ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
中古車と新車、選ぶならどっちがお得!?
出典 : ESB Professional/Shutterstock.com

中古車と新車、選ぶならどっちがお得!?

購入費用が抑えられる中古車を買うか、初期費用は高くても故障の心配の少ない新車を買うか・・・。車の買い替えを考える時、多くのドライバーが頭を悩ませます。新車と中古車のメリット・デメリットを比較してみましょう。

  • 創文舎 hamo

車好きを悩ます、新車vs中古車問題

車好きを悩ます、新車vs中古車問題

ImageFlow/Shutterstock.com

何年か車に乗って車検の日が近づいてくると頭をかすめるのが「買い替え」の4文字。
まだまだ乗ろうと思えば乗れるけど、値段がつくうちに売りに出して、もう少しグレードの高い車に乗り換えようか、だとか、家族も増えたしもう少し広いスペースの車にしようか・・・などと、ライフスタイルの変化やお財布事情により理由はさまざまです。

さて、乗り換えを考えた時に、最初に悩むのは「新車にすべきか、中古車にすべきか」という点。ピカピカの新車に乗れたら最高だけど、そこに付いて回るのは費用の問題。購入費用を抑えて、手頃な中古車を買うのが経済的な感じがしますが、果たして、購入後に発生する維持費や修理費を考えると、本当に中古車の方がお得なのでしょうか?

車にかかるコストは「購入する」その時だけのことではありません。乗ってから発生する、燃料代や修理費、車検代や税金などの維持費も忘れてはいけないポイント。さらに、もう一つの大きな経済的要素が、車を手放す時に戻ってくるリセールバリュー。いわゆる、下取り価格や買い取り価格です。これらのことを踏まえ、車にかかる総コストを考えると、「購入金額+維持費-リセールバリュー」がその車にかかる費用のすべてになります。

車種によって違いはありますが、どの車も新車と中古車を比較すると、概ね中古車の方が総コストは低くなる傾向にあるようです。しかし、売りに出す際、人気があまり下がらない車種であれば、新車を購入してもそれほど大きな差異にはならないようです。

まだ誰も乗ったことがない新品の車に乗るのですから、多少金額が高くなるのは当たり前。あとは、数年経過しても人気が下がりにくい車種を選んで購入することで、車のコストパフォーマンスは飛躍的に向上します。また、中古車であっても、先々売りに出すことを考えるのであれば、売値が崩れにくい人気車種を選んでおくとお得に車を持つことができます。

すぐに乗りたいなら断然中古車

すぐに乗りたいなら断然中古車

kurhan/Shutterstock.com

車検までの間、ゆっくり車探しできればいいのですが、時として、急な故障やトラブルなどで、急いで車を探さなくてはならなくなる場合もあります。新車でも在庫がある場合ならよいのですが、今のご時世、新車は受注生産が主力。せっかく高いお金を出して車を買うなら少し時間が掛かっても納得のいく車を買いたいものです。

それに比べると中古車は、展示販売していることが多く、雑誌やインターネットで見た車を場所が近ければすぐに見に行くことができます。手続きや整備を含めても、1ヵ月足らずで納車できる場合がほとんどですので、見に行って気に入ればすぐに手に入るのは大きなメリットです。

減税措置なら新車が圧倒的に有利

減税措置なら新車が圧倒的に有利

TijanaM/Shutterstock.com

最近の車は、電気とガソリンの両方を燃料とするハイブリッド車や、充電で走る電気自動車など、資源や環境に配慮した車が台頭してきています。国や世界が推進する取組みということもあり、自動車にかかる自動車取得税や自動車重量税、自動車税などを、排出ガス基準値や燃費性能など一定の基準をクリアした車に対し、税金を免除する「エコカー減税」が今も施行されています。

この減税がいつまで続くのかは定かではありませんが、毎年支払う税金が確実に安くなるのは確か。中古車でも、一部エコカー減税を受けられる車種はありますが、ごく一部の高年式車種しか対象にならないのが現状です。維持費の中でも、「税金」に限っていえば新車の方がより多くの恩恵が受けられます。

買った後は大丈夫? 保証とメンテナンスの問題

買った後は大丈夫? 保証とメンテナンスの問題

ESB Professional/Shutterstock.com

買った後気になるのが、修理やメンテナンスの問題です。
新車は、購入してから3年間または走行距離6万kmまで保証がつくというのが一般的。その間、消耗品を除く故障については、ほぼ無償で対応してくれるディーラーが多いようです。保証期間終了後も、有料で期間延長できるディーラーが多く、煩わしさがない点と安心を買うという点ではよい買い物といえるでしょう。

中古車は販売店によって違いがありますが、最近では独自の保証制度をもつ業者が増えているようです。当然、年式や走行距離に比例して金額は高くなっていくので、けっして手軽なものではありませんが、故障やトラブルが多い中古車を乗るにあたっては保証に入っておいた方が万が一の時も安心です。金額によって、保証範囲が異なるので、契約前によく確認するのをお忘れなく。

高い売値をキープしたいなら臭いに注意!

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

前述したように、車のコストパフォーマンスに大きく関わるリセールバリュー。車を手放す時に少しでも価格を下げないために普段からできるカンタンケアがあります。

中古車を査定する際、走行距離や修復歴などが大きなポイントになるのはもちろんですが、内装の査定の中で思いのほか大きく扱われるのが「臭い」に関すること 。シートの傷やちょっとした汚れなどは修復したり洗浄することでどうにでもなりますが、車に染みついた臭いはなかなか取ることができません。

普段から車内の臭いに気をつけることが、リセールバリューを下げないための大事なポイントです。そこで、おすすめしたいのが、ファブリーズのエアコン用イージークリップ。エアコン吹き出し口にカンタンにセットする車用消臭剤ですが、そのコンパクトなスタイルとは裏腹に、本格的な消臭ができるすぐれもの。
香りでごまかさず、消臭成分が臭い分子を中和し無臭化するので、車の消臭剤でありがちな臭い混ざりや臭い戻りがなく、さわやかな車内環境を実現できます。


車を売りに出す時に、臭いに慌てふためいても時すでに遅し。普段から臭いケアに気を配っておくことで、愛車を手放す時に大きな違いが生まれます。