ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
CDケースの捨て方。処分すれば場所も取らずに快適管理!
出典 : imagefactory/Shutterstock.com

CDケースの捨て方。処分すれば場所も取らずに快適管理!

CDを収めるCDケース。ケースが割れてしまったり、持ち運びしやすいようにアルバム型の収納ケースを利用するようになり、不要になった場合、どのように捨てればいいのでしょうか? CDケースの正しい捨て方と処分方法について紹介します。

  • 創文舎 hiderio888

CDケースの捨て方は自治体によって異なる

CDケースの捨て方は自治体によって異なる

theerakit/Shutterstock.com

CDケースを家庭ごみとして回収してもらう場合、自治体によって取り扱いが異なります。

たとえば、三重県桑名市では、CDとCDケースは可燃ごみとして扱われ、一方、千葉県千葉市では不燃ごみとして扱われています。そのため、住んでいる地域の自治体に問い合わせるか、ホームページなどで分別方法を確認してから捨てる必要があります。

また、CDを入れるケースは、フィルム状のプラスチックが使用されていますが、これは可燃ごみとして扱われています。ところが、包装用のフィルムは、容器包装リサイクル法に定められているプラスチック製容器包装としての扱いになるので、捨て方には注意が必要です。

捨て方を知ったら、まとめて処分しよう

捨て方を知ったら、まとめて処分しよう

Telekhovskyi/Shutterstock.com

かつてCDは必ずプラスチックケースに入ったものが販売されていました。しかし、記録媒体として頻繁に活用されるようになり、CD-ROMなど、本体だけまとめて販売されることが多くなってからは、それに合わせてまとめて収納できるケースも市販されています。

また、CDアンプやカーオーディオなどは、複数のCDを内蔵でき、ボタン操作で聞きたいCDを指定できるCDチェンジャーなどの機能も付加されているため、使用後、CDをCDケースに戻す必要がなくなりました。そして何より、CDをプラスチックケースに入れて保管しておくと、場所を取ってしまうデメリットもあります。

いまでは、むしろCDケースは邪魔な存在といえるかもしれません。そう感じる人は、この先使う可能性のないCDケースは思い切って処分してしまうと、部屋がスッキリします。

しかし、単にごみとして捨てるのはもったいないと思う人は、使い途を考えてみるのもいいでしょう。

じつは、需要のあるCDケース

じつは、需要のあるCDケース

designelements/Shutterstock.com

プラスチックのCDケースは必要ないと感じる人がいる一方、じつは、必要としている人も大勢います。

たとえば、クライアントに資料としてCD-ROMを提出する時、また、CDやDVDの買取店が中古品を商品として店頭に並べる時、さらにはレンタルCD店や中古CD店が状態の良いCDケースに入れ替える時など、CDケースが欠かせません。じつは、不要な人も多いCDケースは、需要も高いアイテムでもあるというのが大きな特長です。

そのため、CDケースは新品で未使用の場合はもちろんのこと、使用済みでも買い取ってもらえる可能性があります。もし、どうしても捨てられなくて、大量にCDケースを保管している人は、捨てるのではなく、買い取ってもらうのもいいでしょう。

また、大量のCDケースをリサイクル業者に持ち込んで換金する業者もあり、そうした業者に持ち込めば、傷がついたり、割れているものでも廉価で買い取ってくれる場合もあるため、査定に出す価値はありそうです。

CDは捨て方に注意すること

CDは捨て方に注意すること

Cabrerafoto/Shutterstock.com

CDケースはプラスチックのため、ごみとして捨てても何ら問題はありませんが、CD本体となると話は別です。ケース同様、可燃ごみや不燃ごみなど自治体によって扱いは異なりますが、いずれにしても記録媒体なので、データを読み取れないように処置してから捨てる必要があります。

方法としては、CDの表面をカッターで傷つけ、切り込みを入れた表面にガムテープを張って剥がすのがおすすめです。

こうすれば、表面にある記録層の磁性体がガムテープと一緒に剥がれるため、CDの記録を読み取ることができなくなります。

CD本体は、必ず情報が流失しないようにしてから捨てるようにしてください。個人情報が記録されている場合は、とくに注意が必要です。

CDはケースから出して保管すれば、場所を取ることもありません。不要なCDケースを処分する場合は、正しい方法を確認してから行うようにしましょう。