ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
中古車を売る前にチェックしたい、査定アップのコツ
出典 : mojo cp/Shutterstock.com

中古車を売る前にチェックしたい、査定アップのコツ

人生にそう何度も訪れない中古車を売るという機会。普段し慣れないだけに、知識や対応策がわからず、気がつけば業者の思い通りに・・・なんてことにならないように、基本的な知識を身につけ損をしない取引をしたいですね。

  • 創文舎 hamo

中古車を売るベストタイミングとは?

中古車を売るベストタイミングとは?

1599686sv/Shutterstock.com

愛車を手放すタイミングは人それぞれですが、売る時期によって価格が変わるとしたら、前もって計画的に売る時期を考えた方がお得ですよね。じつは、車の買い取りの値段は時期によって変動します。

車の販売台数がもっとも伸びるのは、新生活を目前にした3月と、転勤や異動が多い9月に集中しています。また、車関係の会社は、決算が3月、半期決算を9月に設定している場合が多く、需要の高さと決算期が重なるため、台数確保に走る1~2月と決算期の3月、9月が一年の中で買い取り額が高くなる時期といわれています。

また、車を売ろうと考えるタイミングは、車検時期が近づく頃が多いのではないかと思いますが、車検を通してから売るのと、車検を通す前に売るのとではどちらが高く売れると思いますか?

車検を通すのに10万円近い金額が掛かるのだから、当然、車検を通した方が高く売れるだろうと思う人が多数派かと思いますが、じつのところ、車検の有無はそれほど買い取り額には影響しないのだとか。上乗せされるとしても、せいぜい2~3万円程度がいいところで、車検代をカバーするほどの金額ではありません。

だとすれば、車を売るなら車検前の方が断然お得。しかも、毎年4月起算で請求される自動車税は、車が廃車にならないと還付されないものなので、4月以前に手放すのが損をしない時期といえるでしょう。車検の月はそれぞれ異なりますが、以上の条件を参考に、愛車をいつ売るのがベストなのか考えてから査定にだすのもいいのではないでしょうか。

売る前に整えたい車内環境

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

車を売る時期を決めたら、次のステップは中古車査定です。
査定する際、チェックされるのは走行距離や年式、機械部分など多岐に渡りますが、その中で意外に厳しく見られているのが車内の臭いです。

とくに、タバコの臭いやペットの臭いは一度つくと取れづらく、前の使用者の生活を想像させるため中古車市場では大きなマイナスポイントとしてカウントされます。

査定時に減点を避けたいなら、普段から車の臭いケアをしておくのがおすすめです。
しかし、不快な臭いを消そうと香料の強い芳香剤を使っては、逆効果。芳香剤の香りが強く残るのも査定によい影響はもたらしません。

そこでおすすめしたいのが、ファブリーズの車用消臭剤、車のエアコン用イージークリップです。コンパクトなボディながら、その消臭効果は本物。エアコンの風に乗って広がる消臭成分は、臭い分子を化学的に中和し臭いを元から無臭化します。

香りでごまかすタイプの芳香剤とは違い、臭い混ざりや臭い戻りがないため、車にイヤな臭いを残しません。
車の臭いをクリアにして、高額査定を目指しましょう!

買い取り査定するなら相見積りを

買い取り査定するなら相見積りを

kitzcorner/Shutterstock.com

車の準備が整ったら、いよいよ査定です。下取りに出す場合だと買い取り査定せずに、ディーラーに引き取ってもらう場合もありますが、愛車の相場を知るためにも、一度買い取り業者に見積もりをもらうことをおすすめします。

買い取り業者に見積りをもらう場合も、一社だけだと果たしてそれが適正なのかどうか判断に困ります。できれば、インターネット等の一括査定サービスなどを使い、3社以上の業者から見積りをとった方が、相場が分かる上、値段交渉しなくても、より高い値段で引き取ってくれる業者をカンタンに見つけることができます。

査定した後、新車購入のため車を下取りに出すとしても、市場価格がわかっていれば、それ相応のサービスや値引きを交渉しやすくなります。

売った後のトラブルを防ぐ注意点

売った後のトラブルを防ぐ注意点

pathdoc/Shutterstock.com

頃良い査定額で買取り手が決まったら、契約する時に注意しておきたいポイントがあります。
納得できる金額で契約したのに、後になって、故障や不具合が見つかったなどといって買い取り額を減額されるケースがあります。そうならないためには、買い取りの契約時に、後になって車の不具合を理由に減額される場合があるかどうかを確認し、契約書などに盛り込まれている場合は、契約前に該当箇所を説明してもらうようにしましょう。

それほど悪徳な業者が多いというわけではありませんが、知らないがために後で泣きを見るのは素人側です。後悔しないよう、事前確認はしっかり行っておきましょう。

また、最近では、インターネットを利用したオークションや個人売買をするケースも増えていますが、こちらも手慣れていないと戸惑うことが多く、専門業者並みの知識も必要です。確かに、中間マージンが発生しない分、利益は大きくなりますが、それ以上に抱えるリスクが大きいことも頭に入れておかなければなりません。


普段の生活とは縁遠い、特殊なやり取りが多い車の売買。動く金額が大きいだけに、事前に準備や情報収集を行って、後悔の無いようにしたいものです。普段から、車内環境を整え、消臭や清掃の習慣をつけておけば落ち着いて交渉ができそうですね。