ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋干しは乾かない!? 洗濯の常識のウソ、ホント
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

部屋干しは乾かない!? 洗濯の常識のウソ、ホント

「部屋干しは乾かない」とよくいいますが、本当でしょうか? 外に干しても天候によっては乾かない日もあります。室内は屋外と比べ、温度も湿度もコントロールしやすいので、乾きやすい環境をつくることも可能です。

  • 創文舎 hamo

「乾かない」訳じゃない、乾かす工夫をしていないだけ

「乾かない」訳じゃない、乾かす工夫をしていないだけ

1981 Rustic Studio kan/Shutterstock.com

一般に部屋干しは、「乾かない」「臭いが残る」などとよくいわれます。確かに、部屋干しは、夏場の晴天の日に比べると、乾く時間もカラッと具合も随分と差が出ることは明白です。しかし、曇天で湿度の高い日や、雨の日、冬場の気温の低い日などは、むしろ部屋の中で干した方がカラッと早く乾く場合も多々あります。

天気の良くない日は、なぜ部屋干しの方が洗濯物がよく乾くのでしょうか?
それは、外に比べ、家の中の方が「気温が高い」または、「湿度が低い」といった、洗濯物が乾きやすい条件が揃っているからです。

要は、部屋干しは乾かないわけではなく、乾く条件さえ揃えれば、きちんと洗濯物を乾かかすことができるのです。秋から冬へ向かうこれからの季節、部屋干しでも洗濯物をすっきり乾かすポイントを押さえて、気持ちよく部屋干ししましょう。

干し方で変える、空気の流れ

干し方で変える、空気の流れ

HikoPhotography/Shutterstock.com

洗濯物は、水分を周りの空気に移すことで発散させ、乾いていきます。
よって、洗濯物をすっきり早く乾かすには、洗濯物の周りの空気を絶えず乾燥させ入れ替えることが大切です。外に干して洗濯物がよく乾く日は、気温が高く湿度が低い、風のある日です。部屋干しでも、室内環境を工夫することで、外に干した時と同じように乾きやすい環境をつくることができます。

まず基本となる、洗濯物の干し方。
スペースが狭いからといって、ギュウギュウに洗濯物同士を密着させるように干しては、洗濯物を乾かす空気が入る隙間がありません。

洗濯物同士は、こぶし1個分程度の間隔を空け、空気のとおり道を確保しましょう。パンツやスカートなどのボトムスは、ピンチハンガーなどで履く時と同じような形になるように筒状に干すと空気がよく通り早く乾きます。その他にも、長さの違うものを一列に干す時には、両端に長いものを干し、真ん中に行くに従い短くなるようにアーチ状に干すと空気がよく通ります。

乾かしやすいように干したら、乾きやすい環境を整えましょう。
気温や湿度に合わせ、冷暖房をつけ、できるだけ直接洗濯物に風が当たるようにセッティングしましょう。エアコンがない場合や風があてられない場所に干す時は、扇風機やサーキュレーターを使い、風を当てるのも◎。湿度が高い日には、除湿機も合わせて運転するとよいでしょう。

部屋干しこそこまめな洗濯を

部屋干しこそこまめな洗濯を

ND700/Shutterstock.com

「どうせ干しても乾かない」と思うと、洗濯する気が起きず、洗濯物を溜めてしまいがち。
しかし、乾かすのに工夫が必要な部屋干しこそ、じつは、こまめな洗濯が大切です。
先ほども述べたように、干す時は洗濯物同士の広めの間隔が大事。大量に洗濯すると、干すスペースが狭くなり、洗濯物同士が密着してしまいがち。干した時の間隔も考えて、一度に洗う量を決めるようにしましょう。

また、汗や皮脂がついた衣類を洗わずに放置しておくと、洗濯するまでの間に衣類の中で雑菌が増殖し、洗っても臭いや汚れが取れづらくなります。その上、洗濯機の容量に対し、洗濯物が多いとますます汚れが落としにくくなり、部屋干しすると臭いやすい生乾き臭の原因に。

臭いが残りやすい部屋干しこそ、衣類に雑菌を繁殖させないように、こまめな洗濯が必要なのです。

乾くまでに増える菌を撃退する新常識

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

部屋干しの大きな悩みの一つに「生乾き臭」があります。
ちゃんと洗ったはずなのに、洗濯物に残るモワ~っとした臭い。もしくは、乾いた時には臭いが消えているのに、着用した時に臭いが戻ってくる場合も。いずれの臭いも、原因は、衣類に残る「雑菌」です。

衣類は、何度か着用し洗濯を繰り返すうちに、繊維の奥に皮脂汚れや雑菌が取れ残るようになり、残った雑菌は、高い湿度や適度な温度などの雑菌にとって都合のよい環境が整うと繁殖をはじめます。じつは、雑菌が繁殖する時に出す分解物が、不快な生乾き臭の原因物質。雑菌の活動を抑制することができれば、臭いを抑えることが可能です。

そこで、部屋干しの新常識として習慣にしたいのが、干す前のシュシュッとスプレー。
たとえば、トレーナーを干す場合、濡れた状態で前後ろに5、6回ずつファブリーズをスプレーしてから干すと、ファブリーズが繊維の中に浸透し、臭いの原因となる雑菌の活動を抑制し、大幅に数を減少させます。

布用消臭除菌スプレー ファブリーズは、消臭剤として知られていますが、雑菌に対する除菌効果もすぐれており、第三者機関の実験によると、布に付着させたウイルスにファブリーズをスプレーしたところ、99%以上のウイルスを減少させたという結果が証明されています。


部屋干しは、外に干した時と比べ、乾くまでの時間が長くなります。濡れている時間が長いとそれだけ臭いの原因となる雑菌が繁殖してしまいます。干す前の新習慣を身につけて、臭い知らずの部屋干しでさわやかに衣類を乾かしましょう。