家電製品が、小型家電リサイクル法の対象になるというわけです。

しかし、回収する方法は各自治体が定めているため、不燃ゴミや危険ゴミとして処分できる場合もあります。まずは、住んでいる地域のホームページなどで確認するといいでしょう。

ルーターの捨て方~業者への回収依頼、プロバイダへ返却~

ルーターの捨て方~業者への回収依頼、プロバイダへ返却~

不良品回収業者に依頼する際は、事前に料金を調べておくといいでしょう。業者によってはタダで引き取ってくれる場合もあります。

また、注意が必要なのはインターネットの接続業者であるプロバイダから提供されたルーターです。そのルーターがレンタルの場合はプロバイダに返却をしなければいけない場合もあるため、勝手に捨てる前に契約時の書類を確認するか、直接問い合わせましょう。

ルーターの捨て方~買い取り~

ルーターの捨て方~買い取り~

不要になったルーターは、場合によっては買い取ってもらうことができます。

たとえば、ルーターを下取りしてくれる店舗の場合、古いルーターを持っていけば、新しいルーターを購入する費用の足しにすることができます。また、下取りはしていないものの、新しいルーターを購入すれば、古いルーターを引き取ってくれるサービスを行う店舗もあります。

ルーターの捨て方~買い取り~

また、ルーターは中古市場での売買が活発なため、リサイクルショップなどで買い取ってもらうこともできます。ただし、製品が壊れていたり、あまりにも古い製品の場合は、買い取ってもらえないこともあるので注意しましょう。

ルーターを捨てる時の注意

ルーターを捨てる時の注意点

ルーターを捨てる際は、初期化してから処分しなければなりません。

なぜかというと、これまで使用していたルーターには、インターネットの利用ために契約したプロバイダーのIDやパスワードが記録として残っています。初期化してから捨てなければ、情報が流出し悪用されてしまうことも十分に考えられるからです。

初期化の方法は、ルーター本体のリセットボタンを押すか、ルーターの管理画面にアクセスして行います。ルーターの機種・販売メーカーによって方法が異なるので、説明書で確認し、確実に実行してから捨てるようにしましょう。

その他の捨て方情報はこちら!