ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
これから始める! 初心者のためのロードバイク講座
出典 : Chetty Thomas /Shutterstock.com

これから始める! 初心者のためのロードバイク講座

いつもの通勤さえもスポーツ感覚で楽しめる!? と夢中になる人続出中のロードバイク。始めてみようかなと思ってはみるものの、マウンテンバイクとの違いもよくわからない、という人のために、今さら人に聞けないロードバイクの基本について紹介します。

  • 鈴木

知っているようで知らない! ロードバイクとは?

知っているようで知らない! ロードバイクとは?

DUSAN ZIDAR/Shutterstock.com

流行っているみたいだし、健康に良さそうだし・・・理由はともあれロードバイクを始めようと思って調べてみたら、スポーツバイクにもいろいろある。どれも同じだろう・・・などと考えてはいけません。じつは、似て非なるさまざまなバイクたち。

スポーツバイクは大きく分けると、ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクの3つあります。舗装路を速く走るためのロードバイク、山間地帯などを速く走るマウンテンバイク。もうひとつはロードバイクとマウンテンバイクを融合させたクロスバイク。ハイブリッドバイクとも呼ばれます。

ロードバイクは、重量が軽く、ドロップハンドルに細めのタイヤを装着した、舗装路をもっとも速く走ることのできる車種です。ドロップハンドルとは、形状が下に湾曲しているもので、走るスピード等に合わせて握る部分を変えることで走りやすい姿勢をつくれます。
ロードバイクは、オンロードの高速走行、長時間走行、長距離走行に適しており、世界最大の自転車レース『ツール・ド・フランス』もロードバイクで走っています。

対して荒れた山道を走るマウンテンバイクは、太いタイヤと頑丈なフレームが特徴です。重量が重く、タイヤの接地面が広いため、抵抗が大きく、高速走行や登り坂は苦手なバイクです。

はまる人々急増中! ロードバイクの魅力とは?

はまる人々急増中! ロードバイクの魅力とは?

Rocksweeper/Shutterstock.com

近年急速に人気上昇中のロードバイク。その魅力は何でしょうか?
楽しみ方や魅力はそれぞれとしても、やはりロードバイクにはまっている人は口を揃えて「スポーティでかっこいい!」といいます。
ルックスの良さに加え、速く楽に遠くまで走ることができるという機能的にもすばらしいものがあります。本来、舗装路を高速走行する競技車両として開発されてきたというだけあって、走行性能は抜群。ロードバイクを始めて数か月で、週末に50kmのサイクリングを楽しんでいる方も珍しくありません。ロードバイクに乗っていれば、通勤などの単なる移動もちょっとしたスポーツになるわけです。

ロードバイクを始めると、走る楽しさに目覚め、走っているうちに体力がつき、もっと走るといった好循環を生み出します。健康になり、体力がつきますから、仕事やプライベートもイキイキと元気に過ごせるようになります。
全国各地で気軽に参加できるイベントが開催されていますから、ロードバイクを通じて仲間が増えることも魅力です。

購入前に必読! ロードバイクの選び方

購入前に必読! ロードバイクの選び方

Trong Nguyen/Shutterstock.com

目的重視で選ぶ

ひとくちにロードバイクといってもいろいろなメーカーが、さまざまなロードバイクを発売しています。通勤にロードバイクを導入したいのか、週末にサイクリングを楽しみたいのか、ロードレースやトライアスロンに参加したいのか、用途によって購入すべきロードバイクは違ってきます。目的や使い方を明確にするとスタッフのアドバイスも的確なものになるでしょう。

予算重視で選ぶ

ロードバイクの値段は幅広く、フレーム素材や装着されているパーツのグレードによっては驚くほど高価なモノもあります。予算が無制限ならいざ知らず、ある程度の目安があるなら、または初心者の場合はその旨伝え、予算内で購入できるロードバイクを検討しましょう。

適正サイズを選ぶ

どんなに高価なロードバイクでも、サイズが合っていなければ格好悪いうえ、本来の力を発揮してくれません。とくにロードバイクは長時間乗車するものなので、自分の体格に合ったサイズを選ぶこと。大抵の場合、いくつかのフレームサイズが用意されているので、ショップスタッフに相談するなどして適正サイズを選びましょう。

どうせなら揃えたい! ロードバイクの装備品

どうせなら揃えたい! ロードバイクの装備品

I am Kulz/Shutterstock.com

いざ、ロードバイクを買って乗り始める時、服装等に決まりはありませんし、ヘルメット着用義務もありませんが、どうせならロードバイク乗りらしい装備品をひと通り揃えておきたいものです。

転倒時のケガ防止、安全のための(1)ヘルメット(2)グローブは必需品です。グローブはケガ防止以外に、長距離の疲労を軽減してくれます。
(3)自転車用ウエアは格好が良いということもありますが、パッド付きのパンツを着用すれば、お尻の痛みを軽減してくれます。
長距離走行に欠かせない水分補給、(4)ボトルケージを装着してボトルに水分を常備しておきます。

このほか、目を守ってくれるサングラス(夜はクリアレンズのもの)、工具類などちょっとした小物を入れておくサドルバッグ、手のUVケアのためのアームカバーも備えておくと便利です。

さわやかロードバイクライフのための消臭ケア

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ロードバイクを利用していると、夏はもちろんですが、一年を通じて気になるのが汗のニオイです。冬場でも、目的地に到着する頃には、シューズやバックパック、手袋、ニット帽などが汗ばんでしまいます。通勤で利用している人はとくに、これから仕事! という時にニオイが気になったのでは気分が下がります。
そこでおすすめは「ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS 」です。

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS は、スポーツの汗臭に特化した布用消臭剤。頑固な汗のニオイも、ニオイ分子から破壊して強力消臭してくれます。また、ニオイ菌の増殖を長時間抑え、ニオイの原因となる菌を99.9%除菌(対象外の菌もあります)。
使用方法は、汗が気になるシューズ、バッグ、帽子、スポーツなどに各10回程度を目安にまんべんなくスプレーするだけです。ただし、革・和装品へは使用不可。布製品かどうかを確かめてからご使用ください。また、毛、絹・レーヨン・アセテート・キュプラなど水に弱い繊維、水洗い不可の表示があるもの、防水・撥水加工など特殊加工されたものは、シミになったり、風合いを損ねたりする恐れがあるので、あらかじめ目立たない部分で試してからお使いください。

通勤の場合なら、着替えてウエアにスプレーしておけば、帰りにニオイを気にせず、また着ることができます。休日の長距離サイクリングなら、着替えを用意して、汗をかいたら着替え、脱いだウエアにスプレーしておくと、バッグの中が汗臭くなるということもありません。

布製品の消臭に活躍してくれるファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS ! これさえあれば安心してロードバイクを楽しめます。

このように、ロードバイクはだれにも気兼ねすることなく、自分のやる気だけで一歩が踏み出せそうな趣味でありスポーツです。美しい景観の中を颯爽と走ってみたくなりますね!