ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ベランダは収納グッズでスッキリきれいに整理しよう!
出典 : Halfpoint/Shutterstock.com

ベランダは収納グッズでスッキリきれいに整理しよう!

一時的に置いたつもりが、そのまま置きっ放しになり、雑然としてしまいがちなベランダ。そんな時、収納グッズがあれば、スッキリと整理できます。いざという時の避難経路でもあるだけに、ベランダにはものを置かないようにするのが原則です。

  • 創文舎 hiderio888

ベランダに収納スペースがあれば便利

ベランダに収納スペースがあれば便利

Sergey Ryzhov/Shutterstock.com

ベランダをきちんと整理したい場合は、専用の収納スペースを作るのが一番!

ベランダには、普段使わないものや洗濯グッズ、家の中に収納しにくいものなどを置きがちですが、無造作に置かれているだけに、きちんと整理できていない場合が多いのではないでしょうか。

収納のためのスペースを作ることで、スッキリと整理することができます。ラックを置いたり、専用のストッカーや収納庫を活用して、気持ちよく使いやすいベランダにしてみましょう。

ベランダ収納を設置する時の注意点

ベランダ収納を設置する時の注意点

shigemi okano/Shutterstock.com

ベランダは緊急時の避難経路です。収納スペースを作る時は、移動する際に邪魔にならないよう配慮しなければなりません。

なぜかというと、マンションのベランダは専有部分ではなく、共有部分にあたるからです。

専有部分とは、その部屋の持ち主が所有している部分のことで、居住空間やその内部にある設備などがこれにあたります。

一方、共有部分というのはマンションの所有者全員が共有する部分のことで、建物の専有部分以外のスペースや付属品などがこれにあたります

個人のものにも思えるベランダがなぜ共有部分にあたるのかというと、火災などの非常事態が発生した場合、ベランダを経路にして避難できるような構造になっているためです。

また、自由に改造してマンションの外観を損ねたり、建物の容積率を超えてしまう恐れがあるのも、ベランダを共有部分にした理由の一つといえるでしょう。

マンションの規約を確認しよう

マンションのベランダにものを置く場合、規約を確認する必要があります。

マンションは使用するにあたってルールが定められており、その中でベランダに置いていいものと、置いてはいけないものが決められている場合があるからです。

これは、マンションのベランダが避難経路としての役割を持っていることに関係しています。
ベランダに収納スペースを作ったものの、それが規定に抵触していたら、お金も労力もムダになってしまいます。

ベランダにものを置く時は、事前に確認することが大切です。

おすすめのベランダ収納グッズ

おすすめのベランダ収納グッズ

iceink/Shutterstock.com

ホームセンターに行けば、ベランダ収納に適したものがいろいろ売られています。自宅のベランダのサイズに合っているのはもちろん、何を収納するかしっかり考えてから選ぶようにしましょう。

ベンチストッカー

ベンチストッカーとは、ベンチタイプの収納ボックスのことをいいます。

ものをしまえ、なおかつベンチとしても活用できるので、天気のいい日にはベランダでお茶を飲んだり、本を読んだりすることもできます。

専用収納庫

しっかりと収納スペースを確保したい場合は、専用の収納庫を活用しましょう。

専用の収納庫はベランダのサイズに合わせたコンパクトな物置のようなもので、木製のものやアルミ製のものなどがあります。

収納力が高く、ものの出し入れがしやすいので、使い勝手がいいのも特徴です。

ベランダストッカー

ベランダストッカーとは、ベランダに設置する大きな道具箱のような収納グッズです。

収納力が高いものが多く、荷重性能にも優れているので、散水ホースやシャベル、鍬、鉢などの園芸用品など、普段使わないものを収納するにはピッタリです。また、ベンチとして座れるタイプもあります。

DIYでベランダ収納を作る

DIYでベランダ収納を作る

patpitchaya/Shutterstock.com

収納グッズを購入するのではなく、DIYでベランダ収納を自作するという方法もあります。
DIYなら収納したいものに合わせて作ることができるうえ、安く済む可能性もあります。

また、ベランダのイメージを統一したい人は、トータルコーディネートも可能です。ベランダをスッキリさせるだけでなく、おしゃれに見せたい人、またイメージに合った収納グッズが見つからない人はDIYにチャレンジしてみましょう。

ゴチャゴチャしているベランダは、見た目も使い勝手も良くないため、気持ちのいいものではありません。専用の収納スペースを確保して整理整頓すれば、どこから見てもスッキリ! これで快適に使えるはずです。