ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋干しの臭いの原因はアレだった! 臭いの攻略法とは?
出典 : Nutlegal Photographer/Shutterstock.com

部屋干しの臭いの原因はアレだった! 臭いの攻略法とは?

「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」とは、敵と味方のことをよく知れば負けることはないという中国の孫子が説いた名言。それは、部屋干し臭との戦いも然り。臭いの原因を知り、日頃のケアを見直せば、臭いを撃退できるはず。

  • 創文舎 hamo

部屋干し臭の原因は「菌」だった

部屋干し臭の原因は「菌」だった

paffy/Shutterstock.com

これからの季節は日を追うごとに寒さが厳しくなり、外で気持ちよく洗濯物を乾かせる日が少なくなります。洗濯物は、乾燥機仕上げか部屋干しが多くなりますが、毎回乾燥機を使うと電気代が気になるところ。しかし、部屋干しすると臭いが気になるし・・・。という人が多いのではないでしょうか?

さて、この部屋干しした時に残る不快な臭い。いったい、何の臭いなのでしょうか。
おろして間もない新しめの衣類は、部屋干ししてもあまり臭いがしませんが、何度か着用した衣類は臭う傾向にあり、とくに、厚手のトレーナーやパーカー、タオルなどは臭いが強いように感じます。

雑巾のようなモワッとしたこの臭い、原因は、洗濯しても取りきれなかった皮脂汚れや雑菌にあります。
まだ新しい衣類は汚れや菌が蓄積していないため臭いがせず、何度か着た衣料、とくに、厚手の衣類やタオルなどは繊維の奥に汚れや菌が入ると取れづらいため臭いが強くなるのです。

洗濯しても、汚れや菌が取りきれないのは、外干しの場合も同じですが、部屋干しの場合だけ臭いが強く感じるのは、第一に日光による殺菌が期待できないこと。また、菌は湿った環境を好むため、外干しに比べ乾くまでに時間が掛かる部屋干しでは、乾くまでの間に菌が増殖し、臭い物質を生成するため臭いが強くなります。

洗濯物は洗う前から菌が増えている

洗濯物は洗う前から菌が増えている

ImageFlow/Shutterstock.com

外干しは、好天に急かされるように洗濯をするためあまり意識することはありませんが、いつ干してもさほど状況が変わらない部屋干しは、何だか洗濯するのが億劫になってしまいます。

しかし、洗濯物は溜まれば溜まる程、洗うまでの間に「菌」が増殖しています。温度と汚れ、湿気を好む雑菌にとって、汗で湿り、皮脂汚れがついたままの衣類は居心地のよいパラダイス。洗濯するまでの間、存分に繁殖し臭い物質を作り続けます。

汚れものはできる限り早く洗うのが最善策ですが、仕事や家事の状況によってはすぐに洗濯することができないこともよくあります。
そんな時は、洗濯物を洗濯機の中に溜めず、通気性のよいカゴなどに入れて一時保管しておきましょう。汗で湿った衣類や、使い終わったバスタオルなど水分を多く含む汚れものは、一旦ハンガーなどに掛けて乾かしておくと、雑菌の繁殖を最小限に食い止めておくことができます。

汚れや菌をしっかり落とす洗濯方法とは?

汚れや菌をしっかり落とす洗濯方法とは?

CWA Studios/Shutterstock.com

部屋干し臭の原因である雑菌。衣類に残っていると思うだけでも気持ちの良いものではありません。雑菌や皮脂汚れを残さずしっかり落とすには、どのような点に気をつけて洗濯すればよいのでしょうか。

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎない

洗濯機に入れる洗濯物の量は常に7割程度。入れ過ぎると、洗浄力が弱くなってしまいます。

洗濯した後はすぐに干す

洗濯機の運転後、濡れた洗濯物を洗濯機に放置するのはNG。洗濯機の中で雑菌が繁殖してしまいます。とくに、タイマー運転は要注意。すぐに干せる時間にセットしておきましょう。

洗剤を変えてみる

部屋干しの時期は、「部屋干し用」とうたう洗浄力高めの洗剤を使ってみるのも一つの手段。しかし、効果を期待しすぎて洗剤を入れ過ぎないように。溶け残った洗剤は返って臭いの原因になります。パッケージに書かれた適量は必ず守るようにしましょう。

臭いが取れなくなったら浸け置き洗い

上記を方法で洗って干しても、臭いが取れなくなってしまったら、衣類の洗濯表示を確認し、漂白剤で浸け置き洗いしてみましょう。
洗い桶に40℃以上のお湯を溜め、適量の粉末酸素系漂白剤を溶かし入れます。洗濯物を沈め入れ1時間程度浸け置きしたら、そのまま洗濯機へ入れ、洗濯洗剤を足して通常と同じく洗濯しましょう。

日光以上の除菌パワーで菌を撃退

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

部屋干し臭を防ぐには、洗い方に気をつけることはもちろん、干し方にも注意が必要です。
衣類の中で雑菌を繁殖させないためには、短時間で乾かすことが大切です。早く乾かすためには、できるだけ洗濯物同士の間隔を空けて干し、空気にふれる面積を広くとりましょう。

そしてもう一つ、干す前にしておきたいのが、日光の代わりに除菌をするファブリーズの布用消臭除菌スプレーを噴霧すること。ファブリーズは、布製品についた臭いの消臭はもちろん、繊維に取れ残った雑菌の除去にもすぐれた効果を発揮します。

P&Gの調査(※1)によると、ファブリーズをスプレーした布団と、日光の下で3時間干した布団とを比べたところ、なんと、ファブリーズをスプレーした布団の方が天日干しの布団の3倍近い菌数の減少を確認したそうです。

部屋干しの臭いの原因は、濡れた状態から乾くまでの間に雑菌が生成する臭い物質。濡れた状態のバスタオルなら、全体に10回程度ファブリーズをスプレーして干すことで、繊維の奥まで除菌成分が浸透し、臭いの原因となる雑菌を撃退します。


部屋干し臭の原因と弱点をしっかり押さえておけば、部屋干し臭は恐れるに足りません。洗う前、洗濯時、干す時とそれぞれのポイントを攻略し、臭い知らずの部屋干しを叶えましょう。