ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
犬にも使えるって本当? 重曹は体臭ケアに有効なんです
出典 : EKramar/Shutterstock.com

犬にも使えるって本当? 重曹は体臭ケアに有効なんです

人間の体に無害で、食品添加物としてのほか、洗濯や掃除などにも使われる重曹ですが、ペットの犬に使っても大丈夫用なのでしょうか? じつは、上手く使えば犬の体臭を抑えることもできるのです。今回は、犬に使う重曹について、注意点を交えながら紹介していきます。

  • 創文舎 hiderio888

犬に重曹を使って大丈夫なの?

犬に重曹を使って大丈夫なの?

Monika Chodak/Shutterstock.com

最近何かと話題になることが多い重曹。重曹とは、炭酸水素ナトリウムのことで、人体に無害な物質として、お菓子作りのためのふくらし粉や胃薬の成分などに昔から使われてきた実績があります。また、安全な洗剤としての側面がクローズアップされ、掃除のあらゆる場面で重曹を使うのが効果的だと広く知れ渡るようになりました。

あらゆるシーンで大活躍の重曹ですが、犬に使っても問題はないそうです。ただし、犬に使う場合は必ず食用の重曹にすること。

じつは、重曹にはさまざまな種類があり、医薬品向け、食品添加物向け、一般工業用、飼料用に区別されています。犬には、安全性を考慮して、食品添加物向けに作られた重曹を利用するようにしましょう。

食品添加物に使えるものは、厚生労働省が定める「食品添加物公定書」によって規格が決められています。カンタンに言えば、口の中に入れても害はないということを、国が認めているということです。

そのため、万が一犬が重曹を少しだけなめてしまっても大丈夫! ただし、重曹は塩分が豊富なので、なめすぎは禁物です。

犬に使える重曹シャンプーとは?

犬に使える重曹シャンプーとは?

iva/Shutterstock.com

犬のケアでは、月1回程度のシャンプーは欠かせません。犬用のシャンプーにはさまざまなものがありますが、重曹を使ったタイプも販売されています。

重曹シャンプー自体が犬にとってやさしい成分になっており、さらに重曹が持つ消臭効果によって犬の体臭を取り除いてくれるのもうれしいですね。

重曹をそのまま使ったドライシャンプーもおすすめ

重曹が含まれているシャンプーのほかに、重曹をそのまま犬にふりかけてシャンプーする方法があります。

いわゆる、水を使わないドライシャンプーですが、重曹をふりかけたあとブラッシングするだけで、犬の体臭が取れる手軽さが魅力です。

ただ、気をつけたいのは、丁寧にブラッシングして重曹を十分に落とすこと。重曹が残ったままだと、皮膚に問題が生じる可能性があるので注意が必要です。

ペット用品は重曹で洗おう!

ペット用品は重曹で洗おう!

ThamKC/Shutterstock.com

犬が使うペット用品を洗う際、犬は何でも口に入れたり、なめたりするので洗剤には気を遣う人も多いはず。そんな時にも重曹は重宝します。重曹には汚れを落とす働きがあり、石けんや洗剤などを使うよりすすぎもカンタンなのでおすすめです。

洗い方は、ます浴槽にお湯をため、洗いたいグッズを入れて軽く汚れを落とします。そのあと、お湯500mlに対して重曹を大さじ1杯の割合で溶かします。重曹が溶けたお湯でグッズをもみ洗いすると、汚れが落ちてきます。

汚れが強い場合は、新しいお湯に重曹を入れて浸け置きしておくと効果的です。

また、水洗いができないペット用品の場合は、ビニール袋に重曹と一緒に入れて良く振り、重曹を払い落とすと臭いが随分落ちるので試してみてください。

おしっこの臭いは重曹では取れない

犬の体臭は大半が酸性です。そのため、弱アルカリ性の重曹を使うことで中和され、臭いを取ることができます。

一方で、犬のおしっこの臭いはアンモニア、つまりアルカリ性です。そのため、重曹を使っても同じアルカリ性で中和しないため、臭いを取ることはできません。

犬のおしっこの臭いを取るためには、クエン酸など酸性のものを使用するようにしてください。

重曹を使う時の注意点

重曹を使う時の注意点

fewerton/Shutterstock.com

重曹は弱いとはいえアルカリ性の物質です。肌が弱い犬の場合、時に肌が荒れてしまうことがあるので、注意が必要です。

犬に重曹や重曹シャンプーを使って異変を感じた場合は、すぐに使用を取りやめ獣医師の診察を受けるようにしましょう。

また、先述したように食用の重曹を使用することと、犬がなめすぎて多くの量を口に入れないようにすることにも十分注意してください。

人に安全な重曹は、犬にも使用することができます。犬も飼い主も快適に生活できるよう、上手に使いたいものですね。