ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
気になるトイレのゴミ箱の臭いを解消する方法
出典 : Jaroslav Moravcik/Shutterstock.com

気になるトイレのゴミ箱の臭いを解消する方法

サイズやデザイン豊富に売られているゴミ箱。トイレで使用するゴミ箱の選び方と臭い対策について考えてみました。そもそもトイレにゴミ箱は置かない人も多く、その理由やメリットについてもあわせて紹介します。

  • 鈴木

トイレの臭い? ゴミ箱の臭い?

トイレの臭い? ゴミ箱の臭い?

anucha maneechote/Shutterstock.com

トイレは臭いと相場が決まっていますが、トイレのどこが? 何が? 臭いのでしょうか。
まず、公衆トイレで顕著な鼻をつくイヤな臭い、トイレ独特のアンモニア臭。これは、便器の周辺や便座の裏側、すき間などに飛び散った尿が腐敗してバクテリアが増殖したことによる悪臭です。
こうして飛び散った尿を放置しておくと、尿の成分が固まって「尿石」と呼ばれる頑固な汚れになります。便器の黄ばみは尿石によるもので、それこそが臭いの発生源なのです。

また、トイレに設置しているゴミ箱(サニタリーボックス)内の汚物が臭いの原因かもしれません。ゴミ箱の素材や状態、汚物の捨て方や放置時間などによって、清潔に保っていない場合、悪臭を放つ可能性があります。
このほか臭いの原因としては換気機能の不備が考えられます。
トイレ室内には換気扇がついており、正常であれば換気消臭されますが、屋外に通じている換気ダクトがふさがっていたり、換気扇のフィルターが汚れていたりするなど換気機能に正常に機能していない場合、消臭されないため臭います。

トイレのゴミ箱の選び方

トイレのゴミ箱の選び方

eightstock/Shutterstock.com

素材の特徴について

もしかすると臭いの原因になるかもしれないトイレのゴミ箱、どのようなタイプを使用していますか?
ひとくちにゴミ箱といっても、素材や形状はいろいろ。さまざまなデザインのものが出回っています。

紙製の組立ボックスで箱ごと捨ててしまう使い捨てタイプ、シンプルなステンレス製のゴミ箱、カラーバリエーションが豊富なプラスチック製のゴミ箱、花柄などが描かれたヨーロピアンテイストの陶器製のゴミ箱etc.
それぞれの素材にはどのような特長があるのでしょうか?

紙は他の素材に比べて軽く、値段は手頃で使い捨てに適していますが、丈夫さに欠け、水に弱いことが欠点です。
ステンレスは錆びず、汚れが落ちやすく、お手入れがカンタンで衛生的な素材です。
また、1000℃の熱にも耐えられる丈夫さを併せ持っていますが、値段が高いこと、重量が重いことが短所といえます。
プラスチックは、ステンレスに比べるとかなり軽いため、移動もカンタンにできます。また、原料に染料や顔料を混ぜることによって自由に着色することが可能です。
大量生産できるため、価格が安い点はありがたいといえますが、短所として、耐熱性が低く、表面がやわらかいためキズがつきやすく、一般的に電気絶縁性が良いので帯電しやすいです。このためホコリなどがつきやすく汚れやすいといえます。
陶器のゴミ箱はデザイン性に富んでおり、装飾美、エレガントさが特徴です。凹凸があればお手入れがたいへんですが、基本的に表面をコーティングしているのでホコリはつきにくく、お手入れはしやすいです。欠点は割れることでしょう。

選ぶ際のポイント

空間や使用人数に相応しい大きさ、空間やトイレのインテリアに合ったデザインのゴミ箱を選びます。
できるだけ早めに汚物を捨てる方が清潔ですし、防臭にも役立つので、若干小さめサイズがいいでしょう。

また、臭いの観点から考えると、フタがついているもの、中にゴミ袋を入れて使えるように袋留めがついているものが便利です。また、トイレが狭い場合は、トイレットペーパーなどの収納と一体化したゴミ箱がおすすめです。

ゴミ箱にひと工夫で臭い対策

ゴミ箱にひと工夫で臭い対策

Wealthylady/Shutterstock.com

臭い防止のためには、まずフタつきのゴミ箱を選ぶことですが、さらにゴミ箱の除菌・抗菌・消臭のためにできることを考えてみました。
●臭いの元となる汚物をいち早く捨てるようにします。
●ゴミ箱の汚れが雑菌を増殖させる場合もありますので、ゴミ箱自体の掃除をこまめにします。
●ゴミ箱のフタの裏に消臭剤を貼り付けます。
●やや割高になりますが、消臭タイプのビニールゴミ袋を使用します。
●イヤな臭いや湿気を吸い取ってくれるといわれる炭をゴミ箱に入れておきます。

トイレにゴミ箱を置かないという選択

トイレにゴミ箱を置かないという選択

Rasulov/Shutterstock.com

そもそもトイレにゴミ箱は必要なのでしょうか?
男性の単身家庭の場合、必要ないので置かないという人がほとんどだと思いますが、女性がいる家庭ならトイレにゴミ箱を置くのは当たり前? 疑問に思い、女性のおしゃべり掲示板をのぞいてみたところ、案外、置いてない家庭もあることがわかりました。では置いていない場合、汚物はどうしているのでしょうか? 

ゴミ箱は置いていないけれど、ビニール袋や紙袋は常備し、必要な時に入れてトイレには置かずにすぐに捨てるというわけです。もしくは、いちおうお客さま用としてゴミ箱は置いているけど、自分が出した汚物はすぐに捨てるため、使っていないという人も。いずれも置かない方が清潔であり、臭い対策になると考えてのことです。

置いている人、置いていない人、どちらが多いかまではわかりませんでしたが、固定観念にとらわれて必ずしも置くことにこだわる必要はないですね。

トイレ用置き型消臭剤で臭い対策

ファブリーズ W消臭 トイレ用消臭剤

ファブリーズ W消臭 トイレ用消臭剤

ゴミ箱にひと工夫して防臭を試みる、あるいはゴミ箱を置かない選択もありということで、臭い対策はさまざまですが、トイレに「ファブリーズ W消臭 トイレ用消臭剤」を置くという選択はいかがでしょうか?

トイレには臭いの原因となるものがたくさんあります。掃除をしてもなぜか臭うニオイは、アンモニア臭です。そして、そのニオイを発しているのは、浸透性のある壁や床なのです。
「ファブリーズ W消臭 トイレ用消臭剤」は、アンモニアが付着しやすい浸透性の高い床や壁を防臭コートすることで、イヤなニオイの付着を抑えます。
また、日本のトイレの空間構造を徹底的に研究し、コンパクトな容器デザインながらも、消臭成分をトイレ空間全体に行き渡らせる設計を実現させました。
そして、日本人好みの3つの香りをラインナップ。使いはじめから、終わりまで、しっかり香りが感じられます。気になるトイレのニオイに、ぜひお試しください!

さまざまな大きさ、デザイン、素材のトイレ用ゴミ箱(サニタリーボックス)が出回っていますが、どれを選べば良い? を考える前に、ゴミ箱をそもそもトイレに置かない選択もあるとは。目から鱗が落ちるとはこのことですね!