ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
暮らしの中のいろいろな紙を処分してスッキリ
出典 : Wisanu_nuu /Shutterstock.com

暮らしの中のいろいろな紙を処分してスッキリ

新聞紙やショッピングでもらう紙袋、通販で送られてくる段ボール、財布にたまったレシート、クーポン券、ノート、教科書など私たちの暮らしにはさまざまな紙が使われています。ついついたまってしまった紙の処分について紹介します。

  • 鈴木

意外と多い! 収集対象の紙類

意外と多い! 収集対象の紙類

Inga Nielsen/Shutterstock.com

紙類を捨てようと思ったら、そのままゴミ箱に捨てていますか?まずは自治体でゴミ分別収集で処分しなければならない紙かどうかを確認しましょう。
紙類は、燃やせるゴミ(燃やすゴミ)・可燃ゴミにもなりますが、リサイクルゴミ・資源ゴミとして回収している場合は、できれば後者として分別した方が環境に役立ちます。
じつは、調べてみると資源ゴミとなる紙類の種類は意外と多くあります。

【リサイクルできる紙】
●新聞紙
●牛乳など飲料の紙パック
●雑誌・本・百科事典・書籍
●段ボール
●ティッシュの箱
●お菓子などの箱
●ノート
●ポスター
●カレンダー
●メモ用紙
●包装紙
●封筒
●名刺
●トイレットペパーの芯など

これらすべてリサイクルできる紙ゴミです。出し方は、紙の種類ごとに分けてヒモで縛る方法が一般的ですが、各地域で異なる場合があるので、詳細については住んでいる地域の分別方法を確認しましょう。

一方で、リサイクルできない紙類もあります。

【リサイクルできない紙】
●銀紙
●粘着テープ
●ビニールコート紙
●紙コップなどのワックス加工紙
●油紙
●シール・シール台紙
●写真
●防水加工紙
●感熱紙
●カーボン紙
●ティッシュペーパー

これらはリサイクルできませんので、燃やせるゴミ・可燃ゴミとして出しましょう。

書籍や雑誌はお金になるかも!?

書籍や雑誌はお金になるかも!?

Cozine/Shutterstock.com

自分にとってはもう価値がない本だったとしても、他の誰かにとっては必要だったり、貴重だったりすることも珍しくはありせん。

書籍や雑誌は、古本屋やリサイクルショップで買い取ってもらう方法があります。少量・運び込める量なら、不要になった本を自分で持ち込んで金額を査定してもらいましょう。引っ越しや大掃除で大量に処分したい場合は、訪問買い取りをお願いすると良いでしょう。宅配便で書籍類を送って査定してもらう宅配買い取りを行っている業者もあります。
また、ネットオークションやフリマアプリで個人売買する方法もあります。

では、どんな書籍や雑誌が高く売れるのでしょうか?
希少価値が高いものほど高く買い取ってくれる、高く売れる傾向があり、ヒットした小説や漫画本は売れた分、読み終わって売りたい人も多いため、高く売るのは難しいです。古本屋で高く買い取ってくれる、ネットのフリマでも高い値で売れやすい本の種類は、ビジネス本やハウツー本、元値が高い専門書などです。
専門書の中には、語学の参考書や大学で使うような教科書も含まれます。大学受験で使う参考書も、書き込みをせずに使えば高く売れる可能性があります。
また、漫画にしてもセットで全巻揃っていれば、バラバラで売るより高く売れます。全巻揃っていれば、一気読みするために購入する人がいるそうです。

機密文書や見られたくない紙類はどう処分?

機密文書や見られたくない紙類はどう処分?

stable /Shutterstock.com

人には見られたくない書類や雑誌、紙類などはどうやって処分すればいいのでしょうか?
少量の書類等であれば、シュレッダーで処理します。シュレッダーのゴミは念のため分割して捨てた方がいいです。とはいえ、シュレッダーを持ってない家庭も多いはず。

有料になりますが、機密文書の処理を行っている専門業者にお願いすると安心です。断裁してから溶解する業者もありますが、最近では無開封のまま、箱ごと溶解処理してくれる業者も増えています。溶解処理は焼却のように二酸化炭素を排出することもなく、処理後の紙はリサイクルできるので地球環境にやさしいといわれています。また、処理方法にもよりますが、クリップやホチキス、バインダーなどの金具がついていても大丈夫という業者も多くあります。

自分で持ち込む、宅配便で送る、引き取りに来てくれるなど方法は業者により、処分したい文書の量によっても業者選びが変わってくるかと思いますが、業者にお願いする場合、信頼できる業者選びが重要です。会社の規模だけでなく、処理方法などを確認しましょう。処理の様子を見学できる業者や証明書を発行してくれる業者もあれば、安いけれどどこでどう処分されているのか不明瞭でセキュリティ面が疑わしい業者もあります。 

習字用紙の処分方法は?

習字用紙の処分方法は?

hichako_t /Shutterstock.com

処分方法があったの?と思うママもいるかもしれませんが、子どもの習い事や宿題など、習字で使った半紙、使用済みの半紙はどうやって処分していますか?
書道の授業や書道教室、書家から出る書き損じや使用済みの書道用紙のことを書道反古紙といいます。じつは、書道反古紙はリサイクルできない紙類にあたるため、リサイクルゴミ、資源ゴミとしては出せません。
しかし今、書道反古紙を独自製法による技術で、半紙に再生し、小学校や書道教室にリサイクル半紙として還元する「書道反古紙再生プロジェクト」が広がっています。まだなじみがないと思いますが、エコ再生紙振興会のホームページがあるので、チェックして、お子さんと参加してみましょう。

このように、ひとくちに紙の処分といっても、紙によって行く先はそれぞれです。正しい分別をすることはもちろんですが、処分をする際には地球環境のことを考えて適切な処分を心がけましょう。