ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ついつい増えるカバンは上手に収納してスッキリさせよう
出典 : All About Space/Shutterstock.com

ついつい増えるカバンは上手に収納してスッキリさせよう

かわいいカバンを見つけると、ついつい買ってしまい、気がつけば部屋はカバンでいっぱい! カバンが増えるとコーディネートの幅が広がりますが、収納に困ってしまうという人も多いのでは? 使いたい時にすぐに取り出せるよう、上手な収納法を身につけましょう。

  • 創文舎 hiderio888

カバンの収納は意外にたいへん

カバンの収納は意外にたいへん

TristanBM/Shutterstock.com

大きさや機能によって使い分けたいカバンは、たくさん持っていると便利ですよね。でも、油断しているとあっという間に増えてしまい、どうやって収納しようか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?

形状も素材もバラバラなので、重ねるのもまとめるのも難しいカバン。適当にしまってしまうと型崩れを起こしたり、取り出しにくくなったり、考えてみるとカバンを収納するのは案外たいへんなことです。

増え続けるカバンは、収納グッズを使ったり、ちょっとした工夫を凝らせば、上手に収納することも可能! 気に入って買ったカバンなのに、どこにあるか探すことができず、使いたい時に使えなければ、意味がありません。いつでも、ささっと取り出せるよう、カバンの収納を見直してみましょう。

リュックやトートバッグは吊して収納

リュックやトートバッグは吊して収納

SFIO CRACHO/Shutterstock.com

大きなリュックやトートバッグのように、丈夫なカバンは吊して収納するのがおすすめです。

とくに、普段使いのバッグとして使用している場合は、帰ってきたらそのまま床に置いてしまいがち。これでは、見た目も良くありませんし、型崩れを起こしたり、汚れがついたりしてカバンの寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

フックなどを活用し、壁やクローゼットの扉などに吊して収納すれば、見た目だけでなく、使い勝手もアップ! 何より、部屋の中がスッキリします。

専用グッズを使って収納力アップ

専用グッズを使って収納力アップ

ウォークインクローゼットのような大きな収納スペースがあれば、カバンを並べてしまうことができますが、すべての家にそうした収納スペースがあるとは限りません。

カバンを収納する場所が限られている時は、専用のグッズを活用して収納スペースを増やしてみましょう。そうすることで、いたるところに置きっ放しのカバンを一つにまとめることができます。

カバン専用の収納ボックスを使う

カバンをまとめて収納するためには、専用の収納ボックスを用意するといいでしょう。

こうしておけば、クローゼット内にカバンが散乱することがありませんし、まとめておけるのでどこにあるのか一目瞭然で探しやすくなります。

カバン専用の収納ラックを使う

クローゼット内の床にボックスを置くスペースがなかったり、上部に棚がない場合は、カバン専用の収納ラックを使いましょう。

布製やビニール製で、カバンを複数個収納できるため、散らばったカバンをひとまとめにすることができます。ハンガーで吊り下げることができ、クローゼットに収納してもそれほど場所をとりません。また、取り出しやすいのも魅力です。

棚上には仕分けグッズを使う

クローゼット上部に棚がある場合は、専用の仕分けグッズを使うといいでしょう。

バッグを置くためのスペースを細かくわけることができるので、収納したカバンが倒れる心配がないばかりか、個別に取り出しやすいのも特徴です。

100均グッズでアイデア収納

100均グッズでアイデア収納

KOMEGAK/Shutterstock.com

専用グッズではなく、100円均一ショップにあるものを使って、収納するのもおすすめです。

100円で手に入り、カンタンに設置できるうえ、使い方によっては、限られたスペースを効果的に利用できるようになるかもしれません。

S字フック

100円均一ショップで販売されているS字フックは、カバンの収納場所を増やすにはもってこいのグッズです。クローゼット内のポールに引っ掛けるだけで、カバンを吊して収納できます。

ブックエンド・ファイルボックス

クローゼットの上段で使う仕分けグッズの代わりに、ブックエンドやファイルボックスを利用すれば、安く済むうえ、カバンの収納スペースをしっかりと確保できます。収納スペースの増設にも役立ちます。

プラスチックチェーン

100円均一ショップでは、プラスチック製のチェーンも販売されています。S字フックや洗濯ばさみと併用して使えば、クローゼット内にカバン専用の収納スペースを確保することができます。

自分のアイデアで、散乱していたカバンをスッキリしまうことができれば、使い勝手もさることながら、充実感も倍増しそうです。

カバンの収納スペースができれば、その辺に適当に置くこともなくなり、以前よりカバンを大切に扱うようになるかも。きれいに収納することは、思わぬ相乗効果を生むものです。