ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「ただいま」と部屋に入ると空気がこもってる!? 何とかしなきゃ!
出典 : takayuki/Shutterstock.com

「ただいま」と部屋に入ると空気がこもってる!? 何とかしなきゃ!

毎日部屋の換気や掃除をしたくても、働くママはなかなか時間が確保しにくいもの。帰宅した時に出迎えてくれるのは、留守中に閉め切っていた部屋から漂う空気のこもった臭い・・・。さわやかな空間をキープするにはどのような対策があるでしょう?

  • 創文舎 hamo

部屋にこもる不快な臭いの原因とは?

部屋にこもる不快な臭いの原因とは?

Emily frost/Shutterstock.com

仕事や買い物に出掛け、長い時間部屋を閉め切った状態で家に帰ってくると、扉を開けた瞬間感じる違和感のある臭い。思わず「自分の家かしら?」と思ってしまうくらい、閉めきった部屋は空気がこもりやすくなっています。

この何ともいえないこもった臭いはいったい何が原因なのでしょうか。
この臭いを一言でいうなら「生活臭」。家の中では、人が生活する以上、さまざまな臭いが発生します。料理をすれば食べ物の臭いが広がり、タバコを吸う家庭やペットを飼育している家庭ではそれぞれ独特の臭いがします。他にも、汗の臭いや体臭など、何もしなくても臭いはどんどん部屋に蓄積されていきます。

これらの臭いが混ざり合いできるのが、その家庭独自の生活臭。
普段、家の中で生活している時にはさほど気になりませんが、一度、外で長い時間過ごして帰宅すると、嗅覚が一度リセットされるため、不快な臭いとして改めて自覚するのです。

普段からできる基本の生活臭予防策

普段からできる基本の生活臭予防策

sukiyaki/Shutterstock.com

家の中で暮らしている以上、避けることができない生活臭。この生活臭を軽減するには、さまざまな方法があります。基本的な対策にはどんなものがあるでしょう。

換気をする

部屋の中の臭い対策の基本はまず換気。掃除機を掛ける時などに、できれば対角線上に2か所以上窓を開け、空気を入れ替えましょう。窓が開けられない住宅事情の場合は、ドアを開け放ち、部屋や水回りの換気扇をつけ、扇風機やサーキュレーターを回して部屋の空気を循環させましょう。

大きめファブリックを洗濯する

臭いを吸い込みやすいのが、カーテンやソファカバー、ベッドのシーツなどの大きめの布製品。定期的に洗濯することを心掛ければ臭いの軽減につながります。

空気清浄機を設置する

消臭効果のある空気清浄機を導入して臭いの気になる部屋に設置しましょう。排気部分から臭いがしないか確認し、フィルター清掃などを定期的に。

拭き掃除

子どもがいるとフローリングの床をペタペタ裸足で歩き回ったり、食べ物や飲み物をこぼしたりと、その時サッと拭いていても、意外に臭いの元となる汚れは残っています。掃除の際に、フローリングワイパーのウェットタイプなどで拭き掃除をプラスすると、汚れや皮脂が取れ、臭いが軽減することがあります。


どの方法がベストかは、それぞれのライフスタイルや臭いの種類によって異なります。時間を見つけてできる時には積極的に行いましょう。

掃除したいけどできない働くママのジレンマ

<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

厚生労働省が行った調査によると、18歳以下の子どもをもつ家庭で両親共に働く共働きの家庭は全体の67.2%を占め、増加傾向にあるそうです。 生活臭をケアするためには、定期的な掃除や換気が効果的ですが、働くママたちに普段の家事について尋ねたアンケートによると、 料理や洗濯などの家事は平日でも実施率はどれも90%を超える高さであるのに対し、片付けや掃除などの平日の実施率は、50~70%台に留まっていることがわかりました。

掃除したいけどできない働くママのジレンマ
<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

また、同様の調査によると、掃除をしたいけれども忙しくて毎日できないと感じている働くママは全体の86.3%に達し、掃除はできなくても室内はさわやかな香りで満たしたいとの回答は84.7%に上りました。

掃除をしたいけれども忙しくて毎日できないと感じている働くママは
<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

そんなママたちの、臭いケア事情は、掃除する時間をつくることができないにも関わらず、なんと約95%のママが何らかの臭いケアをしているとの回答。しかしながら、そのケアにはあまり満足できておらず、78.3%のママが不安を抱えています。

そんなママたちの、臭いケア事情
<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

<P&G調査 働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート>

臭いケアの基本である換気を毎日できていると回答したのは、全体のわずか35%。部屋の臭いはどうにかしたいけれど、どうにもできないという手詰まり感が感じられます。

革命的な消臭スプレーで悩みも空気も晴れやかに

空間用消臭スプレー ファブリーズマイクロミスト

空間用消臭スプレー ファブリーズマイクロミスト

多くの働くママを悩ます部屋の中のこもった臭い。この打開策となる画期的なアイテムがファブリーズシリーズから登場しました。

細かなミストで部屋中の空気を素早く消臭するルームスプレー、ファブリーズマイクロミストです。マイクロミストなら、12畳のリビングにわずか10秒間スプレーするだけで、生活臭を瞬時に消臭。しっかり臭いを消した後に、やさしくさわやかな香りが広がります。

これまでも、液化ガスを使ったルームスプレーは従来品としてありましたが、マイクロミストはその従来品の4.2倍もの消臭成分を配合しています。ですから、従来品と比較してもその効果の違いは歴然、10秒間という短い時間でも部屋の空気をしっかりリセットすることができます。

さらに、違いを感じるのは、その使用感。従来品は、ガスを使い消臭成分を噴射していましたが、マイクロミストは、アジアで初となるまったく新しいスプレー技術を採用しているため、使いはじめから終わりまで均一なスプレーを実現し、軽くレバーを握るだけで約2畳分程度の消臭を可能します。また、使い終わった後も取り外してプラスチックゴミに分類できるエコ仕様。ガス抜きがいらなくなったのもうれしいポイントですね。


働くママの臭いの悩みを救う画期的なマイクロミスト。出掛ける前に、「行ってきます」の一吹き、帰ってきたら「ただいま」の一吹きをすれば、部屋の中はいつでもさわやかな香りで満たされます。