ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
中古車を売るなら下取り? それとも買取り? 違いを知って賢く売却
出典 : Jinning Li/Shutterstock.com

中古車を売るなら下取り? それとも買取り? 違いを知って賢く売却

中古車を手放す時に、販売業者からすすめられる下取り。果たして、そのまま下取りしてもらった方がいいのか、買取り店に売った方がいいのか・・・。違いを知って自分に合った方法を選びましょう。

  • 創文舎 hamo

中古車の下取りと買取りの違いとは?

中古車の下取りと買取りの違いとは?

WHYFRAME/Shutterstock.com

車を乗り換える際、今乗っている車をどうするか悩む人は多いでしょう。車をしょっちゅう乗り換える人なら、車の売却にも慣れているかもしれませんが、一般に車の売買というのは日常茶飯事とはいえず、人生のうちにそう何度も訪れる出来事ではありません。

車を売るとなった時に、まず迷うのが、「下取り」に出すか「買取り」業者に売却するかの2つではないでしょうか。現在では、個人売買やネットオークションなど、さまざまな売却方法が身近になりましたが、知識をもたない人にとってリスクが大きいことは否めません。

さて、この下取りと買取り、いったいどのような違いがあるのでしょうか。
下取りは、新しく車を買う際、車を売ってくれる販売店に今まで乗っていた車を引き取ってもらい、次の車の購入資金に充当する方法です。それに対して買取りは、車を購入する店とは別の買取り業者に依頼して車の査定を行ってもらい、提示された金額で車を売却する方法です。

どちらも車を売る手段ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。どのような点に特徴があるのか見ていきましょう。

下取りのメリットとデメリット

下取りのメリットとデメリット

Zoriana Zaitseva/Shutterstock.com

下取りは前述したように、車を購入する販売店に引き取ってもらう方法。車を買うついでにできるシンプルな方法ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

下取りのメリット

煩わしい作業がいらない

新しい車を購入するお店にすべてお任せできるので、交渉相手が増えず、手続きもいたってシンプル。車の手続きは、営業マンとの密なコミュニケーションが必要となります。信頼できる相手に依頼できると安心感が違います。

下取りを値引き交渉の材料にできる

新車を買うにしても、中古車を買うにしても、古い車を下取りに出すことで、その査定額の分だけ値引きしてもらえるよう交渉ができます。表立って値引きがしづらい場合は、下取り車があることで営業マンも応えやすくなるようです。

値がつかない中古車でも下取りOKの場合も

買取り査定に依頼して0円の査定でも、下取りの場合は、可能な値引き額に応じて値段をつけてくれる場合があります。買取りは、その車を買った後、オークションなどで転売することが目的のため、商品価値のない車には厳しいですが、下取りはあくまで新しい車を購入するのに付随するものなので、下取りを名目に値引きに応じてくれる場合があるのです。

下取りのデメリット

買取りよりも査定額が低い

買取りはその後転売して利益を出すことを目的としているため、値のつく車に対しては買取り額が高くなる傾向にあります。対して、下取りは車の購入に対するサービスであるため、「値段」という点では、買取りを上回ることは少ないようです。

下取りで得たお金は自由に使えない

下取りで査定された金額は、現金として手元にくることはほぼありません。その全額を次の車の購入資金に充てられるのがほとんどです。

買取りのメリットとデメリット

買取りのメリットとデメリット

Photick/Shutterstock.com

販売店とは別ルートで依頼する中古車の買取り。1990年代に現れた業態ですが、その後、成長が著しく常に競争市場になっています。

買取りのメリット

下取りと比べ査定額が高い

車を買取った後、オークションなどで転売し利益を得るため、価値のある車には高い値段がつきます。また、買取り業者によって、独自に査定基準や、得意としている車種などが異なるので、査定を受けるなら複数の業者に依頼した方がよいでしょう。
また、売却して得た利益は現金や振り込みなどで受け取るので、自由に使えるのもメリットです。

出張査定してくれる

電話やインターネットなどで依頼すると、わざわざお店まで出向かなくても、自宅や近所の公園など任意の場所で出張査定してくれる業者がほとんど。一日の中で複数の業者とアポを取っておけば、自宅にいながらにして複数社の査定を受けることもできます。

買取りのデメリット

自らが率先して動かなくてはならない

販売店に一任できる下取りと違い、業者との連絡や査定日時の設定など、すべて自分で動かなくてはなりません。

需要の無い車は買い取ってもらえない

走行距離の多い車や、年式の古い車、市場で人気のない車は、時として値段がつかない場合もあります。基準はあくまでも、中古車市場で売れるかどうか。値段がつかない場合は下取りの方がよい場合もあります。

普段からの臭いケアで査定時にも慌てない

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

下取りも買取りも一長一短。手続きが面倒な人やトータルで価値を判断する人なら下取りの方が向いているかもしれません。反対に、愛車を少しでも高く売って、利益を自由に使うためなら動くことも苦にならないという人なら買取りの方が合っているでしょう。後は、車の状態や市場価値によって判断するといいでしょう。

下取りにせよ、買取りにせよ、売却する前に必ずしなくてはならないのが査定。業者によってその基準は異なるといいますが、どの業者でも重視しているのが、車内に残る「臭い」の存在。

とくに、タバコ臭やペット臭などは取れづらく、前の持ち主を想起させるため、中古車市場では嫌がられる傾向にあります。

そこで、売却を視野に入れ、普段から気をつけておきたいのが車内の臭いケア。
臭いケアといっても何も特別なことではなく、普段から消臭剤をつけておくだけのカンタンケアでOKです。
ファブリーズの車用消臭剤、車のエアコン用イージークリップは、エアコン吹き出し口にセットしておくだけで、消臭成分が車内に広がり、臭い成分を化学的に中和して無臭に変えることで、臭いを車に残しません。
取れにくいといわれる、タバコ臭やペット臭にも高い効果を発揮するので、愛煙家やペットを飼っている人にはとくにおすすめです。


知識がないと特徴がよくわからない下取りと買取り。違いを知った上で、自分に合った方法で愛車を送り出しましょう。査定前に慌てないように、普段からの消臭もお忘れなく。