ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子どもが歯磨きで大暴れ・・・うまく克服する方法とは?
出典 : aijiro/Shutterstock.com

子どもが歯磨きで大暴れ・・・うまく克服する方法とは?

歯磨きを嫌がって大暴れする子どもに、もうウンザリ! でも、子どもには子どものなりの、歯磨きを嫌がる理由があるのです。まずはそこを理解して、親子でストレスなく歯磨きができる、解決方法を探ってみましょう。

  • 渡辺

子どもが歯磨きを嫌がる理由って?

子どもが歯磨きを嫌がる理由って?

noophoto/Shutterstock.com

大暴れをして嫌がる子どもに、歯磨きをさせるのは一苦労ですよね。こっちは虫歯にさせないようにと必死なのに・・・親の心子知らず! といいたいところですが、子どもにだって歯磨きが嫌で仕方がない理由がちゃんとあるのです。

口の中に異物が入ることへの拒否感

子どもは、本能的に口唇や口の中を触られることを嫌がります。とても敏感な部分のため、歯ブラシが触れる感覚に拒否感を覚えてしまうのです。

どう解決する?

まずは、歯ブラシに慣れるところから始めましょう。子どもを寝かせて、話しかけたり、顔や口のまわりをやさしく触って、互いにリラックスしてから、ガーゼや綿棒で歯を拭ってあげましょう。これに慣れたら、今度は少しずつ歯ブラシの感触に慣れさせていきます。

ずっと口を開けていることが苦痛

歯磨きのためにずっと口を開けていると、唾が溜まってきます。大人は吐き出すことができますが、子どもはまだそれが上手にできないため、苦しくなってしまうのです。

どう解決する?

唾が溜まってきたなというタイミングで、一度吐き出すようにうながします。また、ずっと口を開けているとあごが疲れてしまうので、唾を吐き出すタイミングで少し休憩をさせてあげましょう。

歯磨きの時のお母さんが怖い

子どもに歯磨きをさせるために、むりやり押さえつけたり、怒ってしまうこともあります。また、短時間で終わらせようとして、つい強い力で歯を磨いていることも・・・。それが原因となって、子どもに“歯磨き=お母さんが怖くなる”というイメージを植えつけてしまっているのです。

どう解決する?

何が何でも磨く! という気持ちはひとまず抑え、少し力を抜くようにしましょう。歯磨きは楽しい、お母さんと仲良くできる、というイメージを子どもに持ってもらえるよう、やさしく、笑顔でいることを心がけてみてください。

子どもが喜ぶ歯ブラシ、歯磨き粉を選ぼう

子どもが喜ぶ歯ブラシ、歯磨き粉を選ぼう

279photo Studio/Shutterstock.com

子どもが歯磨きに興味を持てるよう、工夫をしてみることも大切です。子ども用の歯磨きグッズは、成長段階や用途に応じて、さまざまなものが市販されています。子どもと一緒に、お気に入りのものを見つけてみましょう。

好きなキャラクターの歯ブラシ

歯磨きの時間を楽しくするには、子どもの好きなキャラクターの歯ブラシを使うのが効果的。「○○と一緒に歯磨きしようね」などの言葉がけをして、楽しい雰囲気を作りましょう。

好きな味の歯磨き粉

子ども用の歯磨き粉は、イチゴやメロンなどのフルーツ味のほかに、ソーダ味やコーラ味といった変わり種までさまざま。子どもの好きな味を何種類か用意しておき、歯磨きのたびに選ばせてあげるのもおすすめです。また、歯磨き中の泡や、口をすすぐのが苦手な場合には、泡立ちが少ないジェルタイプのものを選びましょう。

歯磨きが楽しくなる、裏ワザを駆使!

歯磨きが楽しくなる、裏ワザを駆使!

Jakraphong Photography/Shutterstock.com

歯磨き動画

スマホやタブレットで見ることができる、歯磨き動画を利用するのもおすすめ。音楽や動きに合わせて磨くことで楽しい気持ちになり、歯磨きの仕方を学ぶこともできます。

歯磨き絵本

歯磨きに関する絵本を、読み聞かせましょう。歯磨きがなぜ必要なのか、歯磨きをしないとどうなってしまうのか、ということを、親子で楽しく学ぶことができます。

歯磨きアプリ

スマホやタブレットで、ゲームをしながら楽しく歯磨きトレーニングができるアプリを利用するのもおすすめ。かわいいキャラクターの歯を自分が磨いてあげるという経験をすることで、歯磨きへの抵抗感がなくなります。

歯磨きは、貴重なコミュニケーションタイム

歯磨きは、貴重なコミュニケーションタイム

milmed/Shutterstock.com

嫌がる子どもを押さえつけたり、叱ってばかりいては、親子共にストレスが溜まってしまいます。でも、考えてみれば、子どもの歯磨きを手伝う期間は、それほど長くはないのです。小学校に上がれば、仕上げの歯磨きは徐々に必要なくなります。

歯磨きは、子どもの成長を感じられ、身近に触れ合える貴重なコミュニケーションタイムです。歯磨きを嫌がる子どもと戦うのではなく、子どもが嫌がる理由を理解して、解決するところから始めましょう。子どもにとっても、お母さんと仲良くできるうれしい時間となれば、きっと歯磨きが好きなるはずです。

子どもの歯磨きは、嫌がるからといってやめるわけにもいかない問題です。将来、虫歯や歯周病になって困らないためにも、楽しくできる工夫を取り入れてみましょう。