ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ベッドメイキングのコツとは? 整ったベッドルームで快適に!
出典 : Dmitry Kalinovsky /Shutterstock.com

ベッドメイキングのコツとは? 整ったベッドルームで快適に!

ホテルに宿泊すると、まず目に飛び込んでくる美しくベッドメイキングされたベッド。「家でもこんな風にベッドメイキングできたら・・・」と誰もが一度は思ったことがあるはずです。そこで、ベッドメイキングの方法やちょっとしたコツをご紹介します。

  • 奥平 望

ホテルのようなベッドメイキング方法

ホテルのようなベッドメイキング方法

SARYMSAKOV ANDREY /Shutterstock.com

ホテルのような美しいベッドメイキングがしたいと思っても、なかなか上手くいきませんよね。ぴしっと揃ったと思ったら、反対側が乱れていることもしばしば・・・。いったい、ホテルのベッドメイキングはどのように行っているのでしょうか?

一般的なホテルのベッドメイキング方法は、まず最初にマットレスの上にベッドパッドを敷くところから始めます。その上からシーツをかけ、マットレスの下にシーツを挟み込みます。この後、羽毛ベッドカバーやお布団が直接体に触れて汚れるのを防ぐためのアッパーシーツをかけ、その上にベッドカバーをかぶせて首元部分でアッパーシーツを折り返します。外側のカバーだけ取り外して洗濯でき、お布団兼ベッドカバーにもなるデュベタイプの羽毛ベッドカバーを使用する場合は、最後に帯状のスローをかけます。

ホテルのベッドメイキングの特徴は、パッドやシーツを何重にも重ねることです。この時に、1枚かける毎にシワを伸ばして、ラッピング包装のようにきちんとシーツの端を折り込むことを意識すると仕上がりがきれいになります。

このように、ホテルの従業員なら短時間でできるベッドメイキングでも、素人がやろうと思えばかなりの時間がかかってしまうでしょう。朝の忙しい時にカンタンにできるベッドメイキング方法はないのでしょうか?

家庭でカンタンにできるベッドメイキング方法

家庭でカンタンにできるベッドメイキング方法

MintImages /Shutterstock.com

じつは、自宅でのベッドメイキングはアイデア次第でいともカンタンにできてしまうんです! ホテルのように、シーツを外して、シーツをかけ直して、カバーをかけて・・・。こんな難しい手順は踏まずに、さっとベッドを美しく見せましょう。そこで用意するのは、大きなサイズのベッドカバーです。

大きなベッドカバーが1枚あれば、シーツを直す必要さえありません。バサッとカバーをかけたら、すぐにベッドが整って見えます。忙しい朝や、突然の来客の時に役立つので持っておいて損のないアイテムです。

ベッドメイキングというと、シーツの端がきちんと折り込まれて、シワや乱れが一切ないホテルのようなベッドを想像する人も多いでしょう。しかし、本来ベッドメイキングとは「ベッドを整えること」が目的です。ホテルのようなベッドでなくても、起きたまま放っておくのではなく、簡単にでも整えることが大事です。

大きなサイズのベッドカバーが手元にない場合は、掛け布団を整えるだけでもいいでしょう。シーツが乱れていても、掛け布団をきちんとかけてしまえば見えませんよね。

これらの方法なら、不器用な人や子どもでもカンタンにベッドメイキングできてしまいますね!

クッションやスローを効果的に使う

クッションやスローを効果的に使う

All About Space /Shutterstock.com

ベッドメイキングした空間をさらにオシャレに見せたいなら、クッションやスローを使ってワンランク上のベッドルームに仕上げましょう。

ホテルでは、よくベッドの上にいくつもクッションが置かれたり、アクセントとしてスローがかけられたりしていますよね。お気に入りのクッションを並べて、足元にはスローをかけるだけで、あっという間に海外風のベッドルームの出来上がりです。

シーツの素材や色も重要

シーツの素材や色も重要

Iglenas /Shutterstock.com

ベッドメイキングするなら、シーツやベッドカバーの素材や色にもこだわることで部屋全体に統一感を出すことができます。たとえば、モノトーンでシックに見せたり、リネン素材で涼しげに見せたり。また、クッションカバーの柄とベッドカバーの柄の系統を合わせることで、可愛らしい印象に仕上げることもできます。

ベッドメイキングをするメリット

ベッドメイキングをするメリット

AlexMaster /Shutterstock.com

ベッドメイキングをすることで、朝の爽快感を得ることができます。ぐしゃっと乱れたベッドを気にしながらの朝の支度は、なんとなく気分もどんよりしますよね。朝が苦手な人は、ぜひ朝のルーティンとしてベッドメイキングを取り入れて、憂鬱さを吹き飛ばしましょう。

また、お客様のためのベッドメイキングは「おもてなし」になります。きちんと整ったベッド周りでお客様を迎えることで、気持ちの良い人間関係を築くことができるはずです。

このように、難しいと思い込みがちなベッドメイキングは、アイデア次第でカンタンに美しく仕上げることができます。毎朝ホテルのベッドのように整えるのは時間がかかってたいへんですが、さっとカバーをかけたり掛け布団を直したりするだけなら継続できそうですね。

人生の1/3を費やすベッドは、こだわりのベッドメイキングでいつもきれいにしておきたいものです。